[ai] 嘉風、御嶽海ら5人の殊勲インタビューから見える力士の個性 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 嘉風、御嶽海ら5人の殊勲インタビューから見える力士の個性

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年名古屋場所の初日は、
2横綱3大関が敗れる波乱の
幕開けとなりました!

結果、5人の力士が殊勲インタビューを
受けることに!

殊勲インタビューには
力士の性格や個性がよく
現れるなぁと思いました^ ^

スポンサーリンク




真面目で謙虚な北勝富士と貴景勝

まずは、新大関の高安を
快心の相撲で倒した北勝富士と、

同じく照ノ富士を快心の押し相撲で
倒した貴景勝。

いずれもインタビューでは、

「夢中だったのでどうやって勝ったのか
覚えていないです」

「まだまだ顔じゃないです」

「たまたまです」

「一日一番頑張るだけです」

と、謙虚な言葉が続きます。

昔の力士よりきちんと話してくれますが、
昔の力士がよく使うワードもちらほら。

いい意味で大相撲の伝統を
受け継いでくれている子たちなのでは
ないかと思いました^ ^

穏やかな笑顔の栃ノ心

続いては、豪栄道をがっぷりに組み止めて
勝った栃ノ心のインタビュー。

穏やかな笑顔で嬉しそうに
喜びを語ってくれました^ ^

でもどちらかというと、
大関に勝って嬉しいというよりは、
ふつうに白星が嬉しいという風に見えました。

まあ、実力者で何度も上位を倒している
力士なので、当然かもしれません。

自信満々の御嶽海

注目の稀勢の里を倒した御嶽海は、
自信満々の殊勲インタビュー。

こちらは勝つつもりで勝って、
当然のようにインタビュー受けてます、
という感じ。

「狙いどおりの相撲が取れました」

など、嘘でも謙遜する気は全くありません(笑)

ご年配の相撲ファンの方々には
嫌がられるんじゃないかと
心配になりますが、

これはこれでいいと思います^ ^

大人なサービス精神のある嘉風

最後は、日馬富士を倒した嘉風。

嘉風のインタビューも、
勝つつもりで勝ちました感、
ふつうに白星が嬉しい感が強く、

何よりいい内容で勝てたことが
嬉しい、という感じでした。

自信に溢れる中にも
サービス精神と大人の気遣いが
あったように思えます。

元々日馬富士には分のいい嘉風ですが、
アナウンサーからそのことを振られると、

「そのように言って下さる方が多く、
日馬富士関と対戦する時の自信に繋がり、
いい内容の相撲が取れるようになるので
励みになっています」

と、否定はしないで、
上手い謙遜の仕方をしているなと
思いました。

同時にファンのことも立ててますしね。

大人の気遣い溢れるインタビュー。

波乱の初日の結びは白鵬がしっかり勝って
締めてくれましたが、

殊勲インタビューは嘉風が
いい感じに締めてくれました^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 嘉風、御嶽海ら5人の殊勲インタビューから見える力士の個性
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする