[ai] 平成28年名古屋場所 東大関 豪栄道の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年名古屋場所 東大関 豪栄道の全取組結果と感想

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年名古屋場所 東大関 豪栄道に関するまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの全取組結果のメモより、豪栄道の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

全取組内容

豪栄道 豪太郎 (ごうえいどう ごうたろう)
所属部屋 : 境川
本名 : 澤井 豪太郎
しこ名履歴 : 澤井 → 豪栄道
番付 : 東大関
生年月日 : 昭和61年4月6日 30歳
出身地 : 大阪府寝屋川市
身長 : 183.0cm
体重 : 158.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 豪栄道 豪太郎 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 7勝8敗

  • 初日
  • 対 宝富士 ● 突き落とし
    ・豪栄道、宝富士のいなしにあっさり落ちる。稽古不足な感が否めない。

  • 2日目
  • 対 琴勇輝 ○ 突き落とし
    ・豪栄道、しっかり踏み込んでからの突き落とし!いい相撲!

  • 3日目
  • 対 高安 ● 上手出し投げ
    ・豪栄道突っかける。二度目で立つ。豪栄道、突っかけた時とは違う張り差しを狙うが差し負け、巻き替えでますます体勢を悪くしたm(_ _)m
    ※「豪栄道、リラックスして行けよ!」という声援に笑ってしまった(笑)リラックスは出来なかった模様。

  • 4日目
  • 対 松鳳山 ○ 押し出し
    ・豪栄道、松鳳山の腕を手繰って一気に押し出し!

  • 5日目
  • 対 隠岐の海 ○ 小手投げ
    ・豪栄道、攻め込まれたが、土俵際逆転。危ない相撲。

  • 6日目
  • 対 魁聖 ○ 下手投げ
    ・豪栄道が先に踏み込んで前廻し。早かった!いい相撲!

  • 7日目
  • 対 御嶽海 ○ 上手出し投げ
    ・豪栄道、先に組み止めて出投げ!御嶽海は起き上がるのに時間がかかる。右足を引きずっている。寄りを踏ん張った時、右膝の下に痛みが走ったとのこと。でも、その後のリポートによると、そんなに大したことはないようだ。

  • 中日
  • 対 照ノ富士 ● 寄り切り
    ・初めは豪栄道のペースだったが、照ノ富士がよくしのぎ、いつのまにか右を差して逆転!左の下手を取っていたことが勝因のようだ。

  • 9日目
  • 対 栃ノ心 ● 寄り切り
    ・栃ノ心が胸を合わせて寄り切り!

  • 10日目
  • 対 栃煌山 ○ 上手投げ
    ・豪栄道、栃煌山に双差しを許すが、
    何とか上手投げで勝った!

  • 11日目
  • 対 正代 ● 寄り切り
    ・正代がすぐ上手を取って寄り切り!
    【解説】陸奥親方(元霧島)「豪栄道は張ったことで上体が起き、正代を横に向かせたことで上手を取られてしまった」

  • 12日目
  • 対 勢 ○ 寄り切り
    ・豪栄道の一方的な展開。
    勢はスネを痛めている足を浮かせて歩いている。

  • 13日目
  • 対 豪栄道 ○ 腰砕け
    ・白鵬は手を顔の前に出して
    相手の視界を塞ぐ立合いから、上手を狙う。
    直後に豪栄道は崩れた。
    なぜこうなったのか?
    謎が残るミステリーな取組。
    【追記】後日談によると、豪栄道は右からかっぱじこうとしていたとのこと。

  • 14日目
  • 対 日馬富士 ● 上手投げ
    ・立合い審判に止められ不成立。二度目で成立。
    両者左の下手、上手は日馬富士のみの体勢。
    日馬富士が両廻しを取っての上手投げ!
    【解説】関ノ戸親方(元岩木山)
    「豪栄道は右の下手投げだけで、左からの攻めがなかった」

  • 千秋楽
  • 対 稀勢の里 ● 押し出し
    ・稀勢の里、左四つにはなりきれなかったが、
    かまわず突っ張って押し出し。
    豪栄道は負け越し>_<

豪栄道に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク