[ai] 平成28年大相撲名古屋場所14日目 十両の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所14日目 十両の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所14日目 十両の土俵を振り返っていきたいと思います。

14日目 十両の実況と解説

14日目 NHK中継の十両の実況と解説は、

実況 : 船岡久嗣
解説 : 谷川親方(元北勝力)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

13日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

二敗 : 天風
三敗 : 千代丸
四敗 : 宇良

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 十両の全取組結果と感想

本メモについて

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、
○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。

ほぼインスピレーションで書いているので
とても大雑把です。時々専門用語も出てきます。

雰囲気でどんな相撲だったかご想像、
もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

14日目 十両 全取組の結果と感想

○剣翔-北太樹● 送り出し
・北太樹が引いたところを、剣翔が後ろに回って送り出し。北太樹、幕下落ちが確実に。。。

●千代丸-旭大星○ 寄り切り
・旭大星が千代丸の突っ張りをかいくぐって中に入って寄り切り!

○朝赤龍-旭日松● はたき込み
・朝赤龍が立合い変化。

●富士東-大輝○ 寄り切り
・富士東の突っ張りを、
大輝、左はず押しで押し返す!
いなしも残して
最後まで双差しになって寄り切り!
いい相撲!盛り上がった!

○千代皇-志摩ノ海● 突き落とし
・千代皇が当たってからのいなし。

○出羽疾風-朝弁慶● 寄り倒し
・出羽疾風立合いすぐに左を差す。朝弁慶の小手投げに対応しながら寄り倒し!

○石浦-佐藤● 反則(髷掴み)
・佐藤がはたくが、物言い。
向正面藤井康生アナウンサーから
「髷を引っ張っているのが見えた」とのこと。
結果、髷を掴んだとの判定で、反則。

○誉富士-琴恵光● 寄り切り
・琴恵光が先に左を差すが、誉富士、小手に振って崩して左を差し、寄り切り!

●阿武咲-里山○ はたき込み
・阿武咲は差す立合いから一気に出るが、
里山、土俵際逆転!
阿武咲、7勝してからなかなか勝てない>_<

●青狼-阿夢露○ 押し出し
・阿夢露が押し込み、青狼が回りこむが、阿夢露が押し切った。

○宇良-千代翔馬● 寄り切り
・千代翔馬の立合いの張り手は宇良の低さに空振り。
宇良、その後の千代翔馬の張り手には怯まない。
腕を手繰って振り回して中に入り、
渡しこみながら寄り切り!
帰り道では、お客さんが落とした
取組表を拾って渡していた(笑)

●英乃海-旭秀鵬○ 寄り切り
・旭秀鵬が先に上手を取って寄り切り!

●臥牙丸-天風○ 寄り切り
・立合い行司待ったで二度不成立。三度目で立つ。
先に臥牙丸が上手を取り、
遅れて天風も上手を取ってがっぷり四つ。
臥牙丸が巻き替えたところを一気に出た!
天風、十両優勝!

○千代大龍-東龍● 押し出し
・千代大龍が一気に押し出し!

十両優勝は天風

天風の十両優勝が決定いたしました!
おめでとうございます^o^

14日目 十両の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

14日目の十両は、

1位 宇良
2位 天風
3位 里山

でした!

お客さんの取組表を拾ってあげた宇良、
十両優勝を決めた天風、
懸命の白星をあげた里山がランクイン!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲名古屋場所14日目の関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク