[ai] 千代の富士追悼版バース・デイにてあかされた、体力の限界を感じた本当の理由 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 千代の富士追悼版バース・デイにてあかされた、体力の限界を感じた本当の理由

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は8月頭に放送された「バース・デイ」の九重親方(元千代の富士)追悼版を観させていただきました。

スポンサーリンク




番組の概要

2016年7月31日。元千代の富士の九重親方は、膵臓癌のため、61歳の若さで亡くなりました。

本番組では、現役時代の輝かしいハイライトや、BS-TBSで放送された「関口宏の人生の詩」に出演された時の映像を中心に九重親方を偲んでいました。

「関口宏の人生の詩」は、亡くなる直前、3ヶ月前に撮影されたもの。
こちらは本番組の翌日に再放送がありましたので、別途感想をブログに書かせていただきたいと思います。

本番組で特に印象に印象に残ったのは、引退を決めた本当の理由についてでした。

実は貴花田に負けたから引退したのではなかった!

世間一般には、千代の富士は貴花田(のちの貴乃花)に負けて引退を決意したとされていますが、実際には少し違ったようです。

貴花田に負けた直後の支度部屋で、千代の富士は記者の質問の対して、こう答えているんですよね。

記者「これで辞めるということはないですよね?」
千代の富士「大丈夫だよ」

「辞める時はちゃんと教えてあげて辞めるよ」

当時のことを、引退後の九重親方はこう振り返っています。

とりたてて特別な負けだとは、思っていなかったようです。

本当に衰えを感じたのは、翌日の板井戦

千代の富士が本当に体力の限界を感じたのは、翌二日目の板井戦でした。

一見、危なげのない横綱相撲に見える相撲なのですが、立合いで少しだけ、押されている場面がありました。

その時のことを、千代の富士は引退後の著書「不撓不屈」のなかで、このように語っています。

「この取組では何とか勝ちはしたものの、どうも自分の相撲が取れていないと感じていた」

傍目には分かりませんが、ご本人の中では、「あれ?」と思うものがあったようです。

貴花田に敗れたのも、偶然ではなく、衰えが原因だったのではないか?

そんな疑念も浮かびました。

貴闘力に一方的に敗れ、引退を決意

そんな迷いを抱えたまま迎えた翌三日目の貴闘力戦では、一方的に敗れます。

横綱としてそれまでなかった、尻餅をついて敗れるという負け方でした。

これで千代の富士は、自身の衰えを確信。

その3時間後に、引退会見を開きます。

弱い姿は見せない、横綱の中の横綱

何とも潔い引退ですよね。

引き際って、色々なパターンがあるけれど、千代の富士は弱い姿は見せない、横綱らしい引退でした。

貴重なお話が聞けて、感謝です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 千代の富士追悼版バース・デイにてあかされた、体力の限界を感じた本当の理由
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする