[ai] 平成28年大相撲九州場所4日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所4日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所4日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

4日目 幕下の実況と解説

4日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 高木優吾
解説 : 若松親方(元朝乃若)
向正面 : 栃乃藤(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 清見潟親方(元武州山)
リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

でした。

3日目までの展開

3日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所3日目 幕内の全取組結果と感想

4日目 幕下 全取組の結果と感想

○湘南乃海-濱豊● はたき込み

濱豊が当たって交わす。
濱豊が攻め込んだところを、
湘南乃海が土俵際逆転!

●琴欣旺-安芸乃山○ 寄り切り

安芸乃山が左四つ右上手で寄り切り。

●西山-千代栄○ 押し出し

千代栄がよく前に出て押し出し!

若松親方(元朝乃若)
「千代栄は下半身がぶれなかったのが良かった」
と高評価。

下半身がぶれると、
はたきやいなしを食いやすくなるとのことです。

○高麗の国-唐津海● 寄り切り

大柄同士の対戦は、
高麗の国が組み止めて寄り切り。

大柄同士が組み合う様は、
迫力がありますね。

禧勢ノ山-宝香鵬

禧勢ノ山はプロ入り後、
初めてご両親が観戦とのこと。

最初の立合いは宝香鵬が突っかけ、二度目で成立。

禧勢ノ山はよく前に出て攻めましたが、
攻め込んだところをはたかれました。

残念ながらご両親の前で勝つことは出来ませんでしたが、
攻防のあるいい相撲でした!

若松親方(元朝乃若)は、

「お互いに熱くなってしまった。
張ると上半身に力が入るので、
はたきを食いやすくなる」

とコメント。

禧勢ノ山はご両親が来ていることもあり、
余計気合が入りすぎてしまったのかもしれまんね。

●出羽鳳-白虎○ 寄り切り

白虎がいい体勢を作って寄り切り。

懐の深さがある出羽鳳ですが、
今日は呼び込んでしまいました。

●大和富士-佐々木山○ 押し出し

佐々木山が一気に押し出し!
いい相撲でした!

○福轟力-琴鎌谷● 寄り切り

琴鎌谷が突っ張って攻め込みますが、
福轟力は土俵際でするりと交わします。

そこから形勢逆転。

福轟力が双差しになって、
一気に攻め込みました!

盛り上がりました^o^

○琴宏梅-翔傑● 寄り切り

琴宏梅が双差しになって一気に寄り切り!

●舛東欧-貴公俊○ 下手投げ

貴公俊が突っ張ってから廻しを取って、
最後は上手を深くして下手投げ!

いい相撲に盛り上がりました!

若松親方(元朝乃若)は貴公俊について

「引いたりいなしたり投げたりという気持ちは一切なく、
ひたすら前に出ているのがいい」と好評価。

貴公俊、貴源治の兄弟が相撲経験なしで
スピード出世していることについては、
「何十年かに一回現れる逸材」と話していました。

○霧馬山-貴健斗● 押し出し

霧馬山が一気に押し出し!

霧馬山は立合いで差せなかったので、
押しに切り替えたのが良かったようです。

●魁盛王-力斗○ 寄り切り

力斗が双差しになって前に前に出て寄り切り!
いい相撲でした^o^

○大清峰-阿炎● 送り出し

阿炎が突っ張って攻め込みますが、
大清峰が土俵際交わして逆転!

阿炎はあと一歩、
足が出ませんでしたm(_ _)m

○木崎-魁渡● 押し出し

木崎は廻しを狙う立合い。

その廻しは切れますが、
そこから一気に押し出しました!

廻しを取ったことで、
一度相手の動きを止めたのが良かったようです。

●磋牙司-朝興貴○ 押し出し

最初の立合いは磋牙司が突っかけ、二度目で成立。

下から押し上げたい磋牙司と、
それを突き起こしたい朝興貴の攻防!

激しい熱戦に盛り上がりました!

いい相撲でした^o^

●大翔龍-豪頂山○ 寄り倒し

双差し狙いの大翔龍に対し、
逆に豪頂山が双差しになって一気に寄り倒しました!

○竜勢-碧己真● 寄り切り

竜勢がいい形を作って一気に寄り切り!
いい相撲です^o^

○出羽疾風-寺尾● 寄り切り

以後は十両土俵入り後の上位五番。

出羽疾風が双差しになって一気に寄り切りました!

理想とする快心の一番だったのではないでしょうか?

なんか、この力士がいい相撲で勝ってくれると、
こちらも嬉しくなります^ ^

●彩-武玄大○ 押し出し

武玄大が素早く廻しを取って一気に押し出し!

彩に突っ張らせませんでした。

清見潟親方(元武州山)からも
お褒めのお言葉がありました(笑)

○芝-豊ノ島● 上手投げ

上位五番の3番目の相撲に豊ノ島が登場!
拍手と声援が一際大きかったです。

最初の相撲は、
あとになってあちこち筋肉痛になったり、
アキレス腱のハリも感じたという豊ノ島。

2番目の相撲は、
芝に攻め込まれて一度は残したものの、
巻き替えたところを攻め込まれてしまいました。

本来なら、
巻き替えると見せかけて相手を誘い、
相手が喜んで出て来たところを
下手投げで仕留める、

というのが、得意なのですが……

まだちょっと、
感覚が戻りきっていないのかも
しれません。

○貴源治-海龍● 突き出し

突っ張ってから組み止めたい貴源治と、
突っ張りが得意の海龍の対戦は、
予想通り初めは突っ張り合いに。

貴源治はその中で廻しを狙うけれど取れません。

でも、そのまま突っ張り合いの勝負になり、
貴源治が突っ張り得意の海龍を突ききりました!

貴源治は明らかに力をつけていますね。

激しい突っ張り合いは、
とても見応えがあり、
盛り上がりました!

○志摩ノ海-舛ノ勝● はたき込み

志摩ノ海が押し込んでからのはたき込み。

押し相撲同士、
激しい押し合いを期待していましたが……

まあ、押し相撲って
引きやいなしも交えるものなので、

それが思いのほか早く
決まっちゃったんだろうなと思います^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所4日目の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク