[ai] 大山親方が解説する「渡し込み」と「足取り」の違い | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 大山親方が解説する「渡し込み」と「足取り」の違い

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

長年決まり手係を務めた大山親方(元大飛)が
「足取り」と「渡し込み」の違いを
解説してくれました^ ^

スポンサーリンク




「足取り」と「渡し込み」の違い

大山親方(元大飛)によると、

相手の足を取り、
上半身を預けながら倒した場合は
「渡し込み」、

相手の足を取っただけなら
「足取り」になるそうです。

「渡し込み」は「橋を渡すような形」に
なることから名前がついた技なので、

決め手は「足を取ったかどうか」より
「相手が倒れた時の形」だったんですね!

勉強になりました!

平成29年秋場所7日目、
嘉風が栃ノ心に「足取り」で
勝った日の出来事でした^ ^

秋場所で定年の大山親方

その大山親方(元大飛)ですが、
10月に65歳の誕生日を迎えるため、
秋場所限りで定年となります。

定年後も相撲協会には残るようですが、
相撲教習所の教官や決まり手係は、
今後とも続けるのでしょうか?

博学で毎回とてもためになる解説をして
下さる大山親方(元大飛)、

大相撲中継の解説は
今後とも続けていただきたいです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 大山親方が解説する「渡し込み」と「足取り」の違い
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする