[ai] 大相撲総選挙2017にて選ばれたベスト30の力士 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 大相撲総選挙2017にて選ばれたベスト30の力士

こんにちは^ ^

相撲も好きなクリスチャンブロガーの
ペパーミントあいです。

2017年7月31日。

「大相撲総選挙2017」というスペシャル番組で、

現役力士と親方70人及び
相撲ファン1万人の選んだ、

最も印象に残った力士ベスト30が
発表されました!

栄えある1位に輝いたのは、
きっと誰もが納得するであろう
あの大横綱でした^ ^

スポンサーリンク




ランキングの集計方法

このランキングは、
現役力士と親方70人及び
相撲ファン1万人にアンケートを実施。

最も印象に残る力士のベスト3を書いてもらい、

1位 : 5pt
2位 : 3pt
3位 : 1pt

として集計。

その合計ポイントでランキングベスト30を
作成したものです。

対象は昭和初期の力士、
昭和から平成にかけての力士、
若貴時代の力士、
現役力士と幅広くてOK。

以下にそのベスト30を記載していきます。

少し長いですが、お付き合いくださいませ。

なにぶん人数が多いので、
何日かに分けて追記していこうと思います。

30位 : 元大関 若嶋津 347pt獲得

身長 : 188cm
体重 : 122kg
出身 : 鹿児島県
幕内優勝2回
初土俵 : 昭和50年(1975年)
引退 : 昭和62年(1987年)
主なライバル : 琴風、朝潮、北天佑

30位に輝いたのは、
元大関の若嶋津。

今の二所ノ関親方でした。

街行く人のコメントでは、

「身長が高く、太っていない」

「強くていい男」

「南海の黒豹」

とのこと。

南海の黒豹と呼ばれていたことは
初めて知りました!

40〜50代、
特に50代の女性に人気のようです。

奥様は元アイドル歌手の高田みづえさん。

若嶋津は昭和60年5月場所14日目、

1分を超える激闘の末、
千代の富士を寄り切り。

千代の富士の国技館での年間45日
全勝記録を阻止し、

この年、国技館で千代の富士を倒した
唯一の力士とりました。

五月場所なので、
「今日勝てば今年国技館で全勝だ!」
という状況ではなかったと思いますが、

結果として偉業達成を
阻止する形になったんですね。

スタジオには二所ノ関親方の
娘のアイリさんが登場。

綺麗な人でした^ ^

アイリさんは、

「父は入っていないだろうなと思っていたので
嬉しいです」

と、父のトップ30入りを喜んでいました^ ^

そして家では父より母が強いと話します。

平和なご家庭なようで何よりです^ ^

ライバル・北天佑の娘の有希奈さんも一緒でした。

若嶋津のご家族と北天佑のご家族は、
家族ぐるみでお付き合いがあるようです。

(2017年7月31日更新分、以上)

29位 千代大海 351pt

元大関 千代大海
身長 : 181cm
体重 : 158kg
出身 : 大分県
幕内優勝 : 3回
初土俵 : 平成4年(1992年)
引退 : 平成22年(2010年)
主なライバル : 魁皇、武双山、栃東

29位は、351pt獲得の千代大海(現九重親方)。

街の人たちからは

「地元でやんちゃしてたツッパリ」

「ツッパリからくる突っ張り」

というコメントが寄せられましたが、

中学時代は九州中に名前を轟かせた
元ヤンキーであることで有名です。

それゆえか、20代男性から人気。

千代大海は大関在位65場所。
歴代一位タイの記録です。

1 千代大海・魁皇 65
3 貴ノ花 50
4 琴欧洲 47
5 北天佑 44

「男気あふれる喧嘩相撲」として、

平成10年七月場所9日目の
武双山との取組がピックアップされました。

もはや殴り合いと言っていいレベルの
激しい張り合いの相撲。

まさに喧嘩相撲です!

(ちなみに、勝ったのは武双山)

この相撲は私何回も見ましたが、
何度見ても武双山の勝ったあとの
血しぶきがかっこいい!

この相撲について、
現役力士の天風からは

「バチバチ系ですよね。
張られても立ち向かっていく。男の憧れ」

関ノ戸親方(元岩木山)からは

「武双山との激しい張り合いの相撲」

とのコメントが寄せられました。

この取組について、
番組スタッフは九重親方ご本人にも取材。

九重親方はスタッフの

「やり合ってるときは痛いですか?」

という質問に

「楽しくて仕方がない」

と笑顔で話していました。

この人つえーなと思いました(笑)

現在は師匠の元千代の富士の跡を継ぎ、
14代目九重親方として後進を指導中。

「先代のような大横綱をもう一度九重部屋から出す。
これが私に課せられた責任じゃないかと」

と、豊富を語りました。

28位 武蔵丸 363pt

67代横綱 武蔵丸
身長 : 190cm
体重 : 237kg
出身 : ハワイ
幕内優勝 : 12回
初土俵 : 平成元年(1989年)
引退 : 平成15年(2003年)
主なライバル : 曙、貴乃花、貴ノ浪

28位は「見た目は西郷隆盛」な
元67代横綱 武蔵丸がランクイン。

40〜50代女性と20代男性に人気です。

高校時代まではアメフトで活躍したという武蔵丸。

アメフト仕込みの強烈な突き押しが武器でした。

現在は武蔵川親方として弟子を育てています。

武蔵丸は55場所連続勝ち越し記録の持ち主です。

1 武蔵丸 55 (H1.11〜H11.11)
2 白鵬 51 (H19.1〜H27.7)
3 北の湖 50 (S48.7〜S56.9)

白鵬はあと少しで追いつきそうだったのですが、
追いつけませんでしたm(_ _)m

27位 遠藤 368pt

身長 : 184cm
体重 : 152kg
出身 : 石川県
※現役中

27位は、368pt獲得の遠藤。

ここで初めて現役力士が登場しました!

街の人たちからは

「顔がカッコいい」

「目がキリッとしている」

「イケメン」

「相撲が正攻法」

「最近強くなった」

と、容姿を褒めるコメントも多数。

バレンタインチョコは最高ダンボール5箱分で、

20代を中心に圧倒的に女性からの人気が高いようです。

遠藤の凄いところは、スピード出世。

日大相撲部で学生横綱と
アマチュア横綱のタイトルを獲得し、
幕下十枚目各付出しデビューすると、

初土俵からわずか3場所で新入幕。

(テレビでは学生時代の実績は全て
「日本一」と括って表現)

入幕から半年後、
平成26年3月場所5日目には、
当時大関だった稀勢の里に勝利します!

その時も出世が早いため、
ザンバラ髪でした。

ザンバラ髪の力士が大関に勝ったのは、
年6場所制になって初のこと!

遠藤の紹介VTRでは、

やたら女性にキャーキャー言われている
映像が映し出されていました(笑)

(2017年8月1日更新分、以上)

とりあえず今日はここまで。

続きは後日更新します!

スポンサーリンク







[ai] 大相撲総選挙2017にて選ばれたベスト30の力士
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする