[ai] 一山本の序ノ口優勝インタビュー(平成29年春場所) | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 一山本の序ノ口優勝インタビュー(平成29年春場所)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲春場所13日目。

序ノ口優勝は二所ノ関部屋の一山本に決定いたしました!

一山本が序ノ口優勝

先場所前相撲を取った一山本。

先場所から導入された、
実績による年齢制限緩和制度が適用されて
入門した初めての力士です。

参照 : [ai] 平成29年初場所の新序出世披露

取組前は部屋の松鳳山関から
「しっかりやってこい」と激励された一山本。

見事勝って全勝優勝です。

その優勝インタビューの全文をUPいたします。

堀が深くてまつ毛の長い美青年さんでした^ ^

社会人経験があるだけに、
話の受け答えもしっかりしていて、
大人だなと感じました。

一山本のプロフィール

東序ノ口十五枚目 一山本
本名 : 山本 大生
成績 : 7勝0敗
所属 : 二所ノ関部屋
平成5年10月1日生(23歳)
北海道岩内郡岩内町出身
平成29年1月初土俵
参照元 : 各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイト

一山本のインタビュー全文

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

インタビューアー : 船岡久嗣(NHKアナウンサー)

Q. 初めて番付に四股名が載って、そして序ノ口優勝。いかがですか?

「そうですね、嬉しいです^ ^」

Q. 高校、大学と実績があってこの大相撲の世界に入ってきました。負けられないという気持ちはどうでした?

「緊張はなかったんですけど、関取に『しっかりやってこい』ということを言われてたんで、まあ、しっかり出来て良かったです」

Q. 今日は尾上部屋の高馬山さんと。勝った瞬間、どうでした?

「そうですね、まあ、嬉しかったです(笑顔)」

Q. 今場所は特にどのあたりが良かったというのはありますか?

「そうですね、えっと、突っ張って、前出てたのが良かったと思います」

Q. 実は中央大学を卒業後、一度北海道富久縞町でお仕事をされてたんですよね?

「はい、そうです」

Q. 大相撲の世界に入ってきた。その理由はどうですか?

「そうですね、まあ、アマチュアの試合に負けて、それが悔しかったっていうのもあるんですけど、一回挑戦してみたいなと思ったので。来れて良かったです」

Q. まず、この春場所で序ノ口優勝。ご両親も喜んでるんじゃないですか?

「そうですね。電話したら喜んでくれてたんで、良かったです」

Q. さあ、来場所、その後に向けての目標はどうでしょうか?

「しっかり一番一番、自分の相撲を取って、頑張っていきたいと思います」

Q. 将来の夢はありますか?

「そうですね、と、まあ、関取になれるように頑張ります」

Q. これからぜひ、活躍して下さい。

「ありがとうございます」

平成29年春場所の優勝及び三賞インタビュー

スポンサーリンク







[ai] 一山本の序ノ口優勝インタビュー(平成29年春場所)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク