[ai] 平成28年夏場所、活躍が期待される十両の小兵力士たち | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所、活躍が期待される十両の小兵力士たち

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年夏場所。

居反りの宇良が新十両に昇進したことで、十両の小兵力士たちの活躍の注目が集まっています!

スポンサーリンク




実はもともと小兵揃いの十両

以下に、十両の身長と体重が少ない力士のランキングをご紹介いたします。

身長
①石浦・佐藤・宇良 173cm
②旭日松 175cm
③出羽疾風 176cm
(NHK中継より引用)

体重
①石浦 110kg
②里山 115kg
③北磻磨 126kg
宇良 127kg
⑤千代翔馬 130kg
(NHK中継より引用)

うち、佐藤と宇良は夏場所が新十両ですが、十両には前々から、小兵と呼ばれる力士がたくさんいるんですねぇ。

佐藤、旭日松あたりは、横幅はそれなりにあるので小兵とは言い難いかもしれませんが、石浦、里山、北磻磨は見るからにザ・小兵な力士たちです。

でも、一口に小兵と言っても取口は様々。

石浦や里山は潜ったり動き回ったりするザ・小兵な相撲を取りますが、北磻磨や出羽疾風は、真っ向からガツンと当たるタイプで、普通サイズの力士の取口と変わりません。(ゆえに、怪我も多いのですが>_<)

宇良はどのタイプ?

その点、宇良は色々未知数な力士ですね。

レスリングのような低い構えから足を狙いにいったり、トリッキーな相撲を取るのかと思えば、真っ向から当たって一気に押し出す相撲もあり……

これからどんな力士に成長するのか、非常に楽しみです!

宇良に間違えられる石浦

なお、余談ですが、宇良が十両に昇進してから、石浦は宇良と間違えられることが度々あるようです。

NHKの実況中にアナウンサーが石浦を「宇良」と言い間違えたり、街を歩いていて「宇良さんですよね?レスリングやってた」と話しかけられたり。

……レスリングをやっていたことまで知っていてなぜ顔を見間違えるかと思ってしまいますが、小兵力士=宇良という方程式が、相撲ファン以外の人たちにも広まりつつあるのかもしれません。

小兵力士たちの活躍にこうご期待!

何にせよ、今場所は小さい力士たちの活躍にこうご期待です!

……ついでに、アナウンサーが石浦と宇良を混同していい間違えるかどうかも(笑)

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする