[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所10日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

10日目幕下の実況と解説

10日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 酒井良彦
解説 : 大山親方(元大飛)
向正面 : 福ノ里(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 小林陽広
解説 : 富士ヶ根親方(元大善)
リポート : 三輪洋雄
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

9日目終了時点での幕下の成績優秀者は、
以下の通りです。

5連勝 : 照強、大成道、鏡桜、彩の湖

9日目の相撲について、詳しくは
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所9日目 幕下の全取組結果と感想

10日目 幕下 全取組の結果と感想

10日目は全勝力士同士の対戦はありません。

○越ノ龍(三段目)-濱豊● 押し出し

越ノ龍が頭で当たって一気に出ました!
濱豊は引いてしまいましたm(_ _)m

福ノ里さんは濱豊について
「濱豊は今日は見てしまった。消極的だった。
稽古はよくしているので、頑張ってほしい」
とコメント。

●大司(三段目)-琴福寿野○ 押し出し

琴福寿野が小さい大司を中に入れないよう、
徹底して突っ張りました!

●飛天龍-希帆ノ海○ 寄り切り

希帆ノ海が双差しになって寄り切り。

負けているもの同士、
どちらも必死さを感じました。

○西山-高盛● 寄り切り

組んでの攻防となり、
最後は西山が寄り切ります。

終始西山有利な体勢でした。

○巨東-高麗の国● 寄り切り

巨東が大きな高麗の国を真正面から寄り切りました!

大山親方(元大飛)は

「巨東は上手を浅くしたのが良かった。
外四つでも上手を浅く取れば力を出せる」

と解説。

上手の位置って、大事なんですね!

○克乃富士-宝香鵬● 下手投げ

立合いすぐに克乃富士が左四つ。

右も差して双差しになり、
寄ってからの下手投げを決めました。

宝香鵬は巻き替えようと試みましたが、
叶いませんでした。。。

●栃清龍-白虎○ 寄り切り

栃清龍が先に土俵際まで出ました。

白虎は押し返して相手の内掛けをこらえ、
反対側土俵へ寄り切ります。

大山親方(元大飛)は部屋の白虎について、

「白虎は相手の攻めを受けてから押し返している。
これでは上では勝てない。
師匠からもいつも言われているのだが……」

とコメント。

教わったことをその通りに実行するのって、
難しいんでしょうね。。。

○出羽鳳-肥後嵐● 寄り切り

出羽鳳がじわじわ前に出て寄り切りました。

大山親方(元大飛)は
肥後嵐の左の使い方が悪いと解説。

最初から抱え込んでいるのが良くないようです。

「これは最初からダメだと思った」
とのことでした(苦笑)

○碧の正-武蔵国● 押し出し

武蔵国はカチ上げ気味の立合いを見せますが、
失敗して引いてしまいました。

碧の正が一気に押し出します。

○福轟力-富栄● はたき込み

最初の立合いは富栄が突っかけ、
二度目で立ちます。

富栄が無理のある体勢だろうが構わず
ガンガン攻めますが、はたかれました。

福ノ里さんは福轟力について
「勝ったが引く悪い癖が出た」
とコメント。

●琴鎌谷-宝龍山○ 寄り切り

宝龍山が組んでの攻防の末、
寄り切りました。

琴鎌谷は入門後、初の負け越しです。

○入江-栃の濱● 上手出し投げ

入江が相手の攻めをよく耐えて、
上手をとって形勢逆転!

豪快に上手出し投げを決めました!

痛い膝をかばいながらの勝ち名乗りです。

●碧天-南海力○ 下手投げ

碧天が左押っつけから左四つになり、
いい形を作るりますが、
南海力が逆転の投げを決めました!

決まり手は「下手投げ」と発表されましたが、
南海力は廻しを取っていませんでした。

下手を取って投げていたのは碧天です。

大山親方(元大飛)は碧天について
「南海力の投げを警戒して腰が引けている」
と解説。

南海力、一癖ある力士ですね。

○荒篤山-高立● 引き落とし

最初の立合いは高立が突っかけ、
二度目は荒篤山が突っかけます。
三度目で成立。

荒篤山が突っ張ってからの引き落とし。
高立、張り差し狙いの立合いは失敗です。

盛り上がりませんでした。

●力斗-阿炎○ 突き出し

最初の立合いは阿炎が突っかけ、
二度目は力斗が突っかけ、
なかなか呼吸が合いません。
三度目で成立。

阿炎が立合い変わり、
その後は一気に突っ張りました!

変わった後の突き放しはとても良かったです^ ^

でも、上手を狙う立合いだったようなので、
これはちょっと呼び込む危険があると、
解説者の方々は話しておられました。

●貴健斗-古場○ 突き出し

古場がよく前に出て突き出しました!
突っ張り合いの熱戦でした^o^

大山親方(元大飛)は、

「どちらも良かった。
やや古場の方がどっしり感があった。
重みが違った」

とコメント。

○剛竜-魁渡● 押し出し

剛竜が引いていなして崩して押し出しました!

剛竜は最初は攻め込まれたせいか、
勝っても首をひねっていました。

●朝興貴-豪頂山○ 寄り切り

こちらは勝ち越しのかかる一番。

ちょっと呼吸のズレたような立合いとなりました。

朝興貴が突っ張り、
豪頂山は潜りながら右四つ左上手の体勢を作り、
寄り切ります。

ここで大山親方(元大飛)から
立合いの呼吸についてのお話が。

重い物を持ち上げるときに息を止め、
お腹に力を入れないと持ち上げられないように、
立合いも息を止めないと力が入らないとのこと。

この日の朝興貴は、
先に立って突っ張ったものの、
呼吸が合わなくてその後は力が抜けて
しまったようです。

●虎太郎-白鷹山○ 送り出し

突っ張り合いになります。

虎太郎が土俵際まで攻め込みますが、
白鷹山が回り込んで送り出しました。

○明瀬山-竜勢● 押し出し

竜勢が先に左前廻しを取りますが、
明瀬山は抱えるようにしながらこれを切り、
一気に押し出しました!

明瀬山は元気を取り戻しているようです^ ^

○大翔龍-碧己真● 寄り切り

大翔龍が双差しを狙いながら
一気に寄り切りました!
早かったです。

○天鎧鵬-徳真鵬● 突き落とし

大柄同士の対戦。

先に寄ったのは徳真鵬。

土俵際の力比べに盛り上がりました。

天鎧鵬が土俵際の突き落としで逆転します!

大山親方(元大飛)は

「徳真鵬は上半身だけで寄ろうとしていた。
相手がバランスを崩したのと同時に
自分がバランスを崩した」

と解説。

●鳰の湖-天空海○ 突き落とし

鳰の湖が突っかけ、天空海が吹っ飛びます。
立合いは二度目で成立。

天空海が立合いすぐに引いて交わして
小手に巻いて突き落としました。

●寺尾-玉木○ 突き出し

玉木が当たっていなして一気に突き出しました!

○出羽疾風-諫誠● 寄り切り

以後は上位五番。
出羽疾風が双差しになって寄り切りました!
いい相撲です^o^

出羽疾風、ここ最近は持ち前の
スピード相撲が出ていますね。

●肥後ノ城-剛士○ 寄り切り

最初の立合いは肥後ノ城が突っかけ、
二度目で成立。

剛士が左を巻き替えて寄り切りました。

●石橋-芝○ 寄り倒し

芝が一気に寄り倒しました!

左で強く押っつけて、
石橋の右差しを封じていました。

●彩-魁○ 寄り切り

最初の立合いは行司に止められ、
二度目で成立。

魁が一気に寄り切りました。

●勝誠-豊ノ島○ 小手投げ

豊ノ島は双差しを狙い、
勝誠は低く後頭部をつけます。

勝誠が一気に出たところを、
豊ノ島が土俵際逆転の小手投げ!

豊ノ島は3勝目!
あと一番で勝ち越しです。

2連敗した時はどうなるかと思いましたが、
ここ最近は上り調子なようです。

優勝争い

幕下の成績優秀者は以下の通りです。

5連勝 : 照強、大成道、鏡桜、彩の湖

11日目に大成道-照強、彩の湖-鏡桜戦が
組まれました。

大成道-照強は潜りたい照強と
突っ張って起こしたい大成道の攻防
になりそうです。

彩の湖-鏡桜は、鏡桜が上り調子なので、
実力的に幕内経験者の鏡桜が有利に思えます。

楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所10日目の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク