[ai] 九州場所は人には言えない病で苦しんだ隠岐の海 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 九州場所は人には言えない病で苦しんだ隠岐の海

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年九州場所 西関脇 隠岐の海の全取組結果と感想をまとめました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




全取組内容

隠岐の海 歩
(おきのうみ あゆみ)
所属部屋 : 八角
本名 : 福岡 歩
しこ名履歴 : 福岡 → 隠岐の海 → 福岡 → 隠岐の海
番付 : 西関脇
生年月日 : 昭和60年7月29日 31歳
出身地 : 島根県隠岐郡隠岐の島町
身長 : 191.0cm
体重 : 162.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 隠岐の海 歩 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 5勝10敗

初日 ● 白鵬に突き落としで敗れる

平成28年九州場所は、
場所前に持病の痔のことが公表され、
ちょっとした話題になった隠岐の海。

初日の対戦相手は、
休場明けの白鵬です。

立合いは隠岐の海が二度突っかけ、
三度目で成立。

お互いに右でカチ上げ気味に立って、
白鵬がいなして突き落としました。

白鵬はこの白星で998勝目。
1000勝まで残り2番とします。

2日目 ○ 嘉風をいい相撲で寄り切り!

2日目の対戦相手は嘉風。

突き起こして中に入りたい嘉風を、
隠岐の海が左四つに組み止め、
胸を合わせて寄り切りました!

短いながら攻防があり、
見応えのある相撲でした^o^

3日目 ● 照ノ富士に一気に寄り切られる

3日目の対戦相手は、
初日から2連敗中だった大関 照ノ富士。

照ノ富士が一気に寄り切りました!

照ノ富士に初日が出たことに
何よりホッとした一番でした^ ^

4日目 ● 高安に左四つで寄り切られる

4日目の対戦相手は、
この場所大関取りに挑んだ高安。

両者左四つに組む展開。

高安が隠岐の海の下手を切って右上手を取り、
そこから一気に寄り切りました!

5日目 ● 鶴竜に上手出し投げで敗れる

5日目はこの場所優勝した
横綱 鶴竜と対戦。

鶴竜が立合いすぐに前廻し!
そこからの出投げ!

鶴竜の好調ぶりを見せつけられた
相撲でした。

6日目 ● 琴奨菊に渡し込みで敗れる

6日目の対戦相手は、
この場所不調だった大関 琴奨菊。

琴奨菊がわたしこみながら一気にガブリ寄りました!
決まり手は渡しこみです。

琴奨菊も密着はしきれていなかったものの、
敗れてしまったあたりから、
隠岐の海の元気のなさを感じました。

7日目 ● 玉鷲に吹っ飛ばされた!

7日目はこの場所台風の目となった玉鷲戦。

過去は隠岐の海が対戦成績をリードしていますが、
この場所の両者を見ていると
玉鷲が勝ちそうな取組でした。

そして、玉鷲が一気に吹っ飛ばしました!
決まり手は押し出し。
絶好調です^o^

隠岐の海は元気がありません。

この日解説の舞の海さんは、
隠岐の海の痔のことに触れ、

「相撲は肛門のあたりに力を入れないと
いけないので痔の人には辛い」

というようなお話も。。。

全国ネットでは
黙っておいてあげてくれという気持ちと、
なるほどそうなのかという気持ちが
両方湧き起こりました(^_^;)

中日 ○ 疑惑の判定の末、豪栄道を押し出し

中日はこの場所綱取りに挑んでいた豪栄道と対戦。

最初の立合いは豪栄道が突っかけ、
二度目で成立。

ちょっと緊張して気が早っているように
見えました。

豪栄道は隠岐の海に一方的に攻め込まれ、
土俵際の突き落としで逆転を狙います。

軍配豪栄道で物言い。
映像では、豪栄道の踵が出ているのかが微妙です。
結果は差し違い。

「豪栄道の踵が出た」
という判定ではなく、
「すでに死に体だった」
という判定だったようです。

「踵が出た」ならまだ納得なのですが、
「死に体」というのは、
ちょっと強引すぎる判断に思えました。

ただこの日の豪栄道は、安易に首投げにいく
悪いパターンが出てしまいましたねm(_ _)m

顔も終始固かったです。

9日目 ● 日馬富士に一気に寄り切られる

9日目は日馬富士に一気に寄り切られました!
早かったです。

10日目 ● 栃煌山に一気に押し出される

10日目は栃煌山に双差しを許し、
一気に押し出されました!

隠岐の海は元気がありません。。。

11日目 ○ 碧山を土俵際の肩透かしで逆転!

11日目の対戦相手は碧山。

碧山が一気に前に出ますが、
隠岐の海が土俵際の肩透かしで逆転!

碧山の師匠の春日野親方(元栃乃和歌)は、

「碧山は攻めとしては良かった。
でも、足が出ない。体を預けるのが早い」

と解説。

12日目 ○ 魁聖を寄り切るも、どこか元気がない

12日目の対戦相手は、
この場所絶不調だった魁聖。

組み合う攻防になりますが、
どちらもどこか疲れたような相撲でした(^_^;)

北の富士さんは
「どちらもよたよたしている」
とおっしゃっていました(^_^;)

隠岐の海は蹲踞しにくそうでした。。。
体調(痔)が悪いのでしょうか?

13日目 ● 遠藤に上手投げで敗れる

13日目は、
この場所1横綱3大関を破った遠藤と対戦。

遠藤は、右は前廻し狙いで左差しの立合い。
右で押っ付けながら上手を取り、上手投げです。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、
遠藤の押っつけながら、
下から上手を取る技術を好評価。

ただ、
「隠岐の海は強引に左を差そうとせず、
肘を体につけて差せば差せた」
というコメントも。。。

隠岐の海は左の差し方が良くなかったようです。

14日目 ● 御嶽海に突き落としで敗れる

14日目の対戦相手は、
この場所新小結だった御嶽海。

隠岐の海が喉輪押しで起こしにかかりますが、
御嶽海が交わして突き落としました。

千秋楽 ○ 琴勇輝を押し出しで破る

千秋楽の相手は琴勇輝。

隠岐の海が比較的得意としているうえ、
向こうもあまり調子が良くなかったためか、
琴勇輝の突っ張りはイマイチ効いていません。

隠岐の海が押し返して押し出しました。

が、軍配隠岐の海で物言い。

スロー映像では、ふつうに隠岐の海が
押し出しているようにしか見えません。
髷をつかんでいる様子もありません。

隠岐の海の足が先に出たとの
物言いだったようですが、
琴勇輝が先に出たとの判定で、
軍配通りとなりました。

隠岐の海の平成28年九州場所総括

実は前の場所の秋場所も、
後半で痔の症状が悪化して
失速していた隠岐の海。

あまりにも状態が良くないものだから、
九州場所は休場も検討したようです。

(もし休場していたら、
病名は何と発表されていたのでしょうか?;;)

廻しをガチガチに固めて締める
力士さんにとって、
痔は相当きついんじゃないかと思います。。。

明らかに蹲踞がきつそうな日もありました。

実力はある力士ですが、
関脇になるとなかなか
勝ち越せないですねm(_ _)m

お大事にとしか
言いようがありませんが……

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

隠岐の海の過去のまとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする