[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所14日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

14日目 幕内の実況と解説

14日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 佐藤洋之
解説 : 尾車親方(元琴風)
向正面 : 稲川親方(元普天王)
東リポート : 白崎義彦
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

13日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

一敗 : 鶴竜
二敗 : 日馬富士
三敗 : 稀勢の里、正代、石浦

13日目の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所13日目 幕内の全取組結果と感想

14日目 幕内 全取組の結果と感想

○千代翔馬-旭秀鵬● 寄り切り

千代翔馬の一方的な展開。

旭秀鵬は今日も膝に力が入りません。。。

千代翔馬は勝ち越しです!

●妙義龍-荒鷲○ 寄り切り

荒鷲が右の下手を取って振って寄り切りました!

尾車親方(元琴風)は荒鷲も三賞候補に、
と話しておられました。

「石浦が目立っているけど荒鷲も
見てあげてほしい」とのこと。

こう評価してくれる人がいることは
嬉しいですね^ ^

○北勝富士-輝● 寄り切り

最初の立合いは輝は突っかけ、
二度目で立ります。

押し合いの展開になり、
先に押し込んだのは輝。

北勝富士がいなして崩して再度押し合いに。

北勝富士の右が入ると、
右四つと左はず押しで一気に寄り切りました!

花道の奥では、
北勝富士の兄弟子の隠岐の海が
熱狂しながらテレビを見ていたとのこと(笑)

北勝富士は勝ち越しです!

○佐田の海-千代鳳● 寄り切り

佐田の海が土俵際回り込んで、
体勢を立て直して寄り切りました!

千代鳳は負け越し。

佐田の海は千秋楽も勝たないと
幕内残留が厳しいところ。

頑張って欲しいですね。

●逸ノ城-勢○ 押し出し

勢が立合いすぐに右四つになり、
逸ノ城の上手も切り、
一気に押し出しました!

土俵際ややもつれたようにも見えましたが、
軍配勢で物言いはなし。

立合いから勢の圧力が
まさっていたように見えました。

○豪風-大翔丸● はたき込み

豪風が立合い変化!

師匠の尾車親方(元琴風)は、

「あまり褒められた相撲じゃありませんが、
ベテランということで、
よくやってると思ってやって下さい」

と話していました(笑)

●千代大龍-貴ノ岩○ 送り出し

千代大龍が弾いて一気に出ますが、
貴ノ岩が土俵際体を入れ替えて送り出しました!

上から下への押しになったのが
良くなかったようです。

○臥牙丸-栃ノ心● 寄り切り

臥牙丸が一気に寄り切りました!

臥牙丸は勝ち越し。

昨日稀勢の里に勝った栃ノ心は、
臥牙丸に一方的に敗れましたm(_ _)m

相撲って、何が起こるか
分からないですね。。。

○松鳳山-蒼国来● 押し出し

松鳳山が一気に押し出しました!

●豊響-宝富士○ 突き落とし

豊響が一気に突進しますが、
宝富士が土俵際突き落としで逆転!

○琴勇輝-英乃海● 突き倒し

琴勇輝が立合い一発でKO!

双手突きが英乃海の顎の下にクリーンヒットし、
英乃海はよろけるような、
変な倒れ方をしていました。

脳震盪ではないと願いたいですが、
脳震盪を起こした可能性が高いです。。。

なかなか起き上がれず、車椅子で運ばれました。

その後のリポートによると、
立合いで意識を失い、
右足親指を捻り、感覚がないとのこと。
みるみる色も変わっていったとのことです。

さらにその後のリポートでは、
本人は右足首の痛みを訴え、
救急車で運ばれてMRIを取るとのこと。

場所の前半で、北の富士さんが
琴勇輝の手をぐるぐる巻きにした
テーピングのことと、

英乃海が顎が上がりっぱなしに
なっていることを指摘されていましたが……

その両方が重なって
起こってしまった悲劇のように思えます。。。

お早い回復をお祈りするばかりです。。。

●石浦-正代○ 押し出し

後半最初の一番は、3敗同士の対戦。

石浦が食いついて前に出て、
正代が逆転を狙い、
軍配石浦で物言いがつきます。

スロー映像では、
正代の足が先についていたけれど、
石浦の体も飛んでいるように見えました。

結果、取り直し。

取り直しの一番は
正代が一気に押し出しました!

石浦は最初の相撲で正代を撹乱したものの、
2番目の相撲では正代がしっかり対策して
きたように思えます。

最初の相撲で攻め切れなかったのが
痛かったですね。。。

正代が三敗を守り、
石浦は4敗に後退です。

○魁聖-錦木● はたき込み

魁聖が当たってからはたき込みました。

○栃煌山-遠藤● 肩透かし

遠藤が突いて前廻しを探りますが取れず、
足が止まったところを栃煌山が肩透かし。

もう何発か突っ張れば、
勝機はあったかもしれません。

遠藤は7-7で千秋楽、
玉鷲との対戦で勝ち越しをかけることに。。。

今場所もっとも厄介な相手に
勝ち越しをかけることに
なってしまいましたね……

●嘉風-玉鷲○ 突き出し

玉鷲が一気に突き出しました!

尾車親方(元琴風)は玉鷲について、

「今日の相撲は今場所の集大成ではないか?
突きの威力が今までと全然違う」

と高評価!

遠藤の勝ち越しが
ますます心配になりました。。。

○高安-千代の国● はたき込み

高安が押し合いの中ではたき込みました。

尾車親方(元琴風)は
「高安は大きくなりすぎたのではないか?
腰も棒立ちだ」

北の富士さんと同じコメントです(^_^;)

○御嶽海-隠岐の海● 突き落とし

隠岐の海が喉輪押しで起こしにかかりますが、
御嶽海が交わして突き落とし。

どーでもいいけど、
どちらも4-9だったことにびっくりです!

隠岐の海は元気がない印象が強かったのに、
御嶽海は強かった印象があり……

成績だけじゃ分からないことって、
ありますね。

●琴奨菊-碧山○ はたき込み

碧山が立合い変化!

ざわつきました。
罵声も聞こえます。。。

碧山、琴奨菊のご当所で変わるとは……
心が強いですね。

●照ノ富士-稀勢の里○ 寄り切り

稀勢の里が左四つ右上手で寄り切り。

上手がなかなか取れなかったけれど
寄り切りました!

稀勢の里は三敗を守りました。

●日馬富士-白鵬○ 小手投げ

最初の立合いは合いません。

日馬富士は通常の仕切り中の動きを
していたので、時間いっぱいを
勘違いしていた可能性があります。

二度目で立ちました。

日馬富士が攻め込みましたが、
白鵬が土俵際で逆転!

日馬富士は気持ちが焦っていたのでしょうか?
三敗に後退です。。。

でも勝敗より、
「これぞ横綱決戦!」な相撲が
観られなかったことが残念です。。。

●豪栄道-鶴竜○ 上手出し投げ

日馬富士が負けたので、
鶴竜が勝てば優勝決定の一番とあり、
豪栄道コールが起こっていました。

最初の立合いは鶴竜が突っかけ、
二度目は豪栄道の手付き不十分で
行司に止められます。

立合いは三度目で成立。

鶴竜は押し込まれましたが、
豪栄道の巻き替えの瞬間に出投げ!

上手かったです^ ^

鶴竜、3回目の優勝が決定です!

14日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

14日目の幕内は、

1位 正代
2位 鶴竜
3位 稀勢の里

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所14日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所14日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク