[ai] 千代の富士追悼版「関口宏の人生の詩」感想④ウルフフィーバーが巻き起こる! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 千代の富士追悼版「関口宏の人生の詩」感想④ウルフフィーバーが巻き起こる!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

8月頭にBS-TBSにて、九重親方(元千代の富士)が出演した「関口宏の人生の詩」の再放送が放送されました。

その感想を8回に分けて述べさせていただいております。
その4回目です。

[ai] 千代の富士追悼版「関口宏の人生の詩」感想③ウルフが化けた! の続きです。

スポンサーリンク




第4章 ウルフフィーバーが巻き起こる!

北の湖に勝って初優勝!一気に横綱へ駆け上がる

昭和56年初場所、
千代の富士は北の湖に勝って初優勝!

「この時が一番相撲を取っていて楽しかった」
と、九重親方(元千代の富士)は当時を振り返ります。

勝つと懸賞金をがっぽりもらえ、
スポーツ紙が自分のことを書いてくれ、
俺のためにこの場所があるのかと思ったそうです(笑)

次の場所、大関に昇進。
3場所で大関を通過して、
一気に横綱に駆け上がります。

弟子の千代大海は、大関在位65場所

ちなみに、千代の富士の弟子の
千代大海(現九重親方・放送当時は佐ノ山親方)は
大関在位65場所。

64場所目でお祝いのパーティーが開かれ
「よく64場所頑張ったね。俺は3場所で通過したぞ」
と言ったら、笑いが取れたそうです(笑)

65場所も大関を務め上げることも、
相当凄いことですが……。

それだけの弟子を育てたということは、
千代の富士は親方としても
手腕のある人だったのだなと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

[ai] 千代の富士追悼版「関口宏の人生の詩」感想⑤大鵬、白鵬、魁皇とのエピソードを語る に続きます。

スポンサーリンク







[ai] 千代の富士追悼版「関口宏の人生の詩」感想④ウルフフィーバーが巻き起こる!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする