[ai] 平成28年大相撲九州場所2日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所2日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所2日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

2日目 幕内の実況と解説

NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 芝田山親方(元大乃国)
向正面 : 中立親方(元小城錦)
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

初日までの展開

初日の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所初日 幕内の全取組結果と感想

2日目 幕内 全取組の結果と感想

○石浦-臥牙丸● 下手投げ

石浦が立合い当たり、
相手を起こし上げてから中に入り、
左からの下手投げ!

盛り上がりました!

石浦は幕内初白星です!

●豊響-千代大龍○ 突き出し

千代大龍が一気に突き出し!
バチンと弾く、激しい相撲で
見応えがありました!

●英乃海-蒼国来○ 寄り切り

組んでの攻防。
蒼国来がいい形を作って寄り切りました。

蒼国来は、最近は左四つになることが多いですが、
昨日、今日は右四つの相撲で勝っています。

○逸ノ城-千代鳳● 引き落とし

組んでの攻防。
千代鳳が低い体勢で攻めましたが、
そのまま潰れてしまいましたm(_ _)m

中立親方(元小城錦)によると、

「千代鳳は上手を取られ、
右を差させないように固めていたが、
上体だけ低くなってしまった」

とのこと。

だからはたき落とされちゃったんですね。。。

●旭秀鵬-大翔丸○ 突き落とし

大翔丸が横に交わして突き落とし。
立合いから左に動くような動きをしていました。

旭秀鵬は、
まだ体が万全ではないのか、
ちょっと元気がないですね。

●北勝富士-荒鷲○ 寄り切り

荒鷲は前廻し狙いの立合い。
北勝富士は突っ張ります。

初めは北勝富士が攻め込み、
荒鷲が残し、最後は荒鷲が組み止めて寄り切り!

動きの激しい攻防に盛り上がりました!

○妙義龍-千代翔馬● 押し出し

千代翔馬が立合い変化!
妙義龍は残して逆にそこを一気に攻め込みました!
強かったです!

●佐田の海-輝○ 突き出し

輝が一気に突き出し!
初日は土俵際の逆転を食らってしまいましたが、
それを修正したようないい相撲でした^o^

佐田の海に土俵際何もさせないとは!
力をつけましたね。

○勢-貴ノ岩● 寄り切り

勢が立合いすぐ右四つになって一気に寄り切り!

勢、初日に続いて絶好調です♪

今場所は活躍が期待出来そうvv

●錦木-豪風○ はたき込み

豪風が当たってからのはたき込み。

でも、最初から狙っていたのではなく、
錦木の当たりが思いのほか低かったので、
思わずはたいたとのこと。

中立親方(元小城錦)の見立て通りでした。

●栃ノ心-宝富士○ 寄り切り

宝富士が胸を合わせて一気に寄り切り!

宝富士得意の左四つではなく、
栃ノ心十分の右四つだったのに……!

強いですね!

「宝富士は体の寄せ方、密着度が良かった」
と、芝田山親方(元大乃国)も高評価でした。

○琴勇輝-松鳳山● 突き出し

ここからは後半戦。

取組前は松鳳山コールが起こり、
盛り上がっていましたが、
いざ取組が始まると、

琴勇輝が当たっていなして崩して突き出す、
という、ややあっさりした内容に(^_^;)

芝田山親方(元大乃国)には
「松鳳山コールの方が勝ってしまった」
と言われていました(苦笑)

●千代の国-正代○ 寄り切り

時間前の気合の入れ方が対照的な
二人の対戦でした(笑)

相撲は正代が胸で当たって双差しになって
一気に寄り切り!

久々に必勝パターンが出ましたね^o^

中立親方(元小城錦) からは
「正代は今日はいつもより上体が反らなかった」
と評価されていました。

正代の立合い、
変わりばえしないように見えても、
少しずつ修正を加えて、
進化していってるんでしょうねぇ。。。

「俺はこの相撲で横綱になるんだ!」
という気概を感じます。

(わたしが勝手にそう思っている
だけですが……)

●嘉風-隠岐の海○ 寄り切り

突き起こして中に入りたい嘉風を、
隠岐の海が左四つに組み止め、
胸を合わせて寄り切りました!

短いながら攻防があり、
見応えのある相撲でした^o^

○豪栄道-高安● 突き落とし

綱取りの豪栄道と大関取りの高安の
注目の一番でしたが、
勝負は一瞬で終わりました。

立合いの一発で、
高安は膝から崩れるように倒れます。

立合いは高安が突っかける場面もあり、
高安は力んで、上半身にばかり力が入って
いるようにも見えました。

でも、時間前の仕切りからとても緊張感があり、
時間いっぱいになるとお客さんが一気に静まり返る。

荘厳な雰囲気のある取組でした。

○遠藤-照ノ富士● 寄り切り

前の豪栄道-高安戦の余波からか、
この取組も時間いっぱいになると
シーンと静まり返りました。

遠藤が立合いからすぐ双差しになり、
一気に寄り切りました!

遠藤はいい相撲でした^o^

でも、照ノ富士が脆すぎて心配です>_< 初日よりは左膝は使えているようでしたが……

●琴奨菊-御嶽海○ 肩透かし

琴奨菊は立合いから御嶽海に双差しを許し、
密着出来ないまま前に出て、土俵際でばったり。

先場所は琴奨菊が勝ちましたが、
御嶽海もなかなか下がらず、
そろそろ勝つんじゃないかという予感は
ありましたが……

とうとう勝ちましたね!

●玉鷲-稀勢の里○ 寄り切り

稀勢の里が立合い張って左四つの体勢を作り、
一気に寄り切り!

稀勢の里は今場所、
ここまでは力強い相撲を見せていますね。

はたして、今場所のダークホースには
なりうるのでしょうか?

○日馬富士-魁聖● 上手投げ

日馬富士が立合いすぐに上手を取って上手投げ。
日馬富士、連敗はしませんでした!

芝田山親方(元大乃国)は魁聖について
「相手を見ているけれど、顔が逃げている」
とのこと。

張り手や激しい突きを警戒したのかもしれませんが、
そこを見透かされたような相撲でした。

○白鵬-碧山● 引き落とし

突っ張る碧山を、
白鵬が流れの中で左を差して、
引き落としました。

白鵬、999勝目です!

正直、まだ動きはちょっとぎこちないように
感じますが、

中盤あたりから上り調子になっていくのかも
しれませんね。

逆に碧山は、
怖々突っ張っているように見えました。

●栃煌山-鶴竜○ 寄り切り

鶴竜は苦手の栃煌山と対戦。

鶴竜が引いて墓穴を掘ってしまうことが
多い対戦ですが、
この日は左四つに組み合う展開に。

それでも初めは栃煌山が優勢に見えましたが、
鶴竜が上手を取ったところで形勢逆転!

栃煌山が上手を切ろうとしたところを、
一気に寄り切りました!

2日目幕内 総括

2日目早々、
今場所の大一番となろう
豪栄道-高安戦が組まれ、

時間いっぱいになると同時に
お客さんが一気に静まり返る瞬間を
味わうことが出来ました。

いいですね、この瞬間。

これぞ大相撲!って感じです。

コールしまくりだったお客さんが一気に
静まり返るのだから、
緊張感って、伝わるんですね。

緊張感、大事です。

2日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

2日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 石浦
3位 御嶽海

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所2日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所2日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク