[ai] 嘉風のインタビューから感じる大人の粋 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 嘉風のインタビューから感じる大人の粋

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年秋場所12日目。

嘉風が4連敗からの8連勝で
勝ち越しを決めました!

この勝ち越し方も凄いですが、
わたしが何よりかっこいいと思ったのは
その後の勝ち越しインタビューです。

スポンサーリンク




勝ち越しインタビューが格好いい嘉風

この日はたくさんの力士が勝ち越しを決め、
勝ち越しインタビューを受けていましたが、

わたしが誰よりもかっこいいと
印象に残ったのは嘉風のインタビューでした。

4連敗からの8連勝で勝ち越した、
というだけでも十分かっこいいことなのですが、
日に日に相撲内容が良くなっての8連勝。

インタビューアーに

「いつもいい相撲をありがとうございます」

と言われると

「はい」

と否定せずに頷きます。

変に謙遜しようとして
相手の褒め言葉を否定することなく、
賛辞は賛辞として素直に
受け取れるところがかっこいいですvv

でも、

「自分の相撲を見て喜んで
下さる皆様のおかげ」

と、お客さんを立てることも忘れない。

インタビューアーから
相手が勢いある若手の貴景勝であることを
振られると

「きっといい相撲になると思ったので、
それに応えたいと思った」

と、相手力士のことを立てるのも忘れない。

これを自然に出来ているところが
かっこいいですvv

何より相撲もインタビューも
楽しんでますよね(^^)

そこに大人の余裕と粋を感じます。

彼は15日間の戦い方を知っている

勝ち負けよりも、
いい相撲を取ってお客さんに喜んでもらう
ことをモットーとしている嘉風。

ゆえにその相撲内容からは、
勝っても負けても

「この相撲を観られて良かった!」

と思えるものがあります。

4連敗もすれば不安になって、
気持ちがブレてしまいそうですが、
多分彼はブレていないです。

ブレていないから日に日に内容が良くなって
8連勝に繋がったものと思います。

何というか、15日間の戦い方を
知っていますよね。

前半活躍した若手力士たちが失速するなか、
後半に来て存在感を示している嘉風。

35歳と言うベテランの
経験の豊富さを感じます。

SNSもばっちり使いこなしている

その嘉風は、
ツイッターとインスタグラムも
やっています。

最近はSNSをする力士もたくさんいますが、
力士さんも人間なので、

中には愚痴を呟いたり、
余計な発言をして物議を醸してしまう
力士や親方もいます。

その点嘉風は、
マイナスな発言はほとんどなく、
有名人の鑑のような発言の数々。

SNSに「使われず」に
使いこなしているな、
と思いました。

ツイッターに愚痴を書き込まないあたり、
リアルの人間関係が充実しているんだろうなと
思います。

(あんまり立派だから、
初め、奥様がゴーストライターとして
呟いているのかと思いました^^;

奥様も仕事人間で何かと忙しい方
だからそうではないと判明)

中身はすでに大関クラス

嘉風のここまでの相撲内容には、
ファンから称賛の嵐。

「ぜひ大関になってほしい」
「もう大関のしちゃっていいよ」
「わたしが大関審議員会だったら推挙する」

との声があふれています。

少なくとも、わたしの知っている
相撲ファンのあいだではそうです。

かつて師匠の尾車親方(元琴風)から
「相撲内容だけなら全勝優勝だぞ」
と褒められたこともあるという嘉風。

ファンからはすでに大関クラスの
人間と認識されているようです^ ^

(※大関審議員というものは存在しません)

(※褒められた話は本人ではなく
尾車親方から聞きました)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 嘉風のインタビューから感じる大人の粋
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする