[ai] 平成28年大相撲九州場所13日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所13日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所13日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

13日目 幕内の実況と解説

13日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
向正面 : 阿武松親方(元益荒雄)
東リポート : 小林陽広
西リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

12日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

一敗 : 鶴竜、
二敗 : 日馬富士、稀勢の里、石浦
三敗 : 白鵬、豪栄道、正代

12日目の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所12日目 幕内の全取組結果と感想

13日目 幕内 全取組の結果と感想

13日目の解説は伊勢ヶ濱親方(元旭富士)。

伊勢ヶ濱親方の解説は的確で、
とても分かりやすく、勉強になります^ ^

●石浦-荒鷲○ はたき込み

荒鷲が当たってからはたき込みました。

石浦は足が揃ってしまいましたm(_ _)m

石浦は3敗に後退です。。。

●千代翔馬-英乃海○ 寄り切り

英乃海が胸を合わせて
つり気味に寄り切りました。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は
「千代翔馬は肘を使ってすぐに
上手を切れば良かった」と解説。

○妙義龍-大翔丸● 寄り切り

妙義龍が張って中に入って
一気に寄り切りました!

妙義龍、7勝目です!

実力者の妙義龍ですが、
今場所はやや不調気味。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)によると、
今場所の妙義龍は途中で脇が甘くなることが
あるようです。

●豊響-勢○ 押し出し

勢が右肩でぶつかって右四つ!

左は押っ付けて一気に押し出しました!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「勢は、左は廻しを取って
腰をぶつけていけばもっといい」

と話していました。

●佐田の海-千代大龍○ 突き出し

千代大龍が一気に突き出しました!
佐田の海は元気がありません。。。

○臥牙丸-貴ノ岩● はたき込み

取組前、阿武松親方(元益荒雄)は
同じ一門の貴ノ岩について、

「力もスピードもついた。あとは自分との戦いだ。
ちょっと勝てなくなると、すぐ相手を見てしまう。
どんどん攻める相撲で上位に上がった。
あとはこれを続けることが大事」

と話していました。

貴ノ岩は立合い、
臥牙丸を起こしにかかりますが、
圧力負け。

臥牙丸が貴ノ岩の足が
揃ったところをはたきました。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は貴ノ岩の相撲について、

「右を差したいのに右足が引いていては差せない。
手を伸ばしたまま足が引けている」

と解説。

説明されるとより、
敗因がわかりますね。

○豪風-輝● はたき込み

豪風が当たってからはたき込みました。

阿武松親方(元益荒雄)は
「輝は豪風の当たりとスピードに
ついていけていない」と解説。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)も阿武松親方も、
腰高の輝は体をぶつけて密着して捕まえることが
大事とお考えのようでした。

○錦木-旭秀鵬● 押し出し

旭秀鵬が張って突き起こしにかかりますが、
錦木は重い腰で残します。

旭秀鵬がまともに引いたところを
一気に押し出しました!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は錦木について、

「ただ当たるだけでなく、
当たってからどうするのかしっかり
決めておくことが大事だ」

と話していました。

……考えていないわけではないのでしょうけど、
意図がないように見えてしまうんでしょうね。。。

●蒼国来-宝富士○ 寄り切り

宝富士が手繰っていなして
一気に寄り切りました!

が、師匠からは、
「先に攻めていたが、止まっちゃダメだ」
とダメ出しです(苦笑)

●松鳳山-逸ノ城○ 突き出し

逸ノ城が一気に突き出しました!
松鳳山の双差しを許しませんでした!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は今日の逸ノ城について、
「動きはいい。足も出ている」と好評価。

●北勝富士-千代の国○ はたき込み

激しい突き合いから、
千代の国が豪快にはたきました!

まともすぎる引きに見えましたが、
北勝富士は豪快に土俵にダイブしました!

改めてスローを見ると、
立合いの当たりで北勝富士は起きていました。

●千代鳳-正代○ 寄り切り

後半。
正代が双差しになって一気に寄り切りました!
強いです!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は正代の相撲を
「上背があって下から入ってくる」と分析。

腰高を指摘されることも多い正代ですが、
下からすくって双差しになるのは
上手いですよね!

●琴勇輝-碧山○ はたき込み

碧山が立合い変化。

あまり上手い変化とは思えませんでしたが、
決まりました。

「どっちもいい相撲じゃないですね」
と伊勢ヶ濱親方(元旭富士)。

きっとみんなそう思っていると思います(苦笑)

●御嶽海-嘉風○ 上手出し投げ

短いながら激しい攻防!

特に土俵際の攻防が激しかったです。

嘉風は御嶽海の右差しを封じ、
中に入って攻め込み、

いなされて攻め込まれたところを
さらに出投げで逆転です!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は嘉風について、

「ふだん稽古をしていないと、
こういう動きは出来ない」

と好評価でした^o^

○遠藤-隠岐の海● 上手投げ

取組前、伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「遠藤は立合いがワンパターン。
今の立合いでいくなら、
鋭さ、重みをつける必要がある」

と話していました。

その遠藤は、右は前廻し狙いで左差しの立合い。
右で押っ付けながら上手を取り、上手投げです。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、
遠藤の押っつけながら、
下から上手を取る技術を好評価。

ただ、
「隠岐の海は強引に左を差そうとせず、
肘を体につけて差せば差せた」
というコメントも。。。

今日の立合いも、
いつもと変わらない立合い
だったようです。

○高安-魁聖● 寄り切り

両者左四つに組んで動きが止まります。

どちらも上手が遠く、右手は宙ぶらりんに。

最後は魁聖が巻き替えたところを
高安が寄り切りました。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「どちらも上手の取り方が悪い。
絞りながら取らないといけない。
どちらも高い」

とダメ出しの連続でした(^_^;)

○玉鷲-照ノ富士● 送り出し

照ノ富士は張って捕まえにかかりますが、
玉鷲はすかさず小手を振って後ろに回り、
送り出しました!

白崎アナウンサーが気を遣いながら
伊勢ヶ濱親方(元旭富士)に玉鷲についての
解説を求めると、

伊勢ヶ濱親方は
「玉鷲は今場所いいとこだらけだ」
と、賛辞を惜しみませんでした(笑)

特に「諦めない姿勢」を
高く評価されているようでした。

○琴奨菊-栃煌山● 突き落とし

琴奨菊が当たってからの突き落とし。
栃煌山は負け越しです。。。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「栃煌山は立合いが悪い。

下から入ろうとしているが、
上半身だけ先走っている。

足から当たらないといけない」

と解説。

○栃ノ心-稀勢の里● 下手投げ

稀勢の里は今日もこれまでと変わらない
表情に見えましたが、よく見ると、
昨日よりは瞬きが多いようにも感じました。

いい予感と悪い予感が半々でしたが、
悪い予感の方が的中m(_ _)m

昨日までとは別人のように
雑な相撲だったように思えますm(_ _)m

栃ノ心に上手も与えてしまいました。

あーもう!
君はそういう奴だって、
ずっと前から知ってたよ!(笑)

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は
稀勢の里の左の差し方について、

「今日は意固地になっていた」
とコメント。

「昨日まで出来ていたことが
なぜ出来ないのか?」

とは、きっと全ファンが毎場所
思っていることでしょうね。。。

●白鵬-鶴竜○ 寄り切り

鶴竜がどんどん前に出て寄り切りました!
鶴竜はいよいよ神がかってきたように見えます!

白鵬は今日も体の動きが噛み合っていない
ように見えました。

鶴竜は一敗を守ります!
白鵬は4敗に後退です。。。

白鵬はこの調子では、
日馬富士と豪栄道にも負けそうで
心配です。。。

白鵬の心配なんか、
したくないのですが……

○日馬富士-豪栄道● 上手投げ

豪栄道が突進し、
日馬富士が上手投げ!

ぱっと見は日馬富士が
勝ったように見えましたが、
軍配豪栄道で物言いがつきました。

スロー映像では、
体が浮くのが同時に見えました。

結果、取り直し。

取り直し後の相撲は、
日馬富士がすぐ上手を取って上手投げ!
早かったです!

日馬富士は二敗を守ります。

幕内の優勝争い

結果、優勝争いは以下のように変遷しました。

一敗 : 鶴竜
二敗 : 日馬富士
三敗 : 稀勢の里、正代、石浦

いよいよ両横綱に絞られた感じですね。

でも、14日目に鶴竜が豪栄道に負けて、
千秋楽日馬富士に負けて、

かつ、日馬富士が14日目に白鵬に負ければ、
3敗力士にも可能性がないわけではないです。

全条件が揃うのは難しいでしょうが、
豪栄道の意地と、白鵬の石浦への
援護射撃に期待したいところですね。

白鵬の援護射撃へ期待するとなると、

石浦には14日目、
正代に絶対勝ってもらわないといけないので、
こちらの方が難関かもしれませんが……

個人的には、
鶴竜にこのまま優勝してもらいたい気持ちと、

石浦に頑張ってもらって
白鵬にもう一度奮起してほしい気持ちで
いっぱいです。

稀勢の里は……もういいです(笑)

13日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

13日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 栃ノ心
3位 鶴竜

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所13日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所13日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク