[ai] 名古屋場所、各段の優勝決定!序二段は千秋楽に決定戦 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 名古屋場所、各段の優勝決定!序二段は千秋楽に決定戦

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所13日目。

序二段以外の各段の優勝者が決定いたしました!

幕下・三段目・序ノ口の優勝者

幕下・三段目・序ノ口の優勝者は、以下の通りです。

○幕下優勝

西幕下四十四枚目 竜勢
本名 : 黒谷 昇太
成績 : 7勝0敗
所属 : 鏡山部屋
昭和61年7月17日生 (30歳)
東京都葛飾区出身
平成15年3月場所初土俵

参照 : [ai] 竜勢が格上山口を破って幕下優勝!

○三段目優勝

西三段目十六枚目 朝興貴
本名 : 久保田 祐貴
成績 : 7勝0敗
所属 : 高砂部屋
平成2年12月19日生 (25歳)
兵庫県高砂市出身 平成21年3月場所初土俵

○序ノ口優勝

西序ノ口十五枚目 周志
本名 : 前田 周司
成績 : 7勝0敗
所属 : 木瀬部屋
平成7年10月24日生 (20歳)
奈良県奈良市出身
平成26年3月場所初土俵

※プロフィールは各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイトより

序二段は千秋楽に優勝決定戦

序二段は7戦全勝力士が2人いるため、
千秋楽に優勝決定戦が行われます。

序二段の全勝力士は、以下の通りです。

東10 池川 (大阪・八角)
東38 木崎 (沖縄・ 木瀬)

池川は先場所、この木優勝している力士です。

参照 : [ai] 池川の序ノ口優勝インタビュー(平成28年夏場所)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







[ai] 名古屋場所、各段の優勝決定!序二段は千秋楽に決定戦
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク