[ai] 平成28年名古屋場所 西大関 照ノ富士の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年名古屋場所 西大関 照ノ富士の全取組結果と感想

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年名古屋場所 西大関 照ノ富士に関するまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの全取組結果のメモより、照ノ富士の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

全取組内容

照ノ富士 春雄 (てるのふじ はるお)
所属部屋 : 伊勢ヶ濱
本名 : ガントルガ・ガンエルデネ  
しこ名履歴 : 若三勝 → 照ノ富士
番付 : 西大関
生年月日 : 平成3年11月29日 24歳
出身地 : モンゴル・ウランバートル
身長 : 193.0cm
体重 : 186.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 照ノ富士 春雄 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 隠岐の海 ○ 寄り切り
    ・照ノ富士、左下手から巻き替えて右四つになって寄り切り!

  • 2日目
  • 対 妙義龍 ○ 寄り切り
    ・照ノ富士突っかける。二度目で立つ。照ノ富士、妙義龍に攻め込まれて万事休すだったが、今日は粘り腰が出た!

  • 3日目
  • 対 琴勇輝 ○ 寄り切り
    ・照ノ富士が捕まえて組み止めて寄り切り。今日は気合の入った表情をしていた。最後は少々ダメ押し気味だったが、良くなっているようだ。

  • 4日目
  • 対 栃ノ心 ○ 寄り切り
    ・組んでの攻防。照ノ富士が前に出て寄り切り!照ノ富士は元気を取り戻した模様!

  • 5日目
  • 対 松鳳山 ● 寄り切り
    ・松鳳山突っかける。二度目で立つ。松鳳山が双差しになり、照ノ富士は抱え込む。松鳳山が寄り切り!照ノ富士、さすがにまだこの体勢から力任せに持っていくのは無理だったか。

  • 6日目
  • 対 御嶽海 ● 押し出し
    ・御嶽海が中に入って双ハズで起こし、横について押し出し!いい相撲!

  • 7日目
  • 対 栃煌山 ● 寄り切り
    ・栃煌山が双差しになって寄り切り!強い!照ノ富士、抱え込んで力任せに寄る場面もあったが、寄り切れず。
    ※境川親方(元両国)、栃煌山について「こう言っては横綱大関に失礼だが、この人が横綱大関に勝っても違和感はない」

  • 中日
  • 対 豪栄道 ○ 寄り切り
    ・初めは豪栄道のペースだったが、照ノ富士がよくしのぎ、いつのまにか右を差して逆転!左の下手を取っていたことが勝因のようだ。

  • 9日目
  • 対 稀勢の里 ● 寄り切り
    ・稀勢の里突っかける。二度目で立つ。1分25秒の長い相撲。稀勢の里は左四つ右上手、照ノ富士は半身の状態で動きが止まる。照ノ富士が粘りを見せたが、稀勢の里、慌てずに寄り切り。盛り上がった!

  • 10日目
  • 対 勢 ● 小手投げ
    ・勢、右四つになれなかったが、
    右からの小手投げに切り替えた!

  • 11日目
  • 対 嘉風 ○ はたき込み
    ・照ノ富士が立合い変わった。ざわつく。

  • 12日目
  • 対 白鵬 ○ 寄り切り
    ・照ノ富士が寄り切ったが、立合い不成立。
    二度目で成立。照ノ富士の一方的な展開。
    白鵬は集中力が切れてしまった感じ。

  • 13日目
  • 対 正代 ● 寄り切り
    ・正代が双差しになって寄り切り!照ノ富士は抱え込んでしまった。

  • 14日目
  • 対 高安 ● 押し出し
    ・両者右四つに組む展開。照ノ富士が巻き替えたところを、高安、一気に出る!

  • 千秋楽
  • 対 魁聖 ○ こまたすくい
    ・照ノ富士、こまたすくいで何とかカド番脱出!

照ノ富士に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク