[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

13日目 幕下の実況と解説

13日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 富士ヶ根親方(元大善)
リポート : 船岡久嗣
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 白崎義彦
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

12日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

6戦全勝 : 山口、竜勢

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所12日目 幕下の全取組結果と感想

本メモについて

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、
○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。

ほぼインスピレーションで書いているので
とても大雑把です。時々専門用語も出てきます。

雰囲気でどんな相撲だったかご想像、
もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

13日目 幕下 全取組の結果と感想

○善富士(三段目)-大空● はたき込み
・大空がいい形で当たって前に出るが、善富士、いなしてはたく。

●木瀬乃若-舛東欧(三段目)○ はたき込み
・舛東欧が当たってからのはたき。

○羅王-天一(三段目)● 押し出し
・羅王突っかける。天一突っかける。羅王突っかける。四度目で立つ。羅王の一方的な展開。
※富士ヶ根親方(元大善)「蹲踞から合わせないといけない」言われて見てみると、蹲踞、腰を割る動き、全てが合っていない(^_^;)

○白虎-相山● 寄り切り
・白虎が腕を返して寄り切り!

●琴福寿野-栃の濱○ はたき込み
・栃の濱が当たってからのはたき。

●美登桜-羽黒豊○ 下手投げ
・美登桜が先に両廻しを取るが、羽黒豊が下手投げで逆転!
【解説】富士ヶ根親方(元大善)「羽黒豊は下がりながら投げを打っているので膝に負担がかかる」羽黒豊は痛めている膝を引きずっていた。

●若龍勢-香富士○ すくい投げ
・1分37秒の長い相撲。組んで動きが止まる。若龍勢が少しずつ形を作り、上手を取るが、香富士、すくい投げでしのぐ。最後はそのすくい投げを決める。

●武蔵海-佐々木山○ 下手投げ
・佐々木山突っ張って左四つ。両者左四つに組む。最後は佐々木山が下手投げ。

●鋼-宝龍山○ 押し出し
・宝龍山のカチ上げ、鋼が体当たりでぶつかり続ける。最後は宝龍山が押し出し。面白かった(笑)

●南海力-豪頂山○ 上手投げ
・豪頂山が頭を押さえて出投げを打ち続ける。最後はふつうの投げになる。

○力斗-慶天海● 押し出し
・力斗への声援が飛んでいる。力斗が一気に出る!圧倒した!
※力斗は去年の秋、正代が新十両の場所から付き人を務め、以後、自己最高位を更新し続けている。相乗効果でいい雰囲気になっているそう。

○照強-靏林● とったり
・靏林突っかける。二度目で立つ。靏林が出てくるところを、照強、引き抜くようにとったり。

●大翔龍-水口○ はたき込み
・どちらも待ったと思ったような立合いだったが、成立。水口がはたき込み。

○肥後ノ城-高春日● 押し出し
・肥後ノ城が一気に押し出し!
※肥後ノ城は3連勝の後、4番目の相撲では脇腹を痛め、3連敗していた。

●千代栄-栃登○ すくい投げ
・栃登がすくい投げ。

十両土俵入り

○大波-飛翔富士● 上手出し投げ
・体格差のある対戦。飛翔富士が前に出るが、大波が回り込みながら出投げ!
【解説】甲山親方(元大碇)「飛翔富士は大波のスピードについていけなかった」

○竜勢-山口● 寄り切り
・竜勢が巻き替えて右四つになり、一気に寄り切り!竜勢、幕下優勝!

○力真-琴弥山● 突き出し
・力真が一気に突き出し!

○琴宏梅-諫誠● 引き落とし
・琴宏梅が立合い変化。盛り上がらない。

●千代雷山-阿炎○ 突き出し
・阿炎が一気に突き出し!

幕下優勝

山口との全勝対決を制し、
竜勢の幕下優勝が決定いたしました!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲名古屋場所13日目の関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク