[ai] 小野川親方「鐡雄山は頭をつける相撲を取れば、もっと上にあがれる」 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 小野川親方「鐡雄山は頭をつける相撲を取れば、もっと上にあがれる」

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所2日目。

この日、BS-NHKで幕下の解説を担当された
小野川親方(元大道)は、

部屋の鐡雄山について、
「頭をつけて前みつを取る相撲を取れば
もっと上にあがれる」

と話していました。

課題は、頭をつけて前廻しを取ること

「頭をつけるように」

とは、
いつも師匠の阿武松親方(元益荒雄)から
言われているようです。

頭をつけて前廻しを取る相撲を覚えれば、
番付は飛躍的に上がるだろうと、
小野川親方(元大道)も話しておられました。

でも、なかなか頭がつけられない

でも、本人がそれを実践するのは、
なかなか難しい様子。

頭をあげたまま差してしまう癖があるようです。

この日も差す癖が出る相撲だった

この日の南海力戦も、
その良くないパターンが出たような
相撲になってしまいました。

なかなか頭をつける体勢を作れないまま、
業師・南海力に得意のひねり技を
決められてしまいましたm(_ _)m

これからに期待

癖を直すのはとても難しいことであることは、
素人でも何となく想像は出来ます。

相撲って、
相手もあることですしね。

でも、鐡雄山が師匠の言われる課題を
克服したら、どれだけ化けるのかも
観てみたいですね!

これからに期待します^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

鐡雄山に関する過去の記事
  • [ai] 平成28年大相撲初場所 東幕下十七枚目 鐡雄山 2勝5敗
  • [ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東幕下四十一枚目 鐡雄山 日別メモ
平成28年秋場所 2日目の記事
スポンサーリンク







[ai] 小野川親方「鐡雄山は頭をつける相撲を取れば、もっと上にあがれる」
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク