[ai] 天風の十両優勝インタビューは師匠の存在に動揺(笑) | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 天風の十両優勝インタビューは師匠の存在に動揺(笑)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所14日目。

十両優勝は尾車部屋の天風に決定いたしました!

その優勝インタビューの概要をUPいたします。

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

スポンサーリンク




天風の十両優勝インタビュー(全文)

インタビューアー : 太田雅英

Q. 初めての優勝なんですよね。気分はいかがですか?

「そうですね、とても嬉しいと思います!はい(笑顔)」

Q. 今日は3敗で追いかけている千代丸関が先に敗れてですね、勝てば優勝でした。硬くなったりしませんでしたか?

「あー全然。硬くなりませんでしたね。自分の相撲取ることにだけ集中してたので、そういうのは全然意識しませんでした、はい」

Q. ちょっと立合い2回合わなくて、あの辺りも含めて臥牙丸戦、どうだったですか?

「そうですね、やっぱり体が大きい同士なので、先手、先手という気持ちで取りたかったので、ちょっと焦ったとこもありましたけど、結果、良かったですね、自分の相撲取れたので。良かったと思います、はい(笑顔)」

Q. 相手が巻き替えてくるところを上手く反応しましたね?

「そうですね、そうなったら前出るしかないと思ったんで、はい。前に出ただけです」

Q. 十両は9場所目で、何が変わったんですか?

「先場所3勝1敗からの7連敗がですね、自分の中で効いてまして、連勝しても、気を緩めちゃダメだということで、あの7連敗が今場所の相撲に影響したのだと思います!」

Q. 明日勝つと、ひょっとしたら来場所、新入幕の可能性とか、もちろんあの、そうでなくても来場所はチャンスの場所になりますね。

「はい。そうですね、やっぱあの、千秋楽ということで、自分の相撲を取りきって終わりたいと思います、はい!」

Q. テレビでは偶然にも師匠の尾車親方(元琴風)が解説の日だったんですが、いい形の優勝になりましたね(笑)

「……ちと、はい、今びっくりして(と、動揺したような引き笑い) とりあえず明日も取りきって、師匠の教えを守って頑張りたいと思います」

Q. 本当は知ってたんじゃないんですか?

「いやいや!そんなことないです!たった今知ったんで、今ちょっと、びっくりしてます(汗)」

Q. 驚かせてすみません。十両優勝、おめでとうございました!

(NHK中継より)

感想

だいたい、十両の優勝インタビューは、14日目に決まっても千秋楽に行われることが多いのですが、今回はなぜか、14日目に行われました。

この日の幕内の解説が師匠の尾車親方(元琴風)だったから、あえて、なのでしょうか??

明るくておしゃべりな天風。

インタビューでも、それはニコニコしながら饒舌に話してくれました!

が、師匠が来ていると知ると、激しく動揺(笑)

どうやら本当に、来ていることを知らなかった様子。

師匠はいつも「外であまりしゃべるな」と言っておられるようなので、焦ったのでしょうか?

NHK中継のリポーターが天風を取材する時は、おしゃべりに捕まってもいいように、それなりの時間と覚悟を持って臨んでいるそうです。

師匠にしゃべりすぎを注意されるのも無理ないかも(^_^;)

でも、そこがいいのだ(笑)

表情がコロコロ変わるのが楽しい、天風のインタビューでした^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







[ai] 天風の十両優勝インタビューは師匠の存在に動揺(笑)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする