[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所10日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

10日目 幕内の実況と解説

10日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 関ノ戸親方(元岩木山)
東リポート : 厚井大樹
西リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

9日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

全勝 : 鶴竜
一敗 : 日馬富士、白鵬、石浦
二敗 : 稀勢の里、照ノ富士、正代、千代翔馬、荒鷲

9日目の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所9日目 幕内の全取組結果と感想

10日目 幕内 全取組の結果と感想

●蒼国来-石浦○ 送り出し

最初の立合いは蒼国来が突っかけます。
手を出す立合いを見せていました。

立合いは二度目で成立。

石浦が変わりながら上手を取って
一気に寄り切りました!

石浦は蒼国来の手を出す立合いを見て、
次はカチ上げてくると思ったよう。

カチ上げを警戒して変わった
とのことでした。

○豊響-逸ノ城● 押し出し

豊響は前日の相撲で右肩を傷め、
テーピングを巻いて登場。

豊響はテーピングを巻いた右肩で当たり、
組んで寄る形になりましたが
一気に押し出しました!

いい相撲でした^o^

●大翔丸-英乃海○ 寄り切り

英乃海が右四つ左上手で寄り切りました。

北の富士さんが
「英乃海は顎が上がりっぱなしだ」
という話をすると、刈谷さんから

「日馬富士は幕下時代、
顎を引けと言われて朝から晩まで顎を
引いて生活していた」

というお話を披露。

英乃海の弟の岩崎は、
顎が上がらないことを
高評価されている力士なのですが……

●旭秀鵬-北勝富士○ 寄り切り

北勝富士が動きながら廻しを取って
一気に寄り切りました!

北の富士さんは北勝富士について
「相手が調子よくないの分かっているから
堅実な相撲を取ったのだろう」とコメント。

その通りで、
押して行ってはたきなどを食らうより
廻しを取った方が逆転を喰らわず確実と
考えての相撲だったようです。

●佐田の海-臥牙丸○ 押し出し

臥牙丸が一気に押し出しました!

佐田の海は臥牙丸の圧力をまともに
受けてしまいましたm(_ _)m

関ノ戸親方(元岩木山)は佐田の海について

「今場所は負け方が良くない。
まともに攻撃を受けて引いてしまっている。

いくら最近体が大きくなったといっても
軽量なのだから、
まともに攻撃を受けてはいけない」

とコメント。

佐田の海は負け越しです。

●千代鳳-勢○ 押し出し

勢は千代鳳に半身の左下手を許し、
自身は右の上手を取ります。

出投げで後ろにつこうとしながら押し出しました!

後ろにつこうとしたけれど
後ろにはつけず、
ちょっと面白い動きになっていました(笑)

勢は出投げで崩して後ろにつくのは
得意ではないようです。

○豪風-千代大龍● 押し出し

豪風が一気に押し出しました!
いい相撲でした^o^

○荒鷲-貴ノ岩● はたき込み

荒鷲の変化一発で勝負がつきました。

貴ノ岩応援団(貴乃花部屋応援団?)が
貴ノ岩コールを送っていましたが、
一気に静まりかえります。

荒鷲は二敗を守って勝ち越し。

北の富士さんは
「あんなに間隔が空いているのに
相手をよく見ないで食らう貴ノ岩が悪い。
変化もある相手なのだから気をつけないと」

と言いつつも、
変化一発であっけなく勝負が決まって
しまったことは残念そうでした。。。

●千代翔馬-栃ノ心○ きめ出し

最初の立合いは千代翔馬が待った。
二度目で立ちました。

栃ノ心が極めて一気に前に出ました!

栃ノ心は待ったがあったことで
変わられるんじゃないかとドキドキしたそうですが、
千代翔馬はそんな気はなかったとのことでした。

●松鳳山-輝○ 押し出し

輝が一気に押し出し!いい相撲でした^o^

輝強いです!

松鳳山は差そう、差そうとしていましたが、
輝の長い腕がどんどん伸びてきました。

●妙義龍-千代の国○ 突き落とし

妙義龍が一気に前に出ますが、
千代の国が土俵際回り込んで逆転!

盛り上がりました^o^

○遠藤-錦木● 寄り切り

ここからは後半。

遠藤が先に左四つ右上手。

錦木も上手を取り掛けますが、
それをサッと切って寄り切りました!

上手いですね。

○宝富士-正代● 押し出し

正代は双差し狙いの立合い。

浅く入って前に出ますが、
宝富士は下がりながら左の巻き替えに成功!

そこからは一気に宝富士の流れになりました。

宝富士、やはり左四つになると強いです!

正代はどちらかというと、
右四つの方が得意なようですね。

○琴勇輝-嘉風● 突き出し

琴勇輝が一気に突き出しました!

立合いはカチ上げで起こしています。

嘉風は負け越しです。。。

北の富士さんは琴勇輝の手の
テーピングについて言及。

あんまりぐるぐる巻きにすると
分厚くなって相手への打撃になるとのこと。

この手にぐるぐる巻くテーピングは
かつて、旭道山の張り手KOで
物議を醸したことがあるそうです。

以前にも言及されていましたね。

○御嶽海-碧山● 押し出し

御嶽海が一気に押し出しました!

いい相撲です^o^

御嶽海は3勝7敗とのことですが、
もっと勝っている気がします。

●魁聖-玉鷲○ 押し倒し

ここまで9連敗で白星のない魁聖。

場所前に右脇腹の蜂窩織炎があったようですが、
決して調子が悪かったわけではないとのこと。

今日こそ白星を、
と言いたいところでしたが、
相手は今場所超元気な玉鷲。

玉鷲に喉輪で一気に押し倒されてしまいました。

魁聖は力なく下がってしまって10連敗。。。

足に力が入っていないように見えました。

スランプで体の動きが噛み合わない、
という印象を受けました。

○栃煌山-隠岐の海● 押し出し

栃煌山が双差しになって一気に押し出しました!

隠岐の海は元気がありません。。。

○豪栄道-琴奨菊● 寄り切り

豪栄道が一気に寄り切りました!

いい相撲です^o^

今日は土俵際の詰めも万全でした!

ずるずる負けのダメージを引きずらなくて
良かったです……!

一方で琴奨菊は7敗目。
心配です。。。

●白鵬-稀勢の里○ 寄り切り

北の富士さんは稀勢の里について
「人の大事な一番には勝つのに、
自分の大事な一番は負ける」とコメント。

確かにそうだ(笑)

相撲は期待以上の物凄い熱戦!

稀勢の里は何度も体勢を崩しますが、
粘り続けて左四つに組み止め、寄り切りました!

稀勢の里は今日も最初から
落ち着いていたように見えました。

稀勢の里は落ち着いていれば
元気な白鵬ともまともに渡り合える力士なのだと
改めて思いました。

稀勢の里は2敗を守り、
白鵬は1敗から2敗へ後退です。

●照ノ富士-鶴竜○ 寄り切り

鶴竜は双差し、
照ノ富士は抱え込む体勢で
動きが止まります。

照ノ富士が左を巻き替えたところ、
鶴竜が頭をつけ、
投げで崩して寄り切りました!

照ノ富士は横に振られると
膝の粘りが効かないようです。

鶴竜は勝って全勝をキープ。
照ノ富士は3敗に後退です。

○日馬富士-高安● 外掛け

高安が突っ張り、
日馬富士は突っ張ってから
双差しに組み止めます。

最後は日馬富士が外掛け!

北の富士さんは

「日馬富士の体勢は良くない。
でももっと良くないのは、高安の動きだ」

とコメント。

日馬富士は勝って1敗を守ります。

高安は勝ち越しも心配な6敗目です。。。

幕内の優勝争い

結果、優勝争いは以下のように変遷しました。

全勝 : 鶴竜
一敗 : 日馬富士、石浦
二敗 : 白鵬、稀勢の里、荒鷲

まさか10日目の時点で、
石浦が白鵬より白星を重ねている
ことになろうとは!

今場所は稀勢の里が優勝争いを
引っ掻き回しそうな予感ですvv

明日11日目の稀勢の里-鶴竜戦が、
その後の優勝争いの展開を大きく
左右することになりそうですね。

これは楽しみですvv

10日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

10日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 石浦
3位 遠藤

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所10日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク