[ai] 三段目の福山が「居反り」を決める! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 三段目の福山が「居反り」を決める!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年秋場所中日。

幕下の福山が大野城に珍しい決まり手
「居反り」を決めました!

映像を拝見しましたが、
低い体勢の見応えある居反りでした。

福山は頭が相手の脇の下に入った瞬間、
狙って反ったとのこと!

「居反り」は宇良の代名詞として
有名な珍しい決まり手ですが、

宇良はまだプロの土俵で一度も
居反りは決めていません。

(でも相撲協会公式サイトでの宇良の
得意技は「居反り」になっています(笑))

居反りは宇良が「たすき反り」を決めた
今年の初場所、
当時幕下の一木が決めています。

一木の居反りは狙ったものではなく、
下手投げがたまたま反るように変形して
決まった居反りでした。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 三段目の福山が「居反り」を決める!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク