[ai] モンゴルの県と出身力士たちの分布 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] モンゴルの県と出身力士たちの分布

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所4日目。

NHKの大相撲中継中に、モンゴル出身力士たちの“出身件”についての話題が上がりました。

スポンサーリンク




21の県と首都ウランバートル

まずは、こちらの写真をご覧ください。

白鵬や照ノ富士はウランバートル、
日馬富士はゴビアルタイ、
鶴竜はスフバートル、
逸ノ城はアルハンガイ、
青狼はボルガン出身。

一言でモンゴルと言っても、それぞれ住んでいるところは多岐に渡っているんですねぇ。。。当たり前ですが;;

国土面積も広いですしね。

場内アナウンスでは「ボルガン県」「アルハンガイ県」と「県」をつけれ読み上げられることもありますが、県というのは日本語に置き換えた呼び方で、正式には「アイマク」と言うそうです。

モンゴルは21のアイマクと、首都ウランバートルによって成り立っています。

青狼は新入幕を機に、出身地の登録を変更

ちなみに、現在は「モンゴル ボルガン県出身」と読み上げられている青狼ですが、以前は「ウランバートル出身」でした。

実際に育ったのはウランバートルであること、日本人の多くはウランバートルしか分からないだろうという理由で、以前はウランバートルを出身地として登録していましたが、新入幕を機にボルガン県に変更。

理由は、両親の故郷がボルガン県であることと、幕内の相撲はモンゴルでも生中継されているため、両親や同郷の人たちに喜んでもらいたいということのようでした。

出身地って、変更出来たんですね!

そのことに驚きです(笑)

謎なのは・・・

大相撲の場内アナウンスでは、「ボルガン県」と「アルハンガイ県」は「県」付きで読み上げられるのに、「ウランバートル」「スフバートル」「ゴビアルタイ」は県なしで言われます。

……横綱になると「県」が取れるのでしょうか?(多分違う)

県付きで呼ばれるアイマクとなしで呼ばれるアイマクの違いは、謎です。

スポンサーリンク







[ai] モンゴルの県と出身力士たちの分布
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする