[ai] 平成28年夏場所 東前頭二枚目 正代 6勝9敗 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所 東前頭二枚目 正代 6勝9敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 東前頭二枚目 正代の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、正代の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東前頭二枚目 正代 日別メモ

正代 直也 (しょうだい なおや)
所属部屋 : 時津風
本名 : 正代 直也
しこ名履歴 : 正代
番付 : 東前頭二枚目
生年月日 : 平成3年11月5日 24歳
出身地 : 熊本県宇土市
身長 : 183.0cm
体重 : 160.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 正代 直也 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 6勝9敗

  • 初日
  • 対 琴奨菊 ● 寄り切り
    ・琴奨菊が一気に寄り切り!楽勝だった!

  • 2日目
  • 対 日馬富士 ● 寄り切り
    ・正代、胸で当たって踏み込むが、日馬富士、両廻しをがっちり引いて一気に寄り切り!
    【解説】中立親方(元小城錦)「正代は胸で当たる立合いを考えた方がいい。この立合いでは上位には通用しない」

  • 3日目
  • 対 稀勢の里 ● 押し出し
    ・稀勢の里が一気に押し出し!正代を問題にしなかった。正代は立合い腰が高い。でも、前日、前々日よりは手応えを感じているとのこと。

  • 4日目
  • 対 白鵬 ● 押し出し
    ・時間いっぱいに正代コールが起こり、白鵬がカッとなった印象。張って正代を横に向かせて一気に押し出し!最後はダメ押しのような動きも。。。
    ※師匠の宮城野親方(元竹馬山)「あとでよく言っておきます」

  • 5日目
  • 対 豪栄道 ● 寄り倒し
    ・豪栄道が立合い張って右四つ、左はハズ押しから上手を取って一気に瞬殺!正代は胸から当たって双差しを狙ういつもの立合いだったが、豪栄道が一歩も二歩も早かった!強い!

  • 6日目
  • 対 鶴竜 ● 押し出し
    ・正代は胸で当たって双差しを狙ういつもの立合い。鶴竜の一方的な展開だったが、正代は上体が反らないよう前傾姿勢を保とうという意思は感じた。前進しているのではないか?

  • 7日目
  • 対 照ノ富士 ○ 突き落とし
    ・照ノ富士が先に上手を取って前に出るが、膝から崩れるように倒れた。膝が相当悪そうだ>_<

  • 中日
  • 対 宝富士 ○ 押し出し
    ・正代が右を固めて宝富士の左差しを許さず、差し勝って双差し!そのまま一気に押し出し!強い!

  • 9日目
  • 対 碧山 ○ 突き落とし
    ・正代、立合い先に踏み込み、いなしに崩れて一時は攻め込まれるが、突き落としで逆転!盛り上がった!

  • 10日目
  • 対 魁聖 ● 押し出し
    ・魁聖が棒倒し!正代、胸で当たって双差しを狙ういつもの立合いだったが、先に前廻しを取られ、切ったところを一気に出られた!

  • 11日目
  • 対 琴勇輝 ● 突き出し
    ・琴勇輝が一気に突き出し!正代は胸で当たって双差しを狙ういつもの立合いから、懸命に差す機会を伺うが、及ばず。正代、入門以来初の負け越し>_<

  • 12日目
  • 対 隠岐の海 ○ 寄り切り
    ・正代、胸で当たって上体が反り、一気に持っていかれるが、残して逆襲!残したあとは強かった!

  • 13日目
  • 対 妙義龍 ○ 寄り切り
    ・正代、胸で当たる立合いで上体が反り、一気に攻め込まれるが、残して反撃しながら体勢を立て直し、最後は双差しになって寄り切り!最後まで双差しになるのを諦めなかった。

  • 14日目
  • 対 勢 ○ すくい投げ
    ・両者左四つになり、勢が一気に前に出るが、正代がすくい投げで逆転!

  • 千秋楽
  • 対 嘉風 ● 押し出し
    ・正代は胸で当たる立合いで、嘉風の低い立合いに状態が反る。嘉風が双差しになって一気に押し出し!正代は反ってもすぐ伸び上がるわけではないので、守りも相当強いとみた。嘉風は立合いの角度から流れが全て良かった!

平成28年夏場所の正代

自己最高位、初の上位戦の場所でした。

結果は6勝9敗。入門以来、初の負け越しです>_<

でも、初の横綱・大関総当たりの場所で6勝出来たのなら、大したものではないでしょうか?

何より凄いと思ったのは、この人のメンタルの強さ。

負け続けても自分の相撲を見失っていないし、どうすれば上体を反らさずに前傾姿勢を保てるか、双差しになれるかを、懸命に探っているのを感じました。

特に印象に残ったのは、上位戦終了後の中日、宝富士戦。

「物凄く強い相手には違いないけど、横綱大関ではない」と思って挑んだ結果の圧勝です!

ネガティブでもメンタルはとても強い力士ですね(笑)

聞いたところによると、ネガティブな動機から前向きに努力する人が大成功を収める可能性は高いようなので、将来がとても期待出来そうです!

無理な体勢で粘ることも多いので、怪我にだけはくれぐれも気を付けてほしいですが>_<

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

正代に関する今場所の記事

  • [ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする