[ai] 平成28年夏場所 西大関 豪栄道 9勝6敗 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年夏場所 西大関 豪栄道 9勝6敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 西大関 豪栄道の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、豪栄道の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

西大関 豪栄道 日別メモ

豪栄道 豪太郎 (ごうえいどう ごうたろう)
所属部屋 : 境川
本名 : 澤井 豪太郎
しこ名履歴 : 澤井 → 豪栄道
番付 : 西大関
生年月日 : 昭和61年4月6日 30歳
出身地 : 大阪府寝屋川市
身長 : 183.0cm
体重 : 158.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 豪栄道 豪太郎 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 9勝6敗

  • 初日
  • 対 宝富士 ○ 押し出し
    ・豪栄道が一気に出る!土俵際の逆転は食わない。

  • 2日目
  • 対 隠岐の海 ○ 寄り切り
    ・豪栄道が一気に出る!土俵際危なかったが、何とか勝った。

  • 3日目
  • 対 魁聖 ○ 下手捻り
    ・豪栄道、張って中に入りきることは出来なかったが、先に先に動いて上手さを見せた!盛り上がった!

  • 4日目
  • 対 碧山 ○ 押し出し
    ・豪栄道突っかける。二度目で立つ。豪栄道、立合いの張り手は空振りも、よく前に出て押し出し!いい相撲!

  • 5日目
  • 対 正代 ○ 寄り倒し
    ・豪栄道が立合い張って右四つ、左はハズ押しから上手を取って一気に瞬殺!正代は胸から当たって双差しを狙ういつもの立合いだったが、豪栄道が一歩も二歩も早かった!強い!

  • 6日目
  • 対 琴勇輝 ● 押し出し
    ・立合い審判長に止められる。二度目は琴勇輝が突っかける。三度目で立合い成立。豪栄道は引いてしまった。立合いが影響しただろうか?

  • 7日目
  • 対 嘉風 ○ 押し出し
    ・豪栄道、立合いの張り手は空振り!嘉風がよく動いていい相撲!豪栄道、よくついて行って最後は押し出し!盛り上がった!

  • 中日
  • 対 逸ノ城 ○ 突き落とし
    ・豪栄道、逸ノ城に攻め込まれるが、横に交わして突き落とし。
    【解説】舞の海「逸ノ城は突っ張るのではなく、体だけ預けている。だからあっさり落ちてしまった」

  • 9日目
  • 対 稀勢の里 ● 送り出し
    ・稀勢の里突っかける。二度目で立つ。立合い差し手争いを稀勢の里が制し、あとは一気に前に出る!強い!稀勢の里は終わったあとも平常心。わたしが緊張して疲れた(苦笑)

  • 10日目
  • 対 日馬富士 ● 寄り切り
    ・日馬富士が前に出て寄り切り。豪栄道、今日はちょっと冴えなかった。最後は落ちないように抱きついて支える動きも(笑)

  • 11日目
  • 対 鶴竜 ● 寄り切り
    ・立合い豪栄道が張り差しを狙うが、行司待ったで不成立。二度目は豪栄道が突っかける。三度目で立つ。鶴竜が一気に寄り切り
    【解説】境川親方(元両国)「(豪栄道の立合いについて)悪いですね。全て悪い。帰って四股でも踏ませたい。(張り差しについては)バカの一つ覚えみたいに。あんなのいつも効くわけないんですよ」

  • 12日目
  • 対 白鵬 ● 引き落とし
    ・豪栄道、白鵬の張り手カチ上げにも怯まず踏み込み、廻しを取って前に出る!及ばなかったが見せ場は作った!

  • 13日目
  • 対 勢 ○ すくい投げ
    ・立合い合わず仕切り直し。二度目で立つ。豪栄道、立ち遅れて右に逃げる。そこから攻め込み、勢の右からの小手投げをすくい投げで対応。どちらも立合いが噛み合っていないような相撲だったm(_ _)m

  • 14日目
  • 対 照ノ富士 ○ 押し出し
    ・豪栄道の一方的な展開。照ノ富士は元気がない。

  • 千秋楽
  • 対 琴奨菊 ● 寄り切り
    ・琴奨菊が一気にがぶり寄り!立合いから琴奨菊だった。
    ※北の富士さん、豪栄道の立合いについて「若い衆に稽古をつけるような手を出す立合いはないだろう」と残念そう。

平成28年夏場所の豪栄道

途中までは良かったのですが、稀勢の里に比べると、危ない相撲も多いですね。

特に9日目に稀勢の里に敗れて以降は、集中力を欠いたような印象です。

11日目には師匠から張り差しについてボロクソに怒られますが、師匠が解説に来られる以前の相撲も、けっこう張り手の空振りが目立ちます(^_^;)

師匠にボロクソに言われた翌12日目の白鵬戦は、そんな師匠の教えを忠実に守る相撲で白鵬に善戦しますが、この相撲で眼窩内壁骨折。

あのカチ上げを食らっての眼窩内壁骨折は、仕方ないかもしれませんm(_ _)m

(カチ上げに限らず、ふつうに頭で当たり合うぶちかましでも、することありますからね。眼窩内壁骨折って、実はとても多い怪我なのです)

でも、稀勢の里同様、琴奨菊の優勝以降、確実に変わってきているので、そのいい流れは止まらないでほしいです>_<

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

豪栄道に関する今場所の記事

  • [ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク