[ai] 平成28年夏場所 東大関 琴奨菊 10勝5敗 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所 東大関 琴奨菊 10勝5敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 東大関 琴奨菊の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、琴奨菊の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東大関 琴奨菊 日別メモ

琴奨菊 和弘 (ことしょうぎく かずひろ)
所属部屋 : 佐渡ヶ嶽
本名 : 菊次 一弘
しこ名履歴 : 琴菊次 → 琴奨菊
番付 : 東大関
生年月日 : 昭和59年1月30日 32歳
出身地 : 福岡県柳川市
身長 : 179.0cm
体重 : 181.0kg
得意技 : 左四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 琴奨菊 和弘 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 10勝5敗

  • 初日
  • 対 正代 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が一気に寄り切り!楽勝だった!

  • 2日目
  • 対 魁聖 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が一気のがぶり寄り!

  • 3日目
  • 対 碧山 ○ すくい投げ
    ・琴奨菊が前に出てすくい投げ!碧山の突き押しにも下がらない。

  • 4日目
  • 対 宝富士 ● はたき込み
    ・宝富士が立合い変わった!まさかの展開にお客さん騒然!

    ※吉田アナウンサーも北の富士さんも宝富士に好意的。北の富士さん「琴奨菊は変化も頭に入れておくべきだろう。相手が(ふだん変わることのない)宝富士だからといって信用してはいけない。なかなか勝てない相手には何でもしてくるものだ。逸ノ城が変わったら怒るが宝富士なら仕方ないだろう」

    が、殊勲インタビューの宝富士は、変わって勝って後味が悪いのか、元気がない。反省会のようだった。

  • 5日目
  • 対 隠岐の海 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊、立合い張って左四つ。右は抱え込む形でがぶり寄る!隠岐の海、一度は残すが、琴奨菊は休まなかった!

  • 6日目
  • 対 妙義龍 ● はたき込み
    ・妙義龍が立合い変化。激しくざわつく。
    【解説】玉ノ井親方(元栃東)「琴奨菊は立合い頭が下がった時に変化を食らっている。相手を見ていない」三瓶アナウンサー「頭を下げていくと体が地面と平行になってしまう」なるほど。

  • 7日目
  • 対 勢 ○ 寄り倒し
    ・琴奨菊、張って左四つになるが、小手投げに揺さぶられる。渡しこみで体を預けて対応。

  • 中日
  • 対 日馬富士 ● 小手投げ
    ・日馬富士、手を出して立って密着を防ぎ、琴奨菊の左差しの手を手繰って小手投げ。

  • 9日目
  • 対 逸ノ城 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が張って一気にがぶり寄り!

  • 10日目
  • 対 稀勢の里 ● 寄り倒し
    ・両者左四つに組み、攻防のあるいい相撲!琴奨菊優勢に見えたが、稀勢の里が先に上手を取って形成逆転!盛り上がってお客さん(一人の外人)がスタンディングオベーション!(笑)大関戦に相応しいいい相撲!

  • 11日目
  • 対 白鵬 ● すくい投げ
    ・白鵬突っかける。二度目で立つ。立合いで琴奨菊は右四つになり、白鵬が組み止める。白鵬がすぐに体を開いてすくい投げ。早かった。

  • 12日目
  • 対 鶴竜 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が一気にがぶり寄り!

  • 13日目
  • 対 照ノ富士 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が一気にがぶり寄り。照ノ富士、11連敗>_<

  • 14日目
  • 対 嘉風 ○ 押し出し
    ・琴奨菊が一気に前に出て押し出し!

  • 千秋楽
  • 対 豪栄道 ○ 寄り切り
    ・琴奨菊が一気にがぶり寄り!立合いから琴奨菊だった。
    ※北の富士さん、豪栄道の立合いについて「若い衆に稽古をつけるような手を出す立合いはないだろう」と残念そう。

平成28年夏場所の琴奨菊

がぶり寄りの強さは健在でしたが、立合いの変化に敗れる相撲が目立ちましたね>_<

それも、ふだんめったに変わることのない相手に、続けてやられてしまいました。

(殊勲インタビューが反省会か取調べのような会話になっていたのには、少し笑ってしまいましたが(笑))

琴奨菊は元々、相手の横からの動きに弱い力士。

立合い当たって一気に持っていく力は強いのですが、変わられたらあっさり落ちたり、土俵際での逆転を食らいやすいという弱点がありました。

土俵際での逆転は、体幹を鍛えるトレーニングでだいぶ克服したようですが、変化に対しては、これから対策が必要かもしれません。

立合いの当たりに全てをかけるタイプの力士ほど、難しいことかとは思いますが……

でも、彼の初優勝があったから、稀勢の里も豪栄道も奮起して、上位戦が格段に面白くなりました!

琴奨菊自身にも、頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

琴奨菊に関する今場所の記事

  • [ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク