[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所7日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

7日目 幕下の実況と解説

7日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 角谷直也
解説 : 不知火親方(元若荒雄)
リポート : 高木優吾
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 戸部眞輔
解説 : 振分親方(元高見盛)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

6日目までの展開

6日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所6日目 幕下の全取組結果と感想

7日目 幕下 全取組の結果と感想

○大空(三段目)-濱豊● 引き落とし

大空が当たってからの変化。

不知火親方(元若荒雄)は
「今の変化は当たる高さで来たから、
相手はびっくりする」と解説。

あっさり終わって全然盛り上がらない相撲でしたが、
実はとても技術レベルの高い変化だったようです。

●琴欣旺-希帆ノ海○ 突き落とし

琴欣旺が突っ張ってから組み止めます。

希帆ノ海は巻き替えでますます体勢を
悪くしたかに見えましたが、
そこからの突き落としが決まりました!

琴欣旺の敗因は、
上手が深かったことのようです。

○西山-飛天龍● うっちゃり

今場所は明生の付け人を務めている飛天龍。

関取経験者なので、
所作についての質問をたくさん
受けたようです。

基本、聞かれたことにだけ答えて
自分から何か言うことはないようですが、

一つだけ、
「はじめに白星を積み重ねた方がいい」
とアドバイスしたとのこと。

その飛天龍の相撲は、
西山の前廻しを切り、
九分九厘勝ったかと思われましたが、
土俵際逆転のうっちゃりに敗れました。

●宝香鵬-一木○ 突き落とし

宝香鵬が渡しこみながら体を浴びせ、
一木が突き落としで逆転したかに見えましたが、
軍配宝香鵬で物言いがつきます。

スロー映像でも、
宝香鵬が先に落ちているように見えます。

結果、差し違い。
これはあからさまに差し違いだと思いました(^_^;)

●極芯道-出羽鳳○ 下手出投げ

極芯道が頭をつけ、
出羽鳳は左で抱えて動きが止まります。
出羽鳳が何か仕掛けて、
極芯道は膝から崩れるように倒れました。

○克乃富士-深海山● 寄り切り

深海山がいい立合いでしたが、
途中で上体が起きてしまいましたm(_ _)m

克乃富士が組み止めて一気に寄り切ります!

相撲って、何が起こるか分からないですね。

○碧の正-唐津海● 押し出し

碧の正が一気に押し出しましたが、
3連敗同士なせいか、
どちらもどことなく元気がありませんでした。

碧の正は初日!
唐津海は4連敗で負け越しです。

○栃清龍-武蔵国● 下手投げ

武蔵国は突っ張ろうとしますが、
栃清龍の前廻しが非常に早かったです!

以後は完全に栃清龍の流れに。
深い下手からの下手投げが決まりました!

●大和富士-入江○ つき手

大和富士はあと一歩のところで
足が滑ってしまいましたm(_ _)m

大和富士の部屋の不知火親方(元若荒雄)は、

「仕方ないと言えば仕方ないが、
立合いもう少し相手を起こしたかった」

とコメント。

勝負結果は大和富士のつき手となりました。

●貴公俊-琴宏梅○ 押し出し

突っ張り合いを琴宏梅が制しました!

不知火親方(元若荒雄)は
「琴宏梅は相手の突っ張りにも
前傾を崩さなかったのが良かった」
と解説。

前傾姿勢、大事ですね!

○貴健斗-翔傑● 押し出し

貴健斗が一気に押し出しました!
最後は双差しになっていました。

でも貴健斗は、
どこか動きが大きく感じます。

また今に怪我しそうで心配です。。。

●舛東欧-荒篤山○ 押し出し

最初の立合いは舛東欧が突っかけ、
二度目で立ちました。

相撲は荒篤山が一気に押し出しました!

大岩戸-南海力

大岩戸が一気に前に出ました!
南海力は半身の強い力士ですが、
今日は半身で残せませんでしたm(_ _)m

○大清峰-栃登● 押し出し

こちらは3連勝同士の対戦。

でも栃登は、

「立合いを受け止めている。
背中を丸く、低く攻めるように」

と、師匠の春日野親方(元栃乃和歌)から
注意されたそうです。

立合いが良くないとは、
別の解説の親方からも言われていましたね(^_^;)

相撲は大清峰が一気に押し出し!
勝ち越しました^o^

大清峰はいい立合いでした!
確かに栃登は、立合い受けてしまっています。

●飛翔富士-靏林○ 寄り切り

靏林が一気に寄り切りました!
一時は双差しになりましたが、
抜いて最後は左四つ。

極められないために
あえて右を抜いたようです。

●魁盛王-古場○ 小手投げ

古場がいい立合いで、
よく攻めました!

相撲は押したい古場と組みたい魁盛王の攻防。
最後は魁盛王が巻き替えたところを小手投げ!

3連敗同士、どちらも必死さを感じました。

古場は初日、魁盛王は4連敗で負け越しです。

●剛竜-磋牙司○ はたき込み

低く押し上げたい磋牙司と
中に入れたくない剛竜の攻防!

勝ったのは剛竜ですが、
相撲はほぼ磋牙司のペースでした。

○大成道-豪頂山● 送り出し

大成道が一気に前に出ました!
土俵際での回り込みにはついていきました。
大成道、いい相撲で勝ち越しです!

○双大竜-虎太郎● 押し出し

双大竜が下から押し上げて一気に押し出しました!

最初は廻しを狙いましたが、
廻しが切れたらすかさず押しに切り替えました。

双大竜、元気ですねvv

○翔天狼-竜勢● 引き落とし

竜勢は前廻し狙いの立合いでした。

翔天狼が喉輪押しで押し込んでからの
引き落としが決まりました。

●琴弥山-碧己真○ 寄り切り

攻防のある相撲でした!
最後は碧己真が相手を起こして
一気に寄り切りました!

●玉木-天空海○ 小手投げ

投げの打ち合いになり、
軍配天空海で物言いがつきました。

映像では、天空海の髷がわずかに早く
ついているように見えます。

玉木の体は死に体と判断出来るかが微妙。
(宇良の空中一回転さながらの動きにも見えました)

結果、軍配通り。

流れは玉木でしたが、
逆転の小手投げが決まりました!

●徳真鵬-魁○ 寄り切り

魁が双差しになって寄り切りました!
とても力のこもった攻防でした!

○彩-安芸乃川● 突き出し

以後は十両土俵入り後。

彩が一気に突き出し!
いい突っ張りでした!

●舛ノ勝-希善龍○ 上手投げ

舛ノ勝が前に出ますが、
希善龍が土俵際逆転します。

3連敗同士、どちらも元気がない相撲でした。

舛ノ勝は自己最高位で負け越し、
希善龍は初日です。

○若乃島-岩崎● 上手出し投げ

岩崎がよく動いていましたが、
若乃島が上手を取ってからは若乃島の流れに。
さすが廻しを取ると強いですね!

○朝弁慶-坂元● 押し出し

朝弁慶が一気に押し出しました!
いい出足!朝弁慶はこの相撲ですね^o^

○力真-貴源治● 突き出し

最初の立合いは貴源治が突っかけ、
二度目で立ちます。

力真が一気に突き出しました!
いい相撲でした!
力真はストレートで勝ち越しですvv

東の筆頭なので、
来場所の新十両はほぼ確実。

気持ちで勝ったような相撲でした(^^)

7日目の幕下 総括

角谷アナウンサーは不知火親方の「不知火(しらぬい)」
という名称がが覚えられないのか、
「若荒雄(わかこうゆう)さん」と連呼していました(笑)

時には「阿武松(おうのまつ)さん」と、
師匠の名前を呼んでしまう場面も。。。

相撲に馴染みのない人には、

「阿武松部屋(おうのまつべや)の
元若荒雄(わかこうゆう)の
不知火親方(しらぬいおやかた)」って、

ちょっと覚えにくい名称かもしれませんね(^_^;)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所7日目の関連記事

幕内と十両の感想
スポンサーリンク