[ai] 山本昌さん「相撲はやっている人と見ている人の感覚がもっとも異なるスポーツ」 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 山本昌さん「相撲はやっている人と見ている人の感覚がもっとも異なるスポーツ」

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所中日。

この日の大相撲中継はゲストを迎えての放送。ゲストは元プロ野球 中日ドラゴンズの山本昌さんでした^ ^

ゲストは山本昌さん

山本昌さんといえば、中日ドラゴンズ一筋で、50歳まで現役を続けられた野球界のレジェンド。

長く続けてこられた方なだけにか、礼儀正しい物腰の中にも貫禄を感じました。

素敵な方でした^ ^

横綱 白鵬や石浦関、立川親方(元土佐ノ海)と親交があるようです。

「相撲は見ている人とやっている人の感覚がもっとも異なるスポーツ」

山本さんは大相撲について、

「見ている人とやっている人の感覚が最も違うスポーツだと思う」

とおっしゃっていました。

理由は、野球は素人がプロからまぐれでヒットを打てる可能性があるけれど、相撲はまぐれでぶちかましで勝てることはないから。

言われてみれば、それもそうだなと思いました。

素人がプロの剛速球を打つのも、そうそうないのではと思いますが、力士が一般人相手に本気でぶちかますのは、想像しただけであまりにも危険すぎるますもんね>_<

ちびっ子相撲などを見ると、力士が明らかに手加減しているのが分かるので、ふだんの立合いって相当の力なんだなと思います。

相撲って、ぱっと見はそこまで乱暴には見えないけど、実は物凄い力と力がぶつかり合ってるんですよね。

そこが相撲のいいところだと、わたしは思います^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

山本昌さんがゲストに来られた日の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所中日(幕内)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク