大相撲の塩、間違いだらけの認識 | 大相撲取組結果一行メモ

大相撲の塩、間違いだらけの認識

大相撲の舞鶴巡業にて、
女性の医療関係者が土俵上で
救命処置を行うアクシデントがありました。

この時、女性は土俵を降りるように
という場内アナウンスが流れたことが
大問題になりましたが、

その後塩がまかれたことの意味が
誤って伝えられ、的外れな批判まで
飛び交っています。

そもそもの清めの塩の意味を
勘違いしている人も多いようです。

塩について誤った報道に至るまで

平成30年春場所後の春巡業の舞鶴場所にて、
市長が土俵上であいさつ中に
くも膜下出血を起こして倒れ、
客席にいた女性の医療関係者が
土俵に上がって救命処置を行うという
出来事がありました。

この時「女性は土俵から降りて下さい」
という場内アナウンスがなされ、
相撲協会は

「人命より女人禁制の伝統を優先するのか」
との批判にさらされます。

これに対し、八角理事長は即座に
この場内アナウンスは不適切であったと
謝罪します。

これで鎮静化すると思っていたら、今度は

「女性が土俵に上がったから
大量の塩がまかれた!
なんてひどい女性差別なんだ!」

という、誤った報道がなされました。

わたしは前者の土俵から降りるようにとの
アナウンスは不適切であったと
思っていますが、

後者の塩に関する報道は
とんでもない偏向報道であると
思っています。

舞鶴巡業で塩がまかれた
本当の理由

この報道の何が誤っているのかというと、
塩がまかれた理由が
「女性が土俵に上がって穢れたから」
ではないからです。

塩がまかれたのは、
市長が倒れたからです。

大相撲の世界では、
土俵上で病人や怪我人が出たら
「清めの塩」をまくのがふつうです。

大相撲中継を見ていれば、
それは一目瞭然です。

力士が怪我をすると、
その場所に呼び出しが塩をまく光景が
頻繁に見られます。

これには「厄払い」の意味があり、
「再び怪我人が出ないように」との
祈りを込めてまくものです。

大相撲の世界での清めの塩

大相撲の世界での「清めの塩」には、
「土俵の邪気を祓い清める」という
意味があります。

これは力士が怪我をしないように
神に祈ることを意味しています。

力士が仕切り中から塩をまいているのも
「怪我をしないよう、神に祈っている」
からなのです。

この塩のことを大相撲の世界では
「清めの塩」「力塩」「波の花」
と呼んでいます。

塩には傷の殺菌効果があることから
用いられているようです。

そもそも「清めの塩」って何?

でも、舞鶴巡業で塩がまかれた
本当の理由が分かったら分かったで、

「病気で倒れた市長を穢れ呼ばわり
するなんて失礼だ!」

という人が出てきました。

そもそもこの人は「清めの塩」の意味を
勘違いしています。

穢れはあくまでも
「病気や怪我をもたらす邪気」であって、
「邪気によって病気や怪我をした人」
ではありません。

お葬式で配られる清めの塩も、
祓うのは「故人の霊」ではなく
「人の死に寄り付いてきた邪気」です。

なお、清めの塩は死を穢れと扱う
神道の風習です。

死を穢れと扱わない仏教では
必要ありません。

わたしの信仰しているキリスト教でも
必要ありません。

清めの塩を理解することは
宗教の違いを理解すること

清めの塩は神道の風習であると
お伝えしました。

大相撲も神道の儀式なので、
神道の風習が根強いのは当たり前ですね。

死を穢れとしない仏教の中でも
浄土真宗は特に「清めの塩」に
反対の立場をとっているようです。

でも、宗派として反対の立場でも、
浄土真宗の人が神道の人に向かって
「清めの塩を使うのはやめろ!」
と言うのは、横暴というものですよね。

わたしはキリスト教を信仰する
クリスチャンだから、
清めの塩はもらっても使いません。

でも使っている人に向かって
「それは偶像崇拝だ、やめろ!」とは
言いません。

清めの塩自体を否定してしまうのは、
人の宗教観を全否定するのと
同じことだと思います。

人を大事にしているようで、
実は人の宗教観をないがしろにしては
いませんか?

逆に清めの塩の意味を理解することは、
宗教の違いを理解することにも
繋がるものと思います。

宗教の違いを理解することは、
人と人が理解しあうことに
繋がるのではないでしょうか。

清めの塩が清めているのは邪気

今回は「清めの塩」について
少し詳しく語ってみました。

いかがでしたでしょうか?

清めの塩が清めている穢れは
「人」ではなく「邪気」であることを
分かっていただければ嬉しいです。

そして舞鶴巡業でまかれた塩は、
病をもたらした邪気を祓うために
まかれたのだということが、
一人でも多くの人に伝わりますように。。。

ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







大相撲の塩、間違いだらけの認識
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク