[ai] 大相撲の技術「おっつけ」について | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 大相撲の技術「おっつけ」について

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所10日目。

この日のNHK中継では、
中入り〜取組の合間にかけて、
「おっつけ」についての特集がありました。

スポンサーリンク




「おっつけ」とは?

大相撲中継でよく聞く技「おっつけ」。

写真のように、
相手の肘をぐーっと押すことを
「おっつけ」と言います。

これによって、
相手は嫌になって差し手を抜いてしまったり、
相手の下手を切ったりすることが出来ます。

上記2枚の写真はいずれも魁皇。

怪力自慢の魁皇のおっつけは、
相手の体を根こそぎ起こして、
土俵の外まで追いやっています。

左からのおっつけが得意だった栃東

おっつけが得意だった力士の代表格は、
栃東(現 玉ノ井親方)。

怪我をしたことがきっかけで、
左からおっつける技術を磨きました。

以前は投げて怪我をすることの多かった栃東。

前へ出る技を磨くため、
おっつけを覚えました。

お手本は若乃花(現 花田虎上さん)の
おっつけだったそうです。

おっつけのコツ

栃東のおっつけのコツは、

「腰を横へ入れておっつける」
「相手より下に入る」
「肘の関節を押す」

とのこと。

上半身だけでなく、腰も入れる。
肘の関節を押すことで、
相手は嫌がるのだそうです。

確かに関節を押されたら、
痛いでしょうからね>_<

(わたしはやられたことはないですが……)

この技で、栃東は朝青龍を破って優勝!
尊敬する横綱 若乃花にも恩返ししました^ ^

まわしを取るよりも基本の技

この日、正面の解説を担当された
春日野親方(元栃乃和歌)は、
おっつけについて、

「まわしを取るよりも以前の基本」

だと話しておられました。

特に小さい力士は、
この技術を身につけることが
とても大事とのこと。

以後、相撲を見る時は、
各力士がどんなおっつけ方をしているのかにも
注目して見てみようと思います^ ^

下記10日目の全取組の感想では、
「おっつけ」についての詳しい解説も
控えさせていただきました。

よろしければお役立ていただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲秋場所10日目 幕内の全取組結果と感想

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲秋場所 10日目の感想
スポンサーリンク







[ai] 大相撲の技術「おっつけ」について
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする