[ai] 平成28年夏場所 西十両三枚目 荒鷲 8勝7敗 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所 西十両三枚目 荒鷲 8勝7敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 西十両三枚目 荒鷲の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、荒鷲の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

西十両三枚目 荒鷲 日別メモ

荒鷲 毅 (あらわし つよし)
所属部屋 : 峰崎
本名 : エレヘバヤル・ドゥルゴゥーン  
しこ名履歴 : 荒鷲
番付 : 西十両三枚目
生年月日 : 昭和61年8月21日
出身地 : モンゴル・ホブド
身長 : 185.0cm
体重 : 134.0kg
得意技 : 右四つ・寄り・上手投げ
引用元 : 力士プロフィール – 荒鷲 毅 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 千代翔馬 ○ 寄り切り
    ・荒鷲が組み止めて一気に出る!強い!

  • 2日目
  • 対 千代の国 ● はたき込み
    ・荒鷲は前廻し狙い、千代の国は双手突きの立合い。荒鷲の足が揃ったところをタイミングよくはたき込み。

  • 3日目
  • 対 豊響 ● 押し出し
    ・豊響、荒鷲に前廻しを与えず、一気に押し出し!豊響は対荒鷲戦、5連敗のあとの2連勝!

  • 4日目
  • 対 輝 ○ とったり
    ・荒鷲が突っ張るが輝の腕を手繰ってとったり!が、軍配荒鷲で物言い。映像では、輝の手が先についているが、荒鷲の足の甲も微妙。結果、輝の手が先についたとの判定で、軍配通り。
    【解説】谷川親方(元北勝力)「(2日続けて腕を手繰られた輝について)手繰られる時は感覚で分かる。その感覚を稽古で磨き、そういう時は無理に押さないようにするしかない」

  • 5日目
  • 対 里山 ○ 上手投げ
    ・里山が頭をつけて左の下手を取るが、荒鷲、すかさず覆いかぶさりながら上手投げを打つ。

  • 6日目
  • 対 誉富士 ● 押し出し
    ・誉富士が一気に押し出し!荒鷲の前廻しもすぐ切った!いい相撲!

  • 7日目
  • 対 出羽疾風 ● 寄り切り
    ・出羽疾風が一気に前に出て寄り切り!

  • 中日
  • 対 明瀬山 ○ 上手投げ
    ・明瀬山、先に双差しになって前に出るが、荒鷲が小手に振って上手投げ。明瀬山8連敗で負け越し>_<

  • 9日目
  • 対 朝赤龍 ● 送り出し
    ・朝赤龍、立合い回り込みながら上手を取って、そのまま送り出し。元気のない相撲。

  • 10日目
  • 対 石浦 ○ 寄り切り
    ・荒鷲が一気に寄り切り!早かった!

  • 11日目
  • 対 千代皇 ● はたき込み

  • 12日目
  • 対 旭日松 ○ はたき込み
    ・荒鷲が当たってからのはたき込み。

  • 13日目
  • 対 北太樹 ○ 送り出し
    ・荒鷲は前廻し狙いの立合いで深い位置の上手に手がかかる。北太樹、その腕を小手投げで振るが体勢を崩し、逆に後ろにつかれて、荒鷲が送り出し。

  • 14日目
  • 対 剣翔 ● 外掛け
    ・組んでの攻防。荒鷲が回り込もうとしたところを、剣翔、足をかけて倒す。

  • 千秋楽
  • 対 富士東 ○ 寄り切り
    ・荒鷲が前廻しを取って一気に寄り切り!

平成28年夏場所の荒鷲

潜在能力は高いものの、性格が大人しくて、稽古場で遠慮してしまうことの多いという荒鷲。

そのせいか、十両での土俵が長くなっていましたが、次の場所でようやく、帰り入幕となりました!

途中、元気がないかなと思える相撲もありましたが、勝った相撲は、本来の実力のほどを感じる相撲ばかりだったように思えます。

次は幕内で、頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

荒鷲に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

  • [ai] 平成28年大相撲初場所 東十両四枚目 荒鷲 日別メモ
  • [ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東十両七枚目 荒鷲 日別メモ
スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク