[ai] 宇良の左膝靭帯は「断裂」だった! | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 宇良の左膝靭帯は「断裂」だった!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

宇良の左膝靭帯が損傷ではなく
「断裂」と聞き、
衝撃を受けております!

はたして、
宇良は手術を受けるのでしょうか?

宇良の左膝靭帯は損傷ではなく「断裂」

名古屋場所に左膝を傷め、
秋場所にその傷めた箇所を悪化
させてしまった宇良。

当初は「靭帯損傷」との診断でしたが、
その後、損傷ではなく「断裂」であった
ことが判明!

想像していたより大怪我だったようです。。。

手術しないと治らない

お医者さんによると、

靭帯が「断裂」した場合、
断裂した靭帯が自然にくっつくことは
ないそうです。

よって、手術しないと治らないとのこと。

特にアスリートの場合は
より膝に強い負荷がかかるので、

自身の体のより頑丈な部分の腱を
取って移植し、補強するみたいですね。

かなり大掛かりな手術なので、
これを受けると半年から一年は
相撲が取れなくなるようです。。。

リスクも多い膝の手術

そうは言っても、
ちゃんと手術を受けて治した方が
いいんじゃないの?

とわたしたち素人は思ってしまいがちですが、
膝の手術について少し調べてみると、
ちょっと複雑な部位なようです。

半月板の手術をすると
変形性膝関節症が悪化する、
ということもあるみたいで……

わたしは医者ではないので
詳しいことは分かりませんが、

膝を悪くしても手術を受けない
力士さんが多いのって、

単に休んで番付が下がりたくない
というだけでなく、

その辺りのことも気にしているのかな、
なんて思いました。

どのような決断でも尊重してあげてほしい

お医者さんの話を聞くと、
さすがに靭帯を断裂した場合は
手術をせざるを得ないのではと感じます。

でも、断裂したまま別の方法で対応しながら
相撲を取り続けるのか、
手術して治すか決めるのは、
あくまでも宇良関ご本人です。

ファンとしては苦しみながら相撲を
取る姿はあまり見たくないですが、
本人がどのような決断をしても、

そのことで宇良関ご本人や師匠の
木瀬親方(元肥後ノ海)のことを
悪く言うのだけはやめてあげて
ほしいなと思います。。。

宇良が怪我をして出場し続けた
名古屋場所中といい、
今回のニュースに関してといい、

「怪我しているのに出続けるなんて
師匠も本人も頭おかしいのか!」

とか、きつい、汚い言葉で非難する人がいて、
悲しくなりました。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 宇良の左膝靭帯は「断裂」だった!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク