[ai] 平成28年大相撲九州場所中日 幕内の全取組結果と感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所中日 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所中日
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




中日 幕内の実況と解説

中日のNHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 吉田賢
解説 : 玉ノ井親方(元栃東)
向正面 : 立田川親方(元豊真将)
東リポート : 藤井康生
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

7日目までの展開

7日目の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕内の全取組結果と感想

中日の幕内 全取組の結果と感想

●臥牙丸-逸ノ城○ 寄り切り

逸ノ城が巻き替えて右四つ。

右四つ左上手の体勢になると、
一気に寄り切りました!

臥牙丸は泣きそうな顔をして帰っていきました。

○大翔丸-蒼国来● 突き落とし

大翔丸が蒼国来の張り差しを
上手くさばいて突き落としました。

蒼国来は5連勝の後、3連敗です。。。

●旭秀鵬-石浦○ 上手投げ

石浦が変わりながら上手を取って上手投げ!
上手かったです!

旭秀鵬は悔しそう。

●英乃海-北勝富士○ 腰砕け

英乃海優勢に見えましたが、
突然足を滑らせて尻餅をついてしまいました。

勝負結果は腰砕け。

笑いが起こっていましたが、
笑うところではないです。。。

不意に滑って
受け身も取れなかったようだし、
痛そうでした。。。

急に怪我したわけではなかったようなので、
それは良かったです。。。

●豊響-荒鷲○ 下手投げ

荒鷲は立合いすぐに前廻し!

豊響はそれでも構わず前に出ますが、
荒鷲の下手投げが決まります。

過去の対戦は、幕内では全て荒鷲が、
十両では豊響が勝っているようです。

○妙義龍-千代大龍● 上手投げ

両者なかなか手をつきません。
妙義龍は下ろしますが、
千代大龍が立てず、仕切り直しに。

二度目で成立します。

妙義龍が変わりながら上手を取って
上手投げを決めました!

千代大龍のカチ上げを交わすような立合いでした。

ざわつきましたが、やはり上手いですね。

●豪風-千代鳳○ 寄り切り

低い体勢同士の対戦は、
押し合いから、
千代鳳が左四つに組み止めて寄り切り!

千代鳳の組み止めた後の出足は
独特のフォームですね。

これが千代鳳の相撲なんだと思いました。

○千代翔馬-貴ノ岩● はたき込み

最初の立合いは貴ノ岩が突っかけ、
二度目で立ちます。

差し手争いから、
貴ノ岩が左四つで一気に出ようとしたところを、
千代翔馬がはたき込み。

貴ノ岩はちょっと
出るのが強引だったかもしれません。

○錦木-輝● 押し出し

錦木がどんどん前に出ました!
得意とは逆の右四つだったが、
構わず前に出ました!

昨日は「攻めが遅い」と
鳴戸親方(元琴欧洲)からお叱りを受けていましたが、
今日はとてもいい攻めだったのではないでしょうか。

●千代の国-勢○ はたき込み

勢が右肩で当たってすぐはたき込みます。

が、千代の国ははたかれて両手をついたあと、
何事もなかったかのように立ち上がって
相撲を取ろうとしていました(笑)

「ついてしまった。もう一丁!」と、
体が動いてしまったようです(苦笑)

○遠藤-佐田の海● 突き出し

遠藤が一気に突き出し!

肩で当たって左四つを狙ってからの突っ張りでした。

強いです!

●栃ノ心-正代○ 寄り切り

ここからは後半。

正代は胸で当たって双差しを狙います。

正代が寄り倒し、
栃ノ心が土俵際はたき、
軍配栃ノ心で物言いがつきました。

ぱっと見は栃ノ心が勝っているように見え、
スローでも正代が先に落ちているように見えました。

でも結果は、取り直し。
栃ノ心の体は飛んで死に体と判断されたようです。

取り直しの相撲は、何となく
運を拾った正代が有利そうと
思いながら観戦。

そして案の定、
正代が勝ちました!

栃ノ心は思い切りカチ上げますが、
正代は怯まず双差しを狙いながら前に出ました!
正代の運の強さを感じました。

でも、あとあと改めて写真などを見ると、
栃ノ心の足が土俵に残っている段階で
正代の甲が返っているように見え、
栃ノ心が死に体という判定に疑問が残りましたm(_ _)m

●魁聖-宝富士○ 上手投げ

差し手争いでは魁聖があっさり崩され、
元気のなさが伺えました。

宝富士が差し勝ち、
魁聖が巻き替えたところを
宝富士が上手投げ!

魁聖、残念ながら
ストレートでの負け越しですm(_ _)m

○松鳳山-碧山● 押し倒し

時間前にはお決まりの松鳳山コール。

碧山は突っ張りますが、
あまり前に出れません。

松鳳山が左を差し、
中に入って一気に押し倒しました!

●高安-栃煌山○ 押し出し

高安は栃煌山にあっさり双差しを許し、
引いてしまいました。

ちょっと内容が悪いですねm(_ _)m

高安は4敗目。

大関昇進の目安となる12勝は
物理的に不可能となりました。

●琴勇輝-稀勢の里○ 突き出し

稀勢の里、一度は琴勇輝に押し込まれますが、
押し返して突き出しました。

●豪栄道-隠岐の海○ 押し出し

最初の立合いは豪栄道が突っかけ、
二度目で成立。

ちょっと緊張して気が早っているように
見えました。

豪栄道は隠岐の海に一方的に攻め込まれ、
土俵際の突き落としで逆転を狙います。

軍配豪栄道で物言い。
映像では、豪栄道の踵が出ているのかが微妙です。
結果は差し違い。

「豪栄道の踵が出た」
という判定ではなく、
「すでに死に体だった」
という判定だったようです。

「踵が出た」ならまだ納得なのですが、
「死に体」というのは、
ちょっと強引すぎる判断に思えました。

ただ今日の豪栄道は、安易に首投げにいく
悪いパターンが出てしまいましたねm(_ _)m

顔も終始固かったです。

もう綱取りとか気にしなくていいから、
もう一度良かった時の相撲を
思い出して欲しいです。。。

●琴奨菊-照ノ富士○ 寄り切り

照ノ富士の一方的な展開。
小手で振って組み止めて寄り切りました。

序盤は照ノ富士が心配でしたが、
今は琴奨菊が心配です。。。

○日馬富士-嘉風● 寄り切り

嘉風はまた左目が腫れています。
また相撲で相手の頭が当たったのでしょうか?
それとも、前の場所の腫れが再発?
ちょっと心配ですね。。。

でも相撲は、両者が頭でガツンと当たり、
物凄い音がしました!

そして日馬富士が一気に寄り切り!
速い攻めでした!

日馬富士は後半に向けて
集中力が増しているように見えます!

○白鵬-御嶽海● 寄り切り

白鵬が一気に寄り切りました!
御嶽海は全く歯が立たず。。。

白鵬も後半に向けて上り調子に見えます^ ^

○鶴竜-玉鷲● 下手捻り

玉鷲が突っ張りで圧倒する場面もありました!

でも鶴竜は、
冷静に回り込みながら廻しを取って、
すかさず捻ります!

好調ぶりが伺えました^ ^

幕内の優勝争い

結果、中日終了時点での優勝争いは、
以下のような展開に。

全勝 : 鶴竜
一敗 : 日馬富士、白鵬、石浦

3横綱の三つ巴の予感大ですが、
まさかの白鵬対石浦の決定戦が観れたら
面白そう、とも思いました(笑)

上位力士はこれから直接対決が組まれるので、
現時点で2敗の大関・豪栄道、稀勢の里、照ノ富士が
浮上してくる可能性もありますね。

豪栄道の黒星は残念ですが、
日々動きのある優勝争いは
面白いです^ ^

中日 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

中日の幕内は、

1位 石浦
2位 遠藤
3位 正代

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所中日の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所中日 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする