[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所14日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

14日目 幕下の実況と解説

14日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 小林陽広
解説 : 振分親方(元高見盛)
リポート : 厚井大樹
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 大坂敏久
解説 : 二十山親方(元栃乃花)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

幕下優勝は13日目に、
伊勢ヶ濱部屋の照強に決定いたしました。

13日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所13日目 幕下の全取組結果と感想

14日目幕下 全取組の結果と感想

○香富士(三段目)-琴隼● はたき込み

3-3同士の対戦。
琴隼は5場所連続の勝ち越し中。

香富士が当たってからのはたき込み。
琴隼、6場所連続の勝ち越しはなりませんでした。
来場所は三段目からの出直しとなります。

琴隼は今場所前から師匠同伴で
5時半から琴鎌谷と三番稽古を始めたそうです。

お互い苦手なタイプ同士なので実になった
とのこと。

琴鎌谷も今場所は負け越してしまいましたが、
きっと、今後に生きてくるものと思います!

○桜児竜(三段目)-濱豊● 押し出し

こちらも3-3同士の対戦。
濱豊は途中までは良かったのですが、
最後は引いてしまいました。。。

振分親方(元高見盛)は濱豊について
「何もかも中途半端だった」
とコメント。

●大元(三段目)-琴福寿野○ はたき込み

こちらは2-4同士、
すでに負け越しの決まっている者同士の対戦です。

琴福寿野が土俵際まで攻め込んでから
はたき込みました。

●大空(三段目)-千代栄○ 押し出し

千代栄が大空の変化についていきます。
そのまま一気に押し出しました!

●西山-高麗の国○ 寄り倒し

こちらも3-3同士の対戦。
3-3の力士は前の晩、
なかなか眠れないようです。。。

高麗の国の攻めを西山は残します。

以後は右四つに組んで動きが止まりました。

残した後は西山有利に見えましたが、
高麗の国が前に出て寄り倒しました!

高麗の国は勝ち越し!
西山は負け越しです。。。

●克乃富士-蓮台山○ 寄り切り

蓮台山が一気に寄り切りました!
いい相撲です^o^

●白虎-大和富士○ 送り出し

取組前、振分親方(元高見盛)は
部屋の白虎について、

「体を生かして相撲を取ってほしい。
受けることが多いので、前に出てほしい」

と話していました。

相撲は大和富士が一気に突っ張ります!
白虎が回り込もうとしたとことを
後ろについて送り出しました。

白虎、振分親方が話していた通り、
相手の攻めを一方的に受けてしまいました。。。

○琴宏梅-佐々木山● 押し出し

こちらはすでに勝ち越しの
決まった4-2同士の対戦。

琴宏梅が突っ張り、
佐々木山は当てがって耐えます。

佐々木山が押し返す場面もありましたが、
喉輪押しで徐々に体が起きてしまいました。

最後は土俵際もつれましたが、
軍配琴宏梅で物言いはなし。

先に佐々木山の足が出ていました。

●貴公俊-大岩戸○ 引き落とし

大岩戸が喉輪で押し込んでからの引き落としです。

貴公俊は悔しそうです。。。

●福轟力-南海力○ 押し出し

こちらも3-3同士の対戦。
南海力が一気に押し出しました!

○霧馬山-栃登● 寄り切り

霧馬山が一気に寄り切りました!

霧馬山は5勝目!
来場所は自己最高位を大幅に更新することに
なりそうです^ ^

○野上-貴健斗● 引き落とし

野上、立合いの変化は失敗。

でも、貴健斗の突っ張りをしのいで、
横に交わしました。

振分親方(元高見盛)は、

「野上は変化のあと、
体勢が崩れなかったのが良かった」

と解説。

変化すると自分も体勢を崩してしまう
リスクがあるんですね。。。

○力斗-古場● 送り倒し

力斗は場所前、
額を5針縫う怪我をして
稽古があまり出来なかったそうです。

でも、今日の相撲は
激しく動き回る攻防に盛り上がりました!

お互いに攻めてしのいでの攻防でしたが、

振分親方(元高見盛)は、
「力斗は当たるのを怖がっているように見える」
とコメント。

額を5針も縫ったら、
それも無理ないかもしれません。。。

○武蔵国-磋牙司● はたき込み

磋牙司が低く当たるのを、
武蔵国はそのままはたき落としました。

振分親方(元高見盛)によると、
双手突きがすっぽ抜けた手で即、
はたきに切り替えるのは難しいとのこと。

武蔵国、性格は大人しそうだけど、
相撲のセンスはある子のようです^ ^

○剛竜-隠岐の富士● 引き落とし

こちらも3-3同士の対戦。

隠岐の富士が左四つになって攻め、
剛竜が土俵際はたきます。

勝負はもつれ、
軍配剛竜で物言い。

スロー映像では、隠岐の富士が落ちるのと
剛竜の体が浮くのが同時に見えました。

違う角度だと、剛竜が残っている
ようにも見えます。

結果、剛竜の足が残っていたかの
確認の物言いで、軍配通り。

振分親方(元高見盛)は
「隠岐の富士は廻しを取れば良かった」
と解説。

土俵際の詰めは廻しを取るように、
とは、よく言われますね。

●双大竜-朝興貴○ 押し出し

朝興貴が一気に押し出しました!

朝興貴は勝ち越し!
双大竜は負け越しです。。。

●大翔龍-竜勢○ 寄り切り

以後は十両土俵入り後。

竜勢が立合いで左前廻しを取り、
一気に寄り切りました!

いい相撲でした^o^

○石橋-白鷹山● 上手投げ

石橋が白鷹山の突っ張りをしのぎ、
右を差して左上手も取って上手投げ!

●出羽疾風-剛士○ 押し出し

最初の立合いは剛士が待った。
二度目で立ちました。

剛士が左四つに組み止め、
前に出て押し出しました!

出羽疾風、十両陥落後、
2場所連続で負け越しです。。。

●玉木-芝○ 寄り切り

芝が立合いから右上手を取り、
いい形を作ります!

玉木はもがきましたが、
上手は切れません。。。

二十山親方(元栃乃花)は
玉木の上手の切り方について、

「左手ばかりでは切れない。
右手も使わなければ」
と解説。

廻し取られたら、
全身使って切らないといけないんですね。

○貴源治-豊ノ島● 突き出し

最初の立合いは貴源治が突っかけ、
二度目で立ちます。

貴源治が一気に突き出しました!

貴源治は豊ノ島との対戦を前に、

「緊張より楽しみ。
自分の全てをぶつけたい」

と話していたとのこと。

その通りの内容となりました。

怪我明けの豊ノ島としては、
こういう若い力士との対戦は
脅威かもしれませんね。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所14日目の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク