[ai] 小柳が新十両!幕内昇進時には「豊山」を襲名予定 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 小柳が新十両!幕内昇進時には「豊山」を襲名予定

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所後の9月28日、
番付編成会議が開かれ、
小柳の新十両が決定いたしました!

小柳が新十両

詳しくは、
下記ニュースをご参照のこと。

新十両の小柳「ホッとしたというか、うれしい」
大相撲九州場所(11月13日初日、福岡国際センター)での新十両昇進を決めた期待の大器、小柳(おやなぎ、23=時津風)は28日、東京都墨田区の部屋で会見し「ホッとしたというか、うれしい」と喜びを口にした。

 ネガティブ発言で一躍、人気となった幕内正代の東農大時代からの後輩。師匠の時津風親方(元前頭時津海)は「小柳はいつも『勝ちます』と言っている。性格も正代よりプロ向き。物おじもあまりしない」とし、性格だけでなく「馬力は正代と違う。ぶつかり稽古でも、押す力は数段、小柳の方が強い。(正代とは)稽古場でも分が良すぎる」と笑った。

 185センチ、170キロの立派な体格を生かして、三段目最下位格付け出しから所要4場所で昇進を決めた。そんな期待の大器は、締め込みは黒色にするという。「基本は押し相撲。力ずくというか、馬力で持って行く相撲をもっともっと売りにしていきたい。栃東関、千代大海関、魁皇関の3人のいいところを全部、マネできたら」と大きな目標を掲げた。

参照元 : 新十両の小柳「ホッとしたというか、うれしい」 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

兄弟子の正代よりポジティブで、
稽古場では強いという小柳。

上記の記事には触れられていませんが、
幕内昇進時には「豊山」を襲名する
予定なのだとか。

うーん、期待の大きさが分かりますね。

はたして、正代と小柳が東西の横綱を
締める日は来るのでしょうか?

わたしは来るものと信じています。

その他の新十両と再十両

なお、
九州場所でのその他の新十両は明生と大翔鵬、
再十両は山口と竜電です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

小柳に関する過去の記事
正代に関する過去の記事
スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク