[ai] 宝富士、秋場所は大負けながら、四相撲の技術の高さを評価される | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 宝富士、秋場所は大負けながら、四相撲の技術の高さを評価される

宝富士のの平成28年秋場所について。

この場所の全取組内容と感想は、
下記記事にて語らせていただいております。

[ai] 平成28年秋場所 西関脇 宝富士 全取組結果と感想

新関脇として挑んだ秋場所でしたが、
結果は4勝11敗と大負けm(_ _)m

三役で勝ち越すこと自体
そもそも難しいから、
まあ、仕方ないのかなと思います。

14日目には師匠の伊勢ヶ濱親方(元旭富士)に、

「前に出ない」
「脇が甘い」
「とりあえず左を差せばいいと思っている」
「課題だらけ」

と、厳しいお言葉の数々を言われていましたが;;

でも、4日目の魁聖戦では、
阿武松親方(元益荒雄)から四相撲の技術を
とても高く評価されていました!

三役にはなるべくしてなったのだけれど、
そこで勝ちきるにはあともう一つ、
というところなのかもしれません。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

平成28年秋場所の宝富士の全取組の感想と
関連記事をまとめさせていただきました。

よろしければあわせてご覧いただけると
嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年秋場所 西関脇 宝富士 全取組結果と感想

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク