[ai] 平成20年以降の新三役の勝ち越しは、魁聖、妙義龍ら6名のみ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成20年以降の新三役の勝ち越しは、魁聖、妙義龍ら6名のみ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所5日目の大相撲中継にて、新三役で勝ち越した力士の名前が紹介されていました。

新三役といえば、まず負け越すことが多いイメージがありますが、何と平成20年以降、勝ち越した力士は6人しかいないのだそうです!

平成20年以降、新三役で勝ち越した力士は、以下の通りです。

    平成20年以降、新三役で勝ち越した力士

  • 把瑠都
  • 逸ノ城
  • 鶴竜
  • 照ノ富士
  • 妙義龍
  • 魁聖
  • (平成28年名古屋場所現在)

この7年間で6人しかいないとは、想像していた以上に、新三役での勝ち越しは難しいようです>_<

名前のあがっている力士は、そうそうたる面々ばかりですね。

その中には、先場所新小結の魁聖もいます。

こうして見てみると、魁聖が一気に大物に見えてきました(笑)

三役に昇進する以前は、それなりに実力があるのは分かるのだけれど、なんかイマイチ期待感の持てない力士でしたが、新小結で勝ち越してからは、ちょっと見直しています!(笑)

これからますます殻を突き破って、期待感の持てる力士になるかもしれません。

頑張ってほしいです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 平成20年以降の新三役の勝ち越しは、魁聖、妙義龍ら6名のみ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク