[ai] 平成28年大相撲九州場所千秋楽 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所千秋楽 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所千秋楽
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

千秋楽 幕下の実況と解説

千秋楽 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 厚井大樹
解説 : 若藤親方(元皇司)
リポート : 岡崎太希
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 立田川親方(元豊真将)
リポート : 酒井良彦
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

幕下優勝は13日目に
伊勢ヶ濱部屋の照強に決定しています。

14日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕下の全取組結果と感想

千秋楽 幕下 全取組の結果と感想

●築本(三段目)-飛天龍○ はたき込み

最初の立合いは飛天龍が突っかけ、
二度目で立ちました。

飛天龍が当たってからのはたき込み。
どちらも元気がありません。

○大司(三段目)-希帆ノ海● 押し出し

希帆ノ海が当たってからはたきましたが、
大司は落ちません!

ついていって押し出しました^o^

●禧勢ノ山-琴欣旺○ はたき込み

禧勢ノ山が先に攻めましたが、
はたかれました。

禧勢ノ山は今場所ずっと、
攻めておいてはたかれるケースが
多かったですね。。。

厚井アナウンサーも同様のコメントを
していました。

●栃清龍-宝香鵬○ はたき込み

宝香鵬が攻め込み、
栃清龍が土俵際回り込み、
軍配栃清龍で物言いがつきました。

映像では、宝香鵬が先に
落ちているように見えます。

結果は取り直し。

取り直しの相撲は、
宝香鵬が立合い変わりました。

張りながら突き落とし気味の
はたきこみでした。

やられた栃清龍は痛そうです。。。

●碧の正-肥後嵐○ はたき込み

肥後嵐が押し込んでからのはたき込み。

○琴鎌谷-翔傑● うっちゃり

翔傑が寄り、
琴鎌谷がうっちゃり、
軍配翔傑で物言いがつきました。

スロー映像では、
翔傑の足の甲がついているようにも見えますが、
微妙です。

協議の結果、
うっちゃり有利との判定で
差し違いとなりました。

○栃の濱-荒篤山● 押し出し

最初の立合いは栃の濱が突っかけ、
二度目で立ちます。

押し合いの激しい攻防となりました!

最後は栃の濱が押し出し!

栃の濱は出血していました。
激しさを物語ります。

若藤親方(元皇司)は
「荒篤山は腰が降りていなかった。
突っ張りの手数も栃の濱の方が多い」
と解説。

○大清峰-出羽鳳● 押し出し

大清峰は今日、誕生日とのこと。

大清峰が一気に押し出し!

誕生日をいい内容の白星で飾りました^o^

出羽鳳は引いてしまいました。

○碧天-琴弥山● 突き落とし

琴弥山がよく前に出ていましたが、
碧天が土俵際回り込んで逆転です!

○靏林-豪頂山● 送り出し

靏林が腕を手繰って押し出しました!

●阿炎-明瀬山○ 突き落とし

阿炎への声援が飛んでいました。

阿炎はよく突っ張りましたが、
突き落としに崩れます。

でも、いつもなら引いてしまうような場面でも
引かずによく突っ張りました!

阿炎は今場所から、
横綱鶴竜の付き人を務めているとのこと。

鶴竜が優勝したので、
自分もいい内容で勝ちたいという
気持ちが強かったようです。

いいことです^ ^

●諫誠-徳真鵬○ 寄り切り

諫誠は双差しになり、
徳真鵬は抱えて前に出ます。

徳真鵬ががぶって寄り切りました!

○碧己真-安芸乃川● 寄り切り

以後は十両土俵入り後。

碧己真が変わりながら上手を取って
寄り切りました。

○舛ノ勝-肥後ノ城● 突き落とし

最初の立合いは舛ノ勝が突っかけ、
二度目で立ちます。

舛ノ勝が突っ張り、
肥後ノ城は双差しになってしのぎますが、
舛ノ勝が突き落としました。

●志摩ノ海-勝誠○ 寄り切り

勝誠が中に入って寄り切りました。

●富士東-海龍○ はたき込み

最初の立合いは行司待ってで不成立。
二度目で成立します。

押し合いの攻防となり、
最後は海龍がはたき込みました。

○力真-武玄大● 引き落とし

武玄大は廻り込んでよく撹乱していましたが、
足が滑ってしまいましたm(_ _)m

とても悔しそうです。。。

力真は下手を取っていたことが
良かったようです。

幕下以下の各段優勝

千秋楽に三段目と序ノ口の
優勝決定戦が行われました。

三段目は三役経験者の常幸龍と
朝日山部屋期待の若手・朝日龍が対戦。

木瀬部屋の常幸龍が勝って
三段目優勝となりました^o^

序ノ口はともに近畿大学相撲部を中退して
伊勢ヶ濱部屋に入門した小笠原と庵原が対戦。

小兵の庵原が先に潜って有利かと
思われましたが、
小笠原が勝って序ノ口優勝を決めました!

幕下優勝は13日目に伊勢ヶ濱部屋の照強、

序二段優勝も13日目、
高砂部屋の朝山端に決定しています。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所千秋楽の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク