[ai] 平成28年大相撲名古屋場所中日(幕下)取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所中日(幕下)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所中日 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

中日 幕下の実況と解説

中日 幕下の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 稲川親方(元普天王)
リポート : 佐藤洋之
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 太田雅英
解説 : 舞の海秀平
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

7日目までの展開

7日目の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(幕下)取組結果一行メモ

中日 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●中園-大元○ 寄り倒し→浴びせ倒し
・大元が突っ張ってから差して浴びせ倒し。

●大空-伯錦○ 突き落とし
・伯錦は終始引きを狙うような相撲だったが、決まった。

●羅王-貴公俊○ 引き落とし
・貴公俊、突っ張って押し込んでからの引き。
※羅王は伊勢ヶ濱部屋の合宿に参加し、日馬富士や誉富士の立会の角度を研究。それが好成績に繋がっているとのこと。

●琴福寿野-武蔵国○ すくい投げ
・琴福寿野が前に出るが、武蔵国、横に崩す。

○白虎-入江● 送り出し
・3連勝同士の対戦。組む展開。入江優勢に見えたが、白虎が崩して送り出し。

●克乃富士-栃の濱○ 押し出し
・栃の濱、相手に差させず、前に出る。

●羽黒豊-香富士○ 押し出し
・羽黒豊、先に踏み込むが、香富士下がらない。羽黒豊は引いてしまった。

●笹山-琴欣旺○ 押し出し
・組んでの長い相撲。笹山、大きな琴欣旺に上手を与えないようにしていたが、攻めきれず。。。稲川親方(元普天王)によると、上手の取り方が良くなかったらしい。

○王輝-千代雷山● 寄り切り
・王輝は組み止めて前に出る!

○翔傑-富栄● 突き落とし
・富栄突っかける。二度目で立つ。富栄が低く当たり、翔傑は抱え込んで小手投げで崩す。富栄、小手投げは残すが、翔傑、崩れたところを畳み掛けた。

●双大竜-豪頂山○ 押し出し
・豪頂山が中に入って一気に出る!

●鋼-巨東○ 寄り切り
・鋼は双差しになり、巨東は抱え込む体勢でしばらく動きが止まる。最後は巨東が前に出て寄り切り。

●笹ノ山-磋牙司○ 押し出し
・磋牙司、突っ張る笹ノ山の腕を手繰って押し出し。上手かった。

●宝龍山-栃清龍○ 寄り切り
・栃清龍突っかける。二度目で立つ。栃清龍が横について寄り切り。

●十勝海-碧の正○ 押し出し
・碧の正が一気に押し出し。

○鳰の湖-靏林● はたき込み
・鳰の湖が当たってからのはたき込み。

○水口-大清峰● はたき込み
・水口が立合い変化!

○竜王浪-魁盛王● はたき込み
・魁盛王、竜王浪の引きについていくが、竜王浪、逆の方向へ崩した!上手い。

○高春日-古場● 外掛け
・古場、高春日の引きによくついて行って前に出るが、高春日が双差しになったところで動きが止まる。古場がきめにかかったところを、高春日が外掛け。

○翔天狼-安芸乃山● 押し出し
・翔天狼が一気に押し出し。

●肥後ノ城-天空海○ はたき込み
・肥後ノ城が突っ張って前に出るが、天空海が土俵際逆転!
※天空海は先場所の宇良戦で膝を痛めた上、場所後、自転車の乗っている時に車に轢かれ、怪我をして稽古が出来ていないとのこと。気の毒すぎる。。。

●隠岐の富士-栃丸○ はたき込み
・栃丸が突っ張ってからのはたき。

○勝誠-高立● 寄り倒し
・勝誠が低く頭をつけて前に出る。

○武玄大-飛翔富士● 寄り切り
・武玄大が前廻しを取って一気に寄り切り!体格差のある飛翔富士を正面から寄り切った!いい相撲!

○碧天-安芸乃川● 押し出し→引っかけ
・安芸乃川が立合いで相手を弾き飛ばすも、碧天、横にかわして腕を取る。
【解説】稲川親方(元普天王)「安芸乃川は立合いが良すぎて相手と距離があいてしまった」その間に碧天に体勢を立て直されてしまったようだ。

●鏡桜-岩崎○ 掛け投げ
・鏡桜が先に上手を取り、鏡桜のペースと思われたが、投げの打ち合い、岩崎が制した!

十両土俵入り

●栃飛龍-山口○ はたき込み
・攻防のある相撲。山口がよく動いてはたき込み。栃飛龍は足を引きずっている。。。

●坂元-竜電○ 寄り切り
・竜電突っかける。二度目で立つ。竜電が先に左四つ。坂元、巻き替えて右四つになるが、竜電、構わず前に出る!いい相撲!

○天鎧鵬-諫誠● 下手投げ
・諫誠が先にいい形を作るが、天鎧鵬、得意の右四つの体勢。諫誠、それでも攻めるが、やはり天鎧鵬が強かった。

○力真-阿炎● 押し出し
・阿炎が先に攻め込むが、力真、押し返して逆転!
【解説】舞の海「阿炎は今場所は突っ張りに威力を感じない。ここ数場所、力が上がっていないように思える」同感です。

○希善龍-明生● 突き落とし
・動きの中で、明生は自分からバランスを崩すように倒れた。

感想

武玄大が今場所は目に見えていいですね!

先日、所属する藤島部屋の清見潟親方(元武州山)が、心境の変化があって奮起しているというようなお話をされていましたが…… この先の活躍に期待出来そうです!

ここまでずっと良かった富栄は、苦手な翔傑に完敗。苦手感が相撲に出ていました。。。

安芸乃川の弾く立合いは、千代大龍関を思わせる迫力があったのですが、自身でも想定外だったのか、その後の動きへの連携がうまく行かず、相手に体勢を立て直されてしまいましたm(_ _)m

舞の海さんの阿炎に対する厳しいお言葉の数々には、同感です。

応援してるんですけどねぇ……

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

この日は新序出世が行われました。

[ai] 平成28年名古屋場所 新序出世披露は、錦城ら有望株の4人

天空海については、気の毒だったのでこんな記事を書きました。

[ai] 天空海、怪我をした上に交通事故。気の毒すぎる……

平成28年大相撲名古屋場所中日 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所中日(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所中日(十両)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク