[ai] 平成28年名古屋場所 西前頭二枚目 宝富士の全取組結果と感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年名古屋場所 西前頭二枚目 宝富士の全取組結果と感想

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年名古屋場所 西前頭二枚目 宝富士に関するまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの全取組結果のメモより、宝富士の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

全取組内容

宝富士 大輔 (たからふじ だいすけ)
所属部屋 : 伊勢ヶ濱
本名 : 杉山 大輔
しこ名履歴 : 宝富士
番付 : 西前頭二枚目
生年月日 : 昭和62年2月18日 29歳
出身地 : 青森県北津軽郡中泊町
身長 : 186.0cm
体重 : 165.0kg
得意技 : 左四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 宝富士 大輔 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 10勝5敗

  • 初日
  • 対 豪栄道 ○ 突き落とし
    ・豪栄道、宝富士のいなしにあっさり落ちる。稽古不足な感が否めない。

  • 2日目
  • 対 栃ノ心 ○ 寄り切り
    ・組んでの攻防。宝富士がいい体勢を作って寄り切り!右四つだったが栃ノ心に上手を与えなかった。いい相撲!

  • 3日目
  • 対 稀勢の里 ● 寄り切り
    ・稀勢の里が先に左四つ。右上手も引いて寄り切り。万全。

  • 4日目
  • 対 琴奨菊 ○ 送り出し
    ・琴奨菊、すぐに突き落としで崩された。全く体勢が作れない。お客さん、ざわつく。

  • 5日目
  • 対 白鵬 ○ 小手投げ
    ・白鵬、張ってカチあげるも、足が揃って小手投げを食らう。宝富士も鼻血を出していた。
    ※白鵬は宝富士に敗れた翌日以降の連勝を、宝富士に止められる形になった。

  • 6日目
  • 対 正代 ○ 送り出し
    ・正代、先に双差しになりかかり攻め込むが、宝富士、形成逆転!見応えがあった!

  • 7日目
  • 対 嘉風 ○ 寄り切り
    ・見応えのある攻防!初めは嘉風がよく動いて優勢に見えたが、宝富士、我慢して組み止めて寄り切り!

  • 中日
  • 対 碧山 ● 突き出し
    ・碧山が一気に突き出し。

  • 9日目
  • 対 逸ノ城 ○ 寄り切り
    ・巻き替えの応酬を宝富士が制した!最後は右四つだった。盛り上がった!

  • 10日目
  • 対 大翔丸 ○ 押し出し
    ・大翔丸、低く当たってハズ押し。宝富士、
    いなして崩して一気に押し出し!
    力の差が垣間見えた相撲だった。

  • 11日目
  • 対 高安 ● 上手投げ
    ・高安は立合い突き起こし、
    宝富士は右四つに組み止める。
    宝富士が左を巻き替えたところを上手投げ!

  • 12日目
  • 対 千代鳳 ○ 寄り切り
    ・宝富士が左四つ右上手に組み止めて寄り切り。

  • 13日目
  • 対 魁聖 ● 寄り切り
    ・宝富士が先に左四つの体勢を作って寄るが、寄り切れず。魁聖が逆転。
    【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
    「宝富士は立合いが甘い。
    左も足を引いて差しているので深く差さらない。
    下手の位置も浅いから残される。
    結び目の向こうを取らなければいけない」

  • 14日目
  • 対 貴ノ岩 ● 突き出し
    ・貴ノ岩が気迫勝ち!激しい相撲だった!貴ノ岩は目の上を流血。

  • 千秋楽
  • 対 栃煌山 ○ はたき込み
    ・宝富士が立合い変わった!
    【解説】北の富士
    「宝富士が変化の味を覚えてしまった。
    頑固に左四つの型にこだわるところが好きだった。
    こういう相撲ばかりだと興味がなくなってくる」

宝富士に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

その場所の宝富士に関する記事を全てまとめております。

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする