[ai] 大相撲今昔物語 平成9年は若貴曙時代の全盛期 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 大相撲今昔物語 平成9年は若貴曙時代の全盛期

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所10日目。

この日のNHK中継では、
中入の時間、
大相撲のある年を振り返る企画
「大相撲今昔物語」が放送されました。

この日放送されたのは平成9年。

若貴曙の黄金時代でした。

4人の優勝力士を輩出した平成9年

この年の大相撲は、
曙、貴乃花の2横綱に加え、
若乃花、貴ノ浪、武蔵丸の3大関が
君臨した時代。

優勝力士を4人輩出する
混沌とした一年でした。

相撲以外ではこんなことがあった

平成9年は消費税が5%に上がり、
たまごっちが物凄く流行った年。

そういえば、えらく流行りましたねぇ。。。

Le Coupleさんの「陽だまりの歌」や
KinKi Kidsの「硝子の少年」がヒットした
年でもありました。

(この時はLe Coupleさんが泥沼離婚するとは
夢にも思っていなかった……)

ペルーの日本人大使館人質事件もありました。

初場所の優勝は若乃花

初場所は14日目に大関・若乃花が曙に勝って
優勝を決めます。

夏場所は史上初、4人による優勝決定戦!

春場所は史上初、4人による優勝決定戦!

貴乃花、曙、武蔵丸、
当時は関脇の魁皇による
優勝決定戦でした。

そして「終わってみれば貴乃花」。

このナレーションは、
相撲ファンのあいだでは有名かもしれません。

以後、4人による優勝決定戦は
実現していません。

夏場所は曙の復活優勝

そしてその翌場所の夏場所は、
2年優勝していなかったら曙が、
決定戦で貴乃花に勝って優勝!

13場所ぶり9回目の優勝となりました。

秋場所は貴乃花と武蔵丸の優勝決定戦

秋場所は決定戦で貴乃花が武蔵丸を破って優勝!

行司は29代木村庄之助でした。

懐かしいです^ ^

九州場所は貴乃花と貴ノ浪の同部屋対決

九州場所は貴乃花と貴ノ浪の同部屋優勝決定戦。

貴ノ浪がこれを制して優勝します。

同部屋決戦の貴乃花は
いつもぎこちないです。。。

うろ覚えの部分もあったので新鮮だった

この頃はすでに相撲ファンだったわたし。

リアルタイムでも見ているはずなのですが、
改めて見てみると、
けっこう忘れていることに気付きます(苦笑)

なので、懐かしいよりむしろ新鮮でした^ ^

以上、ペパーミントあいがお届け致しました。

平成29年大相撲初場所10日目の関連記事

スポンサーリンク