[ai] 平成28年夏場所 東前頭五枚目 栃煌山 8勝7敗 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所 東前頭五枚目 栃煌山 8勝7敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 東前頭五枚目 栃煌山の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、栃煌山の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東前頭五枚目 栃煌山 日別メモ

栃煌山 雄一郎 (とちおうざん ゆういちろう)
所属部屋 : 春日野
本名 : 影山 雄一郎
しこ名履歴 : 影山 → 栃煌山
番付 : 東前頭五枚目
生年月日 : 昭和62年3月9日 29歳
出身地 : 高知県安芸市
身長 : 189.0cm
体重 : 159.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 栃煌山 雄一郎 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 玉鷲 ○ 押し出し
    ・栃煌山、玉鷲の突っ張りをしのいで回り込んで押し出し!

  • 2日目
  • 対 嘉風 ○ 押し出し
    ・栃煌山が一気に押し出し!いい相撲!

  • 3日目
  • 対 安美錦 □ 不戦勝
    ・安美錦、アキレス腱断裂のため、本日より休場。

  • 4日目
  • 対 豊ノ島 ● 押し出し
    ・豊ノ島が左四つ右追っ付けで一気に押し出し!最後は腹で押した(笑)

  • 5日目
  • 対 貴ノ岩 ○ 押し出し
    ・栃煌山が一気に押し出し!強かった。

  • 6日目
  • 対 高安 ○ 引き落とし
    ・高安、双手突きで立つが、栃煌山下がらず、高安は引いてしまった。栃煌山、平幕ではやはり強い。

  • 7日目
  • 対 妙義龍 ○ 押し倒し
    ・栃煌山、立合いで右がのぞき、左は追っ付け。そこからサッと双差しになって一気に出る!強い。

  • 中日
  • 対 御嶽海 ● 寄り切り
    ・立合いは栃煌山かと思われたが、御嶽海が双差しになって一気に寄り切り!
    【解説】舞の海「栃煌山は稽古場で負けない相手だから絶対落としてはいけないという気負いが強かったのではないか?」

  • 9日目
  • 対 大砂嵐 ● 寄り切り
    ・大砂嵐が立合いカチ上げ、栃煌山は動きが止まり、組んで動きの止まる展開に。大砂嵐が前に出て寄り切り。
    ※刈谷さんと桐山親方(元黒瀬川)が「自分のタイミングで立つことにばかりこだわるとそれが出来なかった時、守勢に回ってしまう」というお話に。自分から先に立つと相手に下から入られるリスクもあるとのこと。

  • 10日目
  • 対 大栄翔 ● 押し出し
    ・大栄翔が一気に押し出し!栃煌山、いなしで崩したが、そこで一気に出ないで、見てしまった。何やってるんだよぉぉ!(大栄翔はご当地力士として応援しているけれど、ここは栃煌山に格の違いを見せてほしかった>_<)

  • 11日目
  • 対 佐田の海 ● 寄り切り
    ・初めは栃煌山優勢に見えたが、佐田の海がいい形を作って寄り切り!両廻しを取ってからの攻めが早かった!

  • 12日目
  • 対 徳勝龍 ○ はたき込み
    ・栃煌山が立合い変化。ざわつく。よっぽど連敗を止めたかったのだろう。。。
    【解説】陸奥親方(元霧島)「こういう相撲があるから、上(へ行くの)が難しいのだろう」
    ※取組後、吉田アナウンサーのリポートによると、栃煌山の付け人は「関取がこういう分かりやすい変化をするのは初めて見ました!たまにはいいですよね?」という雰囲気だったそうだが、本人は難しい顔をして一言も話さなかったとのこと。

  • 13日目
  • 対 松鳳山 ● すくい投げ
    ・松鳳山、立合いで足が滑るが、一回で立つ。松鳳山、張って左を差して右も差して双差しになり、一気に前に出る!栃煌山は膝から崩れ、元気がない。どこか悪そうだ。

  • 14日目
  • 対 宝富士 ○ 押し出し
    ・栃煌山の変化に、宝富士対応。その後は栃煌山が双差しになって寄り切り。栃煌山は勝ったが元気がない。足の状態が相当悪いのだろうか?

  • 千秋楽
  • 対 魁聖 ● 押し出し
    ・魁聖が一気に押し出し!魁聖、勝ち越し!
    【解説】北の富士「魁聖は大きいのに左の押っつけが強い」難しいことは分からないけれど、大きい力士には難しい細かい技術のようだ!

平成28年夏場所の栃煌山

途中までは良く、「あぁ、さすがこの番付では強いな」と思いながら見ていたのですが、中日から急に連敗。

12日目はまさかの変化で連敗を止めたものの、その後は明らかに動きがおかしかったですねm(_ _)m

どのタイミングかは分からないけれど、場所中、どこかで怪我をしたものと思われます。

12日目に変わったのも、どこか悪かったからなのでしょうか?

早く治るようお祈りするばかりです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

栃煌山に関する今場所の記事

  • [ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする