[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

13日目 幕内の実況と解説

13日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 厚井大樹
西リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

12日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

二敗 : 日馬富士、稀勢の里、
三敗 : 白鵬、高安、宝富士、正代、貴ノ岩

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所12日目 幕内の全取組結果と感想

本メモについて

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、
○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。

ほぼインスピレーションで書いているので
とても大雑把です。時々専門用語も出てきます。

雰囲気でどんな相撲だったかご想像、
もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

13日目 幕内 全取組の結果と感想

●英乃海(十両)-錦木○ 寄り切り
・先に英乃海が寄るが、錦木、押し返して反対側の土俵へ寄り切り!
【解説】舞の海「錦木は右からの引き付けが強い。脇の甘さをカバーしている」

●玉鷲-北磻磨○ はたき込み
・北磻磨が左に変化。

●徳勝龍-大栄翔○ 押し出し
・大栄翔が下から押し上げて押し出し!いい相撲!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「大栄翔は下から押し上げていたのが良かった。
徳勝龍は顔ばかり狙っているので上体が起きる。
相手は普通に押すだけで下から押し上げることになる」

■千代の国-貴ノ岩□ 不戦勝
・千代の国、右膝内側半月板損傷及びロッキングにより、本日より休場。

○豊響-豪風● 押し出し
・豊響が一気に押し出し!豪風はまともに引いてしまった。

○千代鳳-佐田の海● 押し出し
・千代鳳が攻め込み、佐田の海が突き落とし、
軍配佐田の海で物言い。
映像では、千代鳳のつま先は浮いていて、
佐田の海が早く落ちているように見える。
結果、差し違い。

●荒鷲-大翔丸○ 押し出し
・大翔丸が一気に押し出し!

【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「(荒鷲の右の差し方について)高いのと、
斜めになってしまっているの良くない。
真っ直ぐ下からいかないと差せない。
立合い圧力をかけられていない。
これではすぐ持って行かれる」

確かに差してはいるけれど、
すぐに持って行かれている。

○逸ノ城-輝● 引き落とし
・輝突っ張るが、全く進まず、足を滑らせるように倒れた。

●佐田の富士-遠藤○ 寄り切り
・組んで動くが止まる長い相撲。54秒。
最後は遠藤が寄り切り。
でも、蹲踞が苦しそうで膝が相当悪そう>_<

●蒼国来-妙義龍○ 寄り切り
・蒼国来がカチ上げから左に動くが、妙義龍、右四つに組み止めて寄り切り!

後半

○嘉風-栃煌山● 寄り切り
・嘉風、低く当たって突っ張ってから左四つになって一気に出る!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「栃煌山は最近、右足が出ていない。これでは前に出られない」

○御嶽海-勢● 寄り切り
・激しい攻防に盛り上がる。
最後は勢が引きながらの小手投げを打つが、
先に土俵を割った。
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「御嶽海は今日は良く手が伸びていた。
顎を入れたり肘を押したり、
相手が嫌なことをしている。
勢はそれを嫌がったのか、
引っ張り込みながら小手投げを打って呼び込んだ」

○碧山-高安● 押し出し
・碧山が一気に押し出し!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「高安は高い。棒立ちになっている。
ここ数日、表情も動きも硬いのが分かる」

●琴勇輝-隠岐の海○ 肩透かし
・琴勇輝が突っ込んでくるのを、
隠岐の海が肩透かし。
琴勇輝、だいぶ元気をなくしている。。。
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「今場所の琴勇輝は迫力がない。脇が甘いのか?
腕があまり伸びていない」

●松鳳山-栃ノ心○ 寄り切り
・松鳳山が栃ノ心をつり上げ、
栃ノ心がつり上げ返した!盛り上がった!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「松鳳山はもう少し寄ってから吊った方が良かった。
深く差して腹に乗せて吊っているので、運べない。
どちらかを前みつにして、
横に食いついて寄った方が良かった。
双差しでも、どちらかを浅くした方がいい。
両方深いと自分の胸や腹に相手が乗っかるので、
前に出れない」

○魁聖-宝富士● 寄り切り
・宝富士が先に左四つの体勢を作って寄るが、寄り切れず。魁聖が逆転。
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
「宝富士は立合いが甘い。
左も足を引いて差しているので深く差さらない。
下手の位置も浅いから残される。
結び目の向こうを取らなければいけない」

○正代-照ノ富士● 寄り切り
・正代が双差しになって寄り切り!照ノ富士は抱え込んでしまった。

○白鵬-豪栄道● 腰砕け
・白鵬は手を顔の前に出して
相手の視界を塞ぐ立合いから、上手を狙う。
直後に豪栄道は崩れた。
なぜこうなったのか?
謎が残るミステリーな取組。

●稀勢の里-日馬富士○ 寄り倒し
・日馬富士は左の前廻し。
稀勢の里が左を抜いたところを
一気に攻め込んで寄り倒し!
強かった!
伊勢ヶ濱親方(元旭富士)、
「地力が違いますから」と
ご満悦(笑)

幕内の優勝争い

結果、13日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りとなりました。

二敗 : 日馬富士、
三敗 : 白鵬、稀勢の里、貴ノ岩

13日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

13日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 正代
3位 嘉風

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲名古屋場所13日目の関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク