[ai] 宇良が珍しい決まり手「腰投げ」で勝ち越し! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 宇良が珍しい決まり手「腰投げ」で勝ち越し!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所10日目。

宇良が珍しい決まり手「腰投げ」で逆転勝ち!見事新十両での勝ち越しを決めました!

十両では平成22年初場所、海鵬が千代白鵬に決めて以来。
幕内では平成16年名古屋場所、朝赤龍が武雄山に決めて以来の決まり手です。

スポンサーリンク




宇良の腰投げ

10日目を7勝2敗で迎えた宇良。勝ち越しのかかる相撲です。

相手は出羽疾風。身長は宇良とさほど変わりませんが、筋骨隆々とした体です。

でも、宇良のように器用に色々なことをするタイプではなく、小さいけれど正攻法な相撲を取る力士。宇良戦は「しっかり廻しを取って攻めたい」と意気込みを語っていたそうです。

立合い。

宇良は低く頭をつけるいつもの立合い。

出羽疾風が攻め込みます!

宇良、残した!

でも、休まず攻める出羽疾風。

かなり無理な体勢まで攻め込まれますが、

これは、居反りを狙っているのでしょうか?

が、後ろに食いつかれた!

このまま送り倒されるのか!?いや、よく見ると出羽疾風の体が浮いている!?

宇良は出羽疾風の腕を引っ張っている!

そして裏返した!柔道ならきれいな一本です!

この時、実況の吉田賢アナウンサーは、腕を取っていたことに着目してか、決まり手を「逆とったり」と言っていましたが、ちょっと語尾に「?」がつくようなイントネーション。

決まり手の発表に少し時間がかかり「腰投げ」と発表されます。

腕を取り、腰に乗せて投げているんですね!

きれいな一本です!(笑)

どのような組手であれ、相手を腰に乗せて投げたら「腰投げ」になるとのこと。

出羽疾風が130kg代の軽量力士だったから、きれいに腰に乗って裏返せたのかもしれません。

勝因は、反撃するスペースがあったこと

この日解説の三保ヶ関親方(元栃栄)のよると、宇良が逆転技を出せたのは、出羽疾風の引き付けが弱く、少しスペースがあったからとのこと。

出羽疾風が終始前に出て、廻しも取って、先手先手で動いていたのですが、廻しを取っても引き付けが足りないと、そこにスペースが出来て、宇良は自由に動ける。

少しでも動けるスペースがあれば、宇良は諦めないんですねぇ。。。

吉田アナウンサーは「かいな腰捻り」と勝手に命名

6年ぶりの大技に盛り上がった国技館。

それは放送席も同様で、吉田アナウンサーは「宇良が何かする度に新しい決まり手が出来てしまいそうですね。今のは『かいな腰捻り』という感じでした」と勝手に命名していました(笑)

腕も取ってましたからねぇ。。。

いい相撲でした(^o^)

スポンサーリンク







[ai] 宇良が珍しい決まり手「腰投げ」で勝ち越し!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする