[ai] 平成28年大相撲九州場所11日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所11日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所11日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

11日目 幕下の実況と解説

11日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 岡崎太希
解説 : 佐ノ山親方(元土佐豊)
向正面 : 伊予櫻(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 吉田賢
解説 : 若藤親方(元皇司)
リポート : 白崎義彦
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

10日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所10日目 幕下の全取組結果と感想

11日目 幕下 全取組の結果と感想

11日目開始時点での5連勝は
照強、大成道、鏡桜、彩の湖の4名。

11日目はこの4名の総当たり戦が組まれました。

●大元(三段目)-濱豊○ 突き出し

濱豊が一気に前に出て突き出し!
いい相撲でした^o^

佐ノ山親方(元土佐豊)によると、

「濱豊は鉄砲はいいけど、
股関節が硬く、四股があまり良くない。
股割りもあまりやらない」とのこと。

実は股割りが出来ないお相撲さんって、
意外と多いみたいですね。

●湘南乃海-勇輝(三段目)○ 送り出し

湘南乃海は突っ張りますが、
前に出ていたのは勇輝でした。

勇気がいなして崩して送り出しました。

●安芸乃山-千代栄○ 突き落とし

勝ち越しのかかる一番。

千代栄が一気に前に出ました!

土俵際まで押し込んでの突き落としです。

○琴欣旺-唐津海● 寄り切り

こちらは5連敗同士の対戦。

琴欣旺が左四つ右上手で寄り切りました。

どちらもなかなか攻め手がなく、
不調ぶりを伺わせる相撲でした。

○一木-蓮台山● 送り出し

蓮台山が一気に出ますが、
一木が土俵際交わして逆転!
送り出しました。

○克乃富士-巨東● すくい投げ→下手投げ

巨東は引っ張り込んで肩越しの上手を取ります。

克乃富士は双差しになって、
下手投げを決めました。

●東里-大和富士○ はたき込み

大和富士が押し込んでからはたき込みました。

○琴宏梅-肥後嵐● 押し出し

先に踏み込んだのは肥後嵐でしたが、
以後は琴宏梅の流れに。

いい相撲で押し出しました!

●彩の湖-鏡桜○ はたき込み

最初の立合いは彩の湖が突っかけ、
二度目で立ちます。

鏡桜が立合い変化で6連勝です。

格下の相手なのだし、
変わらなくても、と思いましたが、
想像しているより膝は悪いのかもしれません。。。

●高春日-碧の正○ 突き出し

碧の正が一気に突き出しました!
高春日は負け越しです。。。

●富栄-宝龍山○ 押し出し

最初の立合いは富栄が突っかけ、
二度目で立ちました。

富栄が先に踏み込みますが、
以後は宝龍山が圧倒!

富栄を土俵下へ吹き飛ばしました!

●霧馬山-入江○ 寄り切り

組んでの長い熱戦でした!

霧馬山が右四つになり、
頭をつけていい体勢を作りますが、
外掛けで呼び込んでしまったでしょうか?

そこを入江が一気に寄り切りました。

●力斗-南海力○ はたき込み

力斗が前に出ますが、
南海力が土俵際で逆転。
余裕があったように思います。

○木崎-朱雀● 押し出し

立合いは時間はかかりましたが
一度で立ちました。

木崎が一気に押し出し!

伊予櫻さんは、
「木崎が立合いよく見ていたから、
朱雀は変化などは出来なかったのではないか?」
と解説。

見られると小さい力士は
嫌でしょうね。。。

●剛竜-栃登○ 寄り切り

初めは剛竜が前傾姿勢、
左押っつけ右喉輪でよく攻めていましたが、
栃登がしのぎ続けて双差しになります!

そこから一気に寄り切りました!

○栃飛龍-大翔龍● 押し出し

栃飛龍がどんどん前に出て押し出しました!

○翔天狼-靏林● 押し倒し

翔天狼、
初めは靏林に中に入られ、
攻め込まれますが、
すぐ体勢を立て直して逆転しました!

●鳰の湖-玉木○ はたき込み

密着してハズ押し得意の鳰の湖と、
突き押し得意の玉木の対戦。

玉木の双手突きがすっぽ抜け、
瞬時にはたきに切り替えました!

玉木は瞬時の判断力もいいようです。

●諫誠-剛士○ 下手投げ

最初の立合いは諫誠が突っかけ、
二度目で立ちます。

踏み込みは諫誠が勝ったと思われましたが、
剛士が土俵際で左からの下手投げを決めました。

●肥後ノ城-竜王浪○ 寄り切り

竜王浪が横について上手を取って
一気に攻め込みました!

●大成道-照強○ 下手投げ

5連勝同士の対戦は、
照強が立合いサッと潜って左下手!

あとは一気に攻め込みました!

終始照強の相撲でした^o^

照強が6連勝です!

○武玄大-豪頂山● 上手投げ

双差しを狙う豪頂山でしたが、
左は差せず右四つになります。

最後は土俵際投げの打ち合い、
武玄大が制しました。

やや際どかったけれど、
軍配武玄大で物言いはなし。

佐ノ山親方(元土佐豊)は
「豪頂山は相撲が大きかった」
と解説。

それで逆転の隙を与えてしまったようです。

○舛ノ勝-魁盛王● 寄り切り→押し出し

舛ノ勝が前に出ました!
舛ノ勝は初白星!
魁盛王は6連敗です。。。

○志摩ノ海-安芸乃川● 押し出し

安芸乃川が先に上手を取りますが、
志摩ノ海が構わず前の出て
右手で押し出しました!

○貴源治-栃丸● 寄り切り

激しい突っ張り合いに盛り上がりました!

最後は貴源治が組み止めて寄り切り!

組んでからは完全に貴源治の流れでした。

●勝誠-朝弁慶○ 小手投げ

この一番からは十両土俵入り後。

勝誠が食いつきますが、
朝弁慶が小手投げで振って崩しました。

●岩崎-希善龍○ 上手投げ

希善龍が肩越しの上手からの
豪快な上手投げを決めました!

岩崎は入門後、初の負け越しです。。。

●若乃島-富士東○ 押し出し

最初の立合いは行司待ったで不成立。
二度目で成立します。

富士東が一気に押し出しました!

●彩-坂元○ はたき込み

最初の立合いは行司待ったで不成立。
坂元の手付き不十分のようです。

二度目も行司待った。
三度目で成立しました。

押し合いになり、
彩の足が揃ったところを
坂元がはたきました。

○力真-海龍● 押し出し

海龍が二度突っかけ、
藤島審判長(元武双山)に怒られていました。
立合いは三度目で成立。

激しい突っ張り合いに盛り上がりました^o^

優勝争い

結果、5連勝同士の対決を制した
照強と鏡桜が6連勝となりました!

6連勝 : 照強、鏡桜

13日目に両者の直接対決が組まれ、
幕下優勝が決定するものと思われます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所11日目の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク