[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲九州場所7日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

7日目 幕内の実況と解説

7日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 鳴戸親方(元琴欧洲)
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 沢田石和樹
(敬称略)

でした。

6日目までの展開

豪栄道が玉鷲に、白鵬が遠藤に敗れるという
大波乱となりました!

6日目終了時点で早くも
全勝は鶴竜のみとなりました。

6日目の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲九州場所6日目 幕内の全取組結果と感想

7日目 幕内 全取組の結果と感想

7日目は全勝の横綱鶴竜と、
昨日白鵬を破った遠藤との対戦が組まれました。

●蒼国来-臥牙丸○ 寄り切り

蒼国来は右に動いて上手を取りますが、
臥牙丸が左を差して一気に寄り切りました!

蒼国来は立合い待ったと勘違いしてしまったようです。

臥牙丸は、相手がどちらかに動いてくることを
想定していたので対応出来たとのこと。

○大翔丸-豊響● 突き落とし

押し相撲同士。
過去の対戦は当り負けた方が引いて負けています。

今日は豊響が当たり勝ちましたが、
大翔丸が引いて突き落とし。

舞の海さんによると、
豊響の膝が十分でないこと、
相手が小さく、
低く当たりすぎたことが良くなかったようです。

●千代鳳-北勝富士○ 押し出し

五分の立合いから、
北勝富士が押し勝ちました!

北勝富士は押し込んでからの引きを見せますが、
千代鳳は落ちません。

北勝富士は思い直して一気に押し出します!

●旭秀鵬-千代大龍○ 突き出し

千代大龍が立合い弾いて一気に突き出しました!

千代大龍はいい相撲でした^o^

旭秀鵬は膝が悪いため、
今日から横綱土俵入りの太刀持ちを断ったとのこと。

心配です。。。

●千代翔馬-石浦○ 寄り切り

ここまで一敗と好調の石浦。

太田アナウンサーは早くも、
石浦に技能賞の期待をしていました^ ^

最初の立合いは千代翔馬が突っかけ、
二度目で成立。

石浦は千代翔馬の双手突きをかいくぐって潜ります!

左の下手、右の前廻しを取り、
さらに下手を結び目の向こうに持ち直し、
小股をすくいながら寄り切りました!

上手いです!

○妙義龍-英乃海● 寄り切り

英乃海得意の右四つで動きの止まる展開に。

でも、両廻しがっちり引いたのは妙義龍。

この体勢で前に出ます。

最後は投げましたが、
その前に英乃海の足が出たので
決まり手は寄り切り。

英乃海は右四つにはなったけれど、
廻しは取れませんでしたm(_ _)m

ちょっと力の差を感じました。

●佐田の海-逸ノ城○ 寄り切り

右の相四つ同士、
立合いから右四つになります。

佐田の海は左は前廻しを狙いますが、
逸ノ城に腕を返され、
そのまま逸ノ城が一気に寄り切りました!

舞の海さんは

「佐田の海は双差し狙いでいくべきだった。
左の差し手争いは佐田の海が差し勝てただろう」
と解説。

鳴戸親方(元琴欧洲)は逸ノ城について
「20キロも落としたようには見えない」
と話していました(笑)

●勢-栃ノ心○ 寄り切り

こちらも右の相四つ同士の対戦。
栃ノ心が一気に寄り切りました!
栃ノ心は先にがっちり左の上手。

鳴戸親方(元琴欧洲)は
「勢はただ右を差しただけになってしまった」
とコメント。

勢は双差し狙いだったようですが、
上手を取られたのが敗因だったようです。

●錦木-荒鷲○ 下手投げ

錦木十分の左四つになりますが、
右上手を求めて前に出たところを、
荒鷲が下手投げ。

鳴戸親方(元琴欧洲)は
「錦木はせっかく左四つになったのに攻めが遅い。
体の寄せも甘い」

○輝-宝富士● 小手投げ

輝がいい立合い!
右を差し込みながら押して前に出ました!
最後は小手投げ!

荒削りな印象もありますが、
スケールの大きな相撲でした!

鳴戸親方(元琴欧洲)は
「輝は絶対勝ってやるぞという気持ちを感じた。
ただ腰が高い。膝も曲げられればもっといい」
とコメント。

確かに気持ちは感じましたね^ ^

○松鳳山-貴ノ岩● 上手投げ

最初の立合いは両者手付き不十分で不成立。
行司と審判に止められ、二度目で成立します。

松鳳山が突っ張ってから左四つ!
すぐ右上手も取り、
足で払いながらの上手投げです!
松鳳山、絶好調ですね!

○豪風-千代の国● はたき込み

最初の立合いは千代の国が突っかけ、
二度目で成立。

豪風は当たると見せかけてはたきました!

千代の国はすぐには落ちませんでしたが、
低い体勢をはたき落とされました。

盛り上がりませんでしたが、
上手い相撲でした^o^

○栃煌山-琴勇輝● 突き落とし

琴勇輝が突っ張って前に出ますが、
栃煌山が突き落としで逆転!

鳴戸親方(元琴欧洲)は
「琴勇輝は体を預けるのが早い」
と解説。

素人目にもいまいち動きが噛み合っていない
ように見えました。

栃煌山は今場所初白星です。

○玉鷲-隠岐の海● 押し出し

過去は隠岐の海が対戦成績をリードしていますが、
今場所の両者を見ていると玉鷲が勝ちそうな取組。

玉鷲が一気に吹っ飛ばしました!
絶好調です^o^

隠岐の海は元気がありません。

舞の海さんは隠岐の海の痔のことに触れ
「相撲は肛門のあたりに力を入れないと
いけないので痔の人には辛い」
というようなお話も。。。

……全国ネットでは黙っておいてあげてくれという
気持ちと、なるほど、そうなのかという気持ちが
両方湧き起こりました(^_^;)

○正代-稀勢の里● 押し出し

正代は胸で当たって双差しを狙う立合い。

左は差して右は差し手争いに。
そこからすくって突破口をひらき、
あとは構わず前に出ました!

正代、初めて稀勢の里に勝ちました!

○豪栄道-魁聖● 上手投げ→巻き落とし

豪栄道は攻め込まれて危なかったけれど、
何とか勝ちました!

舞の海さんによると、
動いて左右に振り続けたのが良かったようです。

ただ、上手は左に動きながらではなく、
真っ直ぐ当たって下から取った方が良かったとも
コメント。

豪栄道は取組後
「今日良かったことは連敗しなかったことだけ」
と話していたとのこと。

豪栄道は緊張しているのをとても感じました。
それを精神力で打ち破ったような相撲でした!

●碧山-照ノ富士○ 寄り切り

最初の立合いは碧山が待ったで不成立。
二度目で成立しました。

照ノ富士は張って右四つを狙います。
すぐ右四つにはなれませんでしたが、
左上手を取って一気に寄り切りました。

どちらもどことなく元気がないように
感じましたが、
照ノ富士は上り調子なようで何よりです^ ^

このままカド番を脱出してほしいです。

●琴奨菊-高安○ 突き落とし

最初の立合いは高安が焦れて突っかける形で待った。
二度目で成立します。

琴奨菊が一気にがぶり寄りますが、
高安が土俵際で逆転!

琴奨菊は密着しきれず、
体が伸びたままがぶってしまった印象です。

高安は上体が起きていましたが、
よく見ると起き切ってはいなかったように見えます。

鳴戸親方(元琴欧洲)は琴奨菊について
「右の使い方が悪い」と解説。

素人目には説明されてもよく分からないのですが、
悪い時の琴奨菊は右の使い方が悪いようです。

○白鵬-嘉風● 送り出し

白鵬は手を出して嘉風の視界を遮って、
変わり気味に上手を狙う立合い。

嘉風は体勢を崩し、
後ろ向きの状態で土俵際に!

ここで一瞬、
両者の動きが止まる場面がありました。

そこを白鵬が送り出し。

あれ?この勝負、成立したの?
という、間の抜けた感じの相撲になってしまいました。

ブーイングは起こりませんでしたが、
ざわつきました。

●遠藤-鶴竜○ 突き落とし

遠藤コールが起こっていました。

立合いは鶴竜が突き起こしてから引きます。
遠藤が体勢を崩したところを、
さらにはたき落して突き落としました!

鶴竜は引いて勝ちましたが、
ひたいは赤くなっていました。

遠藤の当たりも相当強かったようです。

心してかかったのは感じました。

鶴竜は変わらず全勝です。

○日馬富士-御嶽海● 寄り切り

日馬富士はガツンと当たって左に動きながら
上手を取ります!

物凄い音がしました!

御嶽海、上手投げは粘って残します。
寄られても残して内無双やうっちゃりを仕掛けました!

絶対に勝ってやろうという気合を感じました。
でも日馬富士が強かったです!

素晴らしい熱戦でした!

7日目の総括

ついに稀勢の里に勝った正代、
鶴竜の額を真っ赤にさせた遠藤、
日馬富士に善戦した御嶽海。

若い力の台頭を感じました!

「絶対勝ってやろう!」
という気合を感じる熱戦も多かったですね^o^

嬉しいことです^ ^

幕内の優勝争い

結果、7日目終了時点での成績優秀者は、
以下のようになりました。

全勝 : 鶴竜
一敗 : 日馬富士、白鵬、豪栄道、石浦

平幕の一敗力士はほぼ脱落し、
石浦のみという展開に。

まだ7日目なので分かりませんが、
この面子を見る限りだと、
3横綱と豪栄道に絞られた感がありますね。

これからどう変遷するのか楽しみです!

7日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

7日目の幕内は、

1位 正代
2位 石浦
3位 豪栄道

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲九州場所7日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲九州場所7日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク