[ai] 平成28年大相撲名古屋場所10日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所10日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所10日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




10日目 幕内の実況と解説

10日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 舞の海秀平
向正面 : 谷川親方(元北勝力)
東リポート : 戸部眞輔
西リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

9日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

一敗 : 稀勢の里、高安
二敗 : 白鵬、日馬富士、宝富士、嘉風

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所9日目(幕内)取組結果一行メモ

本メモについて

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、
○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。

ほぼインスピレーションで書いているので
とても大雑把です。時々専門用語も出てきます。

雰囲気でどんな相撲だったかご想像、
もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

10日目 幕内 取組結果一行メモ

○荒鷲-千代翔馬(十両)● はたき込み
・荒鷲が立合い変化!ざわつく。

●佐田の富士-大栄翔○ 押し出し
・大栄翔が中に入って下から下から押し出し!
【解説】谷川親方(元北勝力)
「大栄翔は下から押し上げているので、土俵の力を使えている」

○貴ノ岩-玉鷲● 下手投げ
・玉鷲、突っ張ってから上手を取るが、
土俵際投げの打ち合い、貴ノ岩が制した。
玉鷲はやや足を引きずっている。。。
俵に打ち付けたとのこと。

●佐田の海-蒼国来○ 押し出し→寄り切り
・蒼国来、カチ上げて左四つに組み止める。
佐田の海、右で押っつけながら前に出るが、
蒼国来、体を入れ替えて寄り切り。

【解説】舞の海
「佐田の海は不十分な体勢で出てしまった。
蒼国来の方が引きつける力が強い」

○千代鳳-北磻磨● 押し出し
・両者低く頭で当たって押合い、
千代鳳が一気に押し出し!

○輝-豪風● 突き落とし
・輝、手を出して豪風を起こすと、
即、横から突き落とし。

○逸ノ城-錦木● 寄り切り
・組んでの長い攻防。1分45秒。
先に逸ノ城が右四つで上手を取り、
すぐに寄り切ると思われたが、錦木、
何度も残して粘った!盛り上がった!

○碧山-豊響● 引き落とし
・豊響が二度突っかける。三度目で立つ。
押し合いから、豊響が前に出るが、
碧山が引き落とし。
【解説】舞の海
「豊響は押しているのではなく、
体を前に預けているだけなので、
引かれると落ちる」
なるほど。

●徳勝龍-遠藤○ 押し出し
・遠藤が一気に押し出し!遠藤、初日!

○千代の国-嘉風● はたき込み
・両者頭でガツンと当たり、
嘉風がさっと中に入って一気に出るが、
千代の国、土俵際回り込んで逆転!
短いながら、見応えがあった!
【解説】谷川親方(元北勝力)
「千代の国の方が当たり勝っていたので
引きが効いた。体の開きも上手いので、
嘉風はついていけなかった。
これは天性のもの」なるほど!

後半

●大翔丸-宝富士○ 押し出し
・大翔丸、低く当たってハズ押し。宝富士、
いなして崩して一気に押し出し!
力の差が垣間見えた相撲だった。

●御嶽海-正代○ 寄り切り
・1分42秒の長い相撲。正代は胸で当たり、
御嶽海は頭で当たる立合い。
そこから組んで動きが止まる。
最後は御嶽海が投げに来たところを、
正代が一気に出て寄り切り!盛り上がった!

○琴勇輝-妙義龍● すくい投げ
・琴勇輝が立合い変化。
さほど上手い変化とは思えなかったが、
妙義龍もあまり調子が良くないのがうかがえる。

○魁聖-隠岐の海● 寄り切り
・魁聖が一気に寄り切り!土俵際の詰めも万全。

●稀勢の里-松鳳山○ 突き落とし
・稀勢の里、松鳳山の変化に敗れる。
変化というより「ズレる立合い」だったが、
ガチガチすぎる。。。

○勢-照ノ富士● 小手投げ
・勢、右四つになれなかったが、
右からの小手投げに切り替えた!

○豪栄道-栃煌山● 上手投げ
・豪栄道、栃煌山に双差しを許すが、
何とか上手投げで勝った!

●高安-日馬富士○ 渡しこみ
・突っ張り合いから、日馬富士が一気に出る!
高安は引いてしまった。
高安はやや、足を引きずっている。

○白鵬-栃ノ心● 寄り切り
・がっぷりに組む展開。
栃ノ心がつり寄りを見せる場面もあり、善戦!
白鵬の足の状態の悪さを感じた。
でも、勝負どころを逃さないところはさすが!

感想

感想は別途記事にさせていただきました。

[ai] 稀勢の里2敗に後退!白鵬との精神力の差を感じた10日目

[ai] 宝富士、勝ち越しインタビューで安美錦の近況を報告

幕内の優勝争い

結果、10日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

二敗 : 白鵬、日馬富士、稀勢の里、高安、宝富士

10日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

10日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 勢
3位 正代

でした!

初日を出した遠藤、
不調ながら連続で上位力士を倒した勢、
若手対決を制した正代がランクイン!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲名古屋場所10日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所10日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所10日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする