[ai] 平成28年大相撲九州場所6日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所6日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所6日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

6日目 幕内の実況と解説

6日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 陸奥親方(元霧島)
向正面 : 西岩親方(元若の里)
東リポート : 戸部眞輔
西リポート : 大坂敏久
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

5日目の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所5日目 幕内の全取組結果と感想

6日目 幕内 全取組の結果と感想

●千代大龍-逸ノ城○ 寄り切り

逸ノ城が捕まえて一気に寄り切りました!
いい相撲でした^o^

立合いで右を差したと同時に
相手の腕を返しています!

いいですね^ ^

●大翔丸-石浦○ 下手捻り

石浦がまっすぐ当たって、
動いて廻しを取って、
土俵中央下手捻り!
盛り上がりました!

●蒼国来-千代鳳○ 寄り切り

最初の立合いは千代鳳が待った。
二度目で成立。

千代鳳が低い体勢で寄ります。
終始低い体勢で攻め、
何されても崩れませんでした。
いい相撲でした^o^

陸奥親方(元霧島)は
「蒼国来は右四つにこだわりすぎたのではないか?」
と解説。

蒼国来は取組開始時点では平幕唯一の5連勝。
それでいて、
対戦成績は蒼国来の6勝1敗だったのですが……

○旭秀鵬-英乃海● 寄り切り

旭秀鵬が右四つ左上手で寄り切りました!
旭秀鵬が初日です!

英乃海はちょっと元気がありません。
先場所は十両で大活躍だったのですが……
幕内では勝てそうでなかなか勝てないことが
多いですねm(_ _)m

陸奥親方(元霧島)は旭秀鵬について
「膝が伸びることが多いので怪我しやすい」
と話していました。

よく「膝を曲げろ」と言われますが、
怪我しないためにも必要なことなんですね。

●臥牙丸-北勝富士○ 押し出し

北勝富士は大きな臥牙丸にまっすぐ当たります。

初めは臥牙丸に押されましたが、
左はず押し、右喉輪で押し返しました!

そのまま一気に押し出し!

陸奥親方(元霧島)は北勝富士の左はず押しを高評価。

○豊響-輝● 寄り切り

豊響が一気に寄り切り!
輝は何もすることが出来ませんでしたm(_ _)m

西岩親方(元若の里)は元付け人の輝について、

「今日は立合いが良くなかった。
豊響の当たりは双手突きでは防げない。
頭で当たって体全体でぶつからないといけない」

と話していました。

輝は双手突きで豊響の当たりを
防ぎたかったようですが……

●豪風-荒鷲○ 小手投げ

取組前、西岩親方(元若の里)は
荒鷲の左前廻しを取る技術、
そのあとの攻めを高評価。

荒鷲、立合い前廻しは取れず、
攻め込まれましたが、
豪風の左差しをきめて小手投げで
仕留めました!

陸奥親方(元霧島)は
「豪風は左を差してしまったのが良くなかった。
はず押しでいけばよかった」
と解説。

差すつもりはなかったのでしょうが……
差さっちゃったんでしょうね。

●錦木-千代翔馬○ 内掛け

錦木が組み止めたかに見えましたが、
千代翔馬が内掛けを決めました !

陸奥親方(元霧島)は錦木について
「もっとストレッチや柔軟体操もした方がいい」
とのこと。

体を柔らかくするようにとは、
以前、横綱鶴竜からも言われていましたね。

千代翔馬については、
「器用だが怪我しそうで心配」
と話していました。

○佐田の海-栃ノ心● 寄り切り

佐田の海が右四つ左上手で一気に寄り切りました!
一直線でした!

栃ノ心は張り差しで右を差しましたが
佐田の海のスピードが上回りました!

●松鳳山-勢○ 押し出し

松鳳山は左にずれる立合いから突っ張ります。
勢は右を固めて右四つを狙う立合い。

勢は右四つにはなれませんでしたが、
押し返して一気に押し出しました!

見応えのある相撲でした^o^

松鳳山は押し相撲で勢に負けたのが
相当悔しかったのか、
花道リポートのアナウンサーの質問に
何も答えなかったようです。

○妙義龍-宝富士● 押し出し

妙義龍が一気に押し出し!
宝富士は左を差すことが出来ませんでした。

●琴勇輝-貴ノ岩○ 押し出し

後半。

琴勇輝が一気に突っ張りますが、
貴ノ岩が残して一気に押し出しました!

陸奥親方(元霧島)は貴ノ岩を
「今幕内で一番力をつけている力士。
少しずつ相撲が上手くなっている」
と好評価。

確かに最近、
とても力をつけていますね。

●魁聖-千代の国○ はたき込み

魁聖が組み止めてそのまま寄り切ると思われましたが、
千代の国がすり抜けて交わしてはたき込みで逆転!
千代の国、諦めませんでした!

●高安-碧山○ 押し出し

高安、今日は右四つに組む展開に。

不得手の四つのまま寄りますが、
碧山が土俵際で逆転技を仕掛け、
軍配碧山で物言い。

ぱっと見は高安がわずかに早く見えました。
スロー映像では同時に見えます。
結果、取り直しに。

2回目の相撲は碧山が突っ張り、
高安は引いてしまいました。

陸奥親方(元霧島)は高安について、
最初の相撲も取り直しの相撲も
「悪いところが出た」とコメント。

高安、これで大関取りには
とても痛い3敗目です。

「3場所で合計33勝」の目安に届くには
残り全部勝たないといけない計算に。。。

これから上位戦を控えているので
非常に厳しいですねm(_ _)m

●豪栄道-玉鷲○ 突き落とし

豪栄道コールがちらほら起こっていましたが、
「玉鷲頑張れー!」との声もありました(笑)

時間前の睨み合いに拍手が起こります。

豪栄道、今日は立合いで起こされてしまいました!
先に玉鷲に攻め込まれ、
これは残して右四つになったのですが、

これで大丈夫と思ったところを
玉鷲が突き落とし!

豪栄道、玉鷲に敗れました!

お客さんは静まり返ります。

西岩親方(元若の里)は
「豪栄道の立合いは良かったが、
玉鷲がそれを上回った」と解説。

玉鷲、遠藤と並んで
今場所は台風の目になりそうですね。

豪栄道の真価は
明日以降問われることになりそうです。

一敗したあと、
どう立て直せるかが大事ですよね。

●栃煌山-照ノ富士○ 寄り切り

照ノ富士、栃煌山に双差しを許し、
抱え込む形になりましたが、
左を巻き替えてから流れが変わります。

最後は無事に寄り切りました。

ただ、寄り切ったあとにダメ押しが出てしまい、
三瓶アナウンサーからは「これはいけません」と
厳しいお言葉も。。。

良くないことですが、
必死で止める余裕もなかったのかなとも
思いました。

○琴奨菊-隠岐の海● 渡し込み

琴奨菊がわたしこみながら一気にガブリ寄りました!
決まり手は渡しこみです。

ただ、今日も密着しきれてはいなかったので、
あまり本調子ではなさそうですね。。。

●御嶽海-稀勢の里○ 寄り切り

御嶽海が善戦しました!
でも、稀勢の里を本格的に崩すまでは
至らなかったようです。

御嶽海は勝つ気満々だったようで、
とても悔しそうでした。

この悔しがりっぷりがいいですね。

●嘉風-鶴竜○ はたき込み

嘉風コールがちらほら起こっていました。

鶴竜は今日は引きが出ましたが、
勝ちました!

西岩親方(元若の里)によると、
突き上げてからのはたきだから決まったようです。

わたしが思っていたほど
危ない相撲ではなかったようです。

○日馬富士-正代● 押し出し

日馬富士が強烈な喉輪押しをかましますが、
正代、これを一度は残します!

でも、日馬富士は次の攻めが非常に早かった!
さすが横綱ですね。

しかし正代もよく残しました^ ^

●白鵬-遠藤○ 寄り切り

遠藤が一気に寄り切りました!
まさかの遠藤の一方的な展開!

遠藤、白鵬から初金星です!
マジですか!?

そして、スロー映像もインタビューもなく、
慌ただしく放送が終わりました。

(取り直しの相撲もあり、
時間が押していたため)

わたしは頭パニックのまま
相撲観戦を終えることに。。。

遠藤、相当強くなってますね!

白鵬は遠藤が想像していた以上に強くなってて
持っていかれてしまった印象です。

幕内の優勝争い

6日目終了時点で、
幕内の成績上位者は以下のような状況に!

全勝 : 鶴竜
一敗 : 日馬富士、白鵬、豪栄道、稀勢の里、
勢、千代翔馬、蒼国来、石浦

まさかこんなに早く鶴竜が浮上してくるとは!

早くも本命優勝候補の白鵬と豪栄道に土!

そして大関取りの高安は三敗>_<

注目力士がことごとく敗れるという
波乱の一日になりました。

6日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

6日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 玉鷲
3位 石浦

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所6日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所6日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク