[ai] 宇良を裏返した白鵬「壁になれて良かった」 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 宇良を裏返した白鵬「壁になれて良かった」

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲名古屋場所中日は、
注目の白鵬-宇良戦が組まれました。

結果は白ほい圧勝でしたが、
宇良もかなり善戦しました!

スポンサーリンク




白鵬の圧勝も、宇良が善戦!

注目の立合い。

白鵬は相手の顔の前に手を出す立合いで
宇良に潜り込まれるのを防ぎます。

同時に変わり気味に上手を狙い、
宇良も動きながら潜る立合いだったため、
お互いがクルッと180度回転して
入れ替わる形に。

圧力をかけて前に出る白鵬に、
何とか潜ろうと食いつく宇良。

最後は白鵬が右から宇良の腕を返して、
正面東側土俵に裏返しました!

決まり手はすくい投げ。

短いながら、
見応えのある素晴らしい熱戦でした!

宇良はよく善戦したと思いますが、
やはり白鵬、強いです!

取組後、白鵬は

「壁になれて良かった」

とコメント。

格好いい!

横綱のコメントですね。

北の富士さんの解説

この日のラジオの解説は
北の富士勝昭さんでした。

北の富士さんは、

「宇良は大善戦」

と宇良の善戦ぶりを評価。

白鵬については、

「相当本気。休まないから。
休んだらまずいなという気があった」

と分析。

さらに宇良については

「これは思ったよりよく戦った。
近い将来、勝てない相手ではないという気は、
宇良も少し出たんじゃないかな」

と話しておられたようです^ ^

うーん、相当評価されてますねぇ。。。

確かに白鵬、休んでなかったですもんね!

情報元 : 北の富士氏、宇良は白鵬に大善戦 「近い将来、勝てない相手ではない」/名古屋場所 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

実は子供の頃、白鵬と会っていた宇良

白鵬との初対戦には緊張を隠せなかった宇良。

実は入門前にも2度、
白鵬と会っていたようです。

一度目は小6の時に出場した相撲大会に、
大関時代の白鵬がゲストでやってきて、
「四股が上手いね」と褒められたとのこと。

その時の様子が新聞に載っていたようです!

白鵬に寄り添っている宇良が可愛いvv

二度目は大学1年の時、
白鵬主催の相撲大会が大阪で開かれ、
白鵬のメダルを渡す補助を務めたそうです。

すぐ横に立つ白鵬を見て、

「相撲界に頂点に立つ人は
こんなに大きいんだなと思った」

とのこと。

白鵬杯で育った阿武咲が
白鵬と対戦するのもそう遠くない
話だろうし、

時の流れを感じますね。

結果

結果、白鵬は中日勝ち越しで
単独トップ。

宇良は5勝3敗となり、
翌9日目は日馬富士と対戦します。

こちらも楽しみですvv

中日終了時点での優勝争いは、
以下のようになっております。

全勝 : 白鵬
一敗 : 高安、碧山
二敗 : 日馬富士、阿武咲、千代大龍、宝富士

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 宇良を裏返した白鵬「壁になれて良かった」
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする